*

自分の人生に責任をもつこと その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 アニメ, メディア,

Nausicaa_ARS_setup_2

自分に言い聞かせるつもりで記します。

ネットに拡散された『宮崎駿に人生を壊された女』というマンガをみた。作者のエリコさんが幼少のときに観た『風の谷のナウシカ』に影響されオタク化して、友達からいじめられたり、世間の波になれなくなって苦労した姿を描いている。自分のこのブログの最大のテーマである「作品との適切な関係」をとれなかった反面教師の例だと思います。ただこの人も高校生デビュー(自分改革)や、ちゃんと彼氏をつくったりしているので、そんなにドロップアウトしているとも思えない。自己卑下や悲観的な考え方がひっかかるのかな。表現としてわざとやってるくさいが……。

アニメというのは絵や音(音楽)を最大限に駆使して刺激的な演出を追求したものです。子どもが観るには刺激が強過ぎてふわ~としてしまって、現実が分からなくなってしまうのです。その刺激が欲しくなってどんどんのめり込んでいく。アニメは本来子ども向けなのですが、本当は子どもの脳では処理できないほどの刺激や情報が叩き付けられているのです。子どもを黙らせるためにアニメを観せることがありますが、子どもが夢中になって観るのはこの圧倒的なパワーに圧されてしまっているだけなのです。心や体に良いはずが無い。アニメファンやオタクと言われている人のほとんどが、アンハッピーな人生を送っているのがいい証拠です。アイドルファンやミュージカルファンもあてはまるか。とにかく現実逃避の臭いがするものはヤバイでしょう。人はインプットだけではダメになってしまう。人と共有できない情報は自身の中でたまり込んで、孤立の道を歩むばかり。そこから水が流れなければ淀んで腐ってしまうだけなのです。

作品は人が作ったもの。そしてその作家もあなたと同じ人間。神化して妄信してはいけない。それは自分自身の人生を悪い方向へ向かわせる選択だと思います。

長くなりそうなので明日へ続きます!

関連記事

王道、いや黄金の道『荒木飛呂彦の漫画術』

荒木飛呂彦さんと言えば『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの漫画家さん。自分は少年ジャンプの漫画

記事を読む

『はじめて投票するあなたへ、どうしても伝えておきたいことがあります。』って、はじめてじゃないけどね

7月10日に参議院選挙がある。今回から選挙権が18歳以上に引き下げになる。それに対して発売さ

記事を読む

『Mr.インクレディブル』好きな仕事に就くこと

今年続編が公開される予定のピクサー2004年の映画『Mr.インクレディブル』。もうあれから1

記事を読む

暗い問題を明るく描く『塔の上のラプンツェル』

大ヒット作『アナと雪の女王』もこの 『塔の上のラプンツェル』の成功なしでは 企画すら通ら

記事を読む

『コクリコ坂から』横浜はファンタジーの入口

横浜、とても魅力的な場所。都心からも交通が便利で、横浜駅はともかく桜木町へでてしまえば、開放

記事を読む

『パンダコパンダ』自由と孤独を越えて

from:http://www.cinematoday.jp/movie/T0005919[/ca

記事を読む

女性が生きづらい世の中じゃね……『ブリジット・ジョーンズの日記』

日本の都会でマナーが悪いワーストワンは ついこの間まではおじさんがダントツでしたが、 最

記事を読む

『GODZILLA』破壊神というより守護神だったハリウッドリブート版

早くも2018年にパート2をやると 発表されたハリウッド版『ゴジラ』。 近年、アメリ

記事を読む

『ハクソー・リッジ』英雄とPTSD

http://www.hacksawridge.movie/[/caption] メル・ギブ

記事を読む

25年経っても未だ続く『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

何でも今年は『攻殻機動隊』の25周年記念だそうです。 この1995年発表の押井守監督作

記事を読む

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/ne

→もっと見る

PAGE TOP ↑