*

自分の人生に責任をもつこと その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 アニメ, メディア,

Nausicaa_ARS_setup_2

自分に言い聞かせるつもりで記します。

ネットに拡散された『宮崎駿に人生を壊された女』というマンガをみた。作者のエリコさんが幼少のときに観た『風の谷のナウシカ』に影響されオタク化して、友達からいじめられたり、世間の波になれなくなって苦労した姿を描いている。自分のこのブログの最大のテーマである「作品との適切な関係」をとれなかった反面教師の例だと思います。ただこの人も高校生デビュー(自分改革)や、ちゃんと彼氏をつくったりしているので、そんなにドロップアウトしているとも思えない。自己卑下や悲観的な考え方がひっかかるのかな。表現としてわざとやってるくさいが……。

アニメというのは絵や音(音楽)を最大限に駆使して刺激的な演出を追求したものです。子どもが観るには刺激が強過ぎてふわ~としてしまって、現実が分からなくなってしまうのです。その刺激が欲しくなってどんどんのめり込んでいく。アニメは本来子ども向けなのですが、本当は子どもの脳では処理できないほどの刺激や情報が叩き付けられているのです。子どもを黙らせるためにアニメを観せることがありますが、子どもが夢中になって観るのはこの圧倒的なパワーに圧されてしまっているだけなのです。心や体に良いはずが無い。アニメファンやオタクと言われている人のほとんどが、アンハッピーな人生を送っているのがいい証拠です。アイドルファンやミュージカルファンもあてはまるか。とにかく現実逃避の臭いがするものはヤバイでしょう。人はインプットだけではダメになってしまう。人と共有できない情報は自身の中でたまり込んで、孤立の道を歩むばかり。そこから水が流れなければ淀んで腐ってしまうだけなのです。

作品は人が作ったもの。そしてその作家もあなたと同じ人間。神化して妄信してはいけない。それは自分自身の人生を悪い方向へ向かわせる選択だと思います。

長くなりそうなので明日へ続きます!

関連記事

『おやすみなさいダース・ヴェイダー』SWファンもすっかりパパさ

ジェフリー・ブラウン著『おやすみなさいダース・ヴェイダー』。 スターウォーズの暗黒卿ダース

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/caption] 坂本龍

記事を読む

『ファインディング・ドリー』マイノリティへの応援歌

映画はひととき、現実から逃避させてくれる夢みたいなもの。いつからか映画というエンターテイメン

記事を読む

『トイ・ストーリー・オブ・テラー』続々発表の新作短編、実は大人向け?

BSのDlifeで『トイストーリー』の 新作短編が放送された。 なんでも本邦初公開とのこ

記事を読む

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズニーも 最

記事を読む

『クラッシャージョウ』ガラパゴス前夜にて

アニメ映画『クラッシャージョウ』。1983年の作品で、公開当時は自分は小学生だった。この作品

記事を読む

『火花』又吉直樹の飄々とした才能

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの処女小説『火花』が芥川賞を受賞しました。おめでとうござい

記事を読む

『あさが来た』 はるがきた⁉︎

http://www.asahi.com/[/caption] NHK『連続テレビ小説』の『

記事を読む

『TOMORROW 明日』忘れがちな長崎のこと

本日8月9日は長崎の原爆の日。 とかく原爆といえば広島ばかりが とりざたされますが、

記事を読む

『ヒックとドラゴン』真の勇気とは?

ウチの2歳の息子も『ひっくとどらぽん』と 怖がりながらも大好きな 米ドリームワークス映画

記事を読む

PAGE TOP ↑