*

自分の人生に責任をもつこと その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 アニメ, メディア,

Nausicaa_ARS_setup_2

自分に言い聞かせるつもりで記します。

ネットに拡散された『宮崎駿に人生を壊された女』というマンガをみた。作者のエリコさんが幼少のときに観た『風の谷のナウシカ』に影響されオタク化して、友達からいじめられたり、世間の波になれなくなって苦労した姿を描いている。自分のこのブログの最大のテーマである「作品との適切な関係」をとれなかった反面教師の例だと思います。ただこの人も高校生デビュー(自分改革)や、ちゃんと彼氏をつくったりしているので、そんなにドロップアウトしているとも思えない。自己卑下や悲観的な考え方がひっかかるのかな。表現としてわざとやってるくさいが……。

アニメというのは絵や音(音楽)を最大限に駆使して刺激的な演出を追求したものです。子どもが観るには刺激が強過ぎてふわ~としてしまって、現実が分からなくなってしまうのです。その刺激が欲しくなってどんどんのめり込んでいく。アニメは本来子ども向けなのですが、本当は子どもの脳では処理できないほどの刺激や情報が叩き付けられているのです。子どもを黙らせるためにアニメを観せることがありますが、子どもが夢中になって観るのはこの圧倒的なパワーに圧されてしまっているだけなのです。心や体に良いはずが無い。アニメファンやオタクと言われている人のほとんどが、アンハッピーな人生を送っているのがいい証拠です。アイドルファンやミュージカルファンもあてはまるか。とにかく現実逃避の臭いがするものはヤバイでしょう。人はインプットだけではダメになってしまう。人と共有できない情報は自身の中でたまり込んで、孤立の道を歩むばかり。そこから水が流れなければ淀んで腐ってしまうだけなのです。

作品は人が作ったもの。そしてその作家もあなたと同じ人間。神化して妄信してはいけない。それは自分自身の人生を悪い方向へ向かわせる選択だと思います。

長くなりそうなので明日へ続きます!

関連記事

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、 トム・クルーズ主演の 『オール・ユー・ニード・イズ・

記事を読む

『ハリー・ポッター』シングルマザーの邂逅

昨日USJの『ハリー・ポッター』のアトラクションが オープンしたと言う事で話題になってます

記事を読む

『スノーマン』ファンタジーは死の匂いと共に

http://co-trip.jp/article/36020/[/caption] 4歳に

記事を読む

『総員玉砕せよ!』と現代社会

夏になると毎年戦争と平和について考えてしまう。いま世の中ではキナくさいニュースばかり。悲観的

記事を読む

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

H(エイチ)2006年12月号[/caption] アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開され

記事を読む

イヤなヤツなのに魅力的『苦役列車』

西村堅太氏の芥川賞受賞作『苦役列車』の映画化。 原作は私小説。 日本の人気原作ものの

記事を読む

メジャーだって悪くない!!『ターミネーター2』

今年の映画業界はビッグネームの続編やリメイク・リブート作で目白押し。離れてしまったかつての映

記事を読む

『おおかみこどもの雨と雪』で人生に向き合おう

『リア充』って良い言葉ではないと思います。 『おおかみこどもの雨と雪』が テレビ放映

記事を読む

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ドラえもん』は

記事を読む

『借りぐらしのアリエッテイ』恋愛になる前に

昨年末、俳優の神木隆之介さんと志田未来さんの熱愛報道がスクープされた。関係者は否定したけど、世の

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑