*

『ムヒカ大統領』と『ダライ・ラマ14世』に聞く、経済よりも大事なこと。

公開日: : 最終更新日:2019/06/13

最近SNSで拡散されているウルグアイのホセ・ムヒカ大統領のリオで行われた『環境の未来を決める会議』でのスピーチが話題になっています。消費社会に対する警鐘を鳴らしているものです。思えばいま体調不良が報道されているダライ・ラマ14世も、経済社会の問題についてよく語られています。日本の社会の形成は、経済発展や消費文化を良しとするものばかりでした。そのうえで人間性や心の問題に蓋を閉めていました。そのほころびが、現代人をかえって苦しめているようにも感じます。果たして本当の幸せとはなんなんだろう?

ムヒカ大統領のスピーチにであった時ちょうど、ダライ・ラマ14世の『傷ついた日本人へ』と『これからの日本、経済より大切なこと』という本を読んでいた。内容があまりに近かった。これから日本が進もうとしているところと、日本人が潜在的に求めているものにズレがあるのでは?と感じてしまった。

ダライ・ラマは、経済を追い求めると利己的になる。自分だけ良ければ良いという考えは、最終的には戦争へと繋がってしまうと語っています。高度成長期のように、働けば働いた分の経済的収入が得られる時代には、それでも良かったのかもしれません。人々は経済発展のため、働き詰めで家庭や人生は後回しにして来ました。それでも金銭的に豊かになったので、それは仕方がないものと考えられてきました。そして人間らしい心というものは無視されて来たのでしょう。日本の政治家達の殆どが、物事はカネで解決できると思っているのが、発言で伝わってきます。ダライ・ラマも、経済的な豊かさは、幸せとは関係がないと指摘しています。

いつも不思議に思っていたのは、政治家や大企業の重役など、一般人よりも明らかに収入が高い人に限って、更なるカネを求めて、汚いことをしてしまっているということ。ダライ・ラマの指摘では「カネは持てば持つほど不安になって、もっと欲しくなるもの」とのことらしい。そんな境地に達したことがないので、まったく想像がつかないのだが……。

人間が生きていく上で、不便でなく暮らせる程度の金銭的な豊かさというものは、それほど多額なものではないと思います。今はワーキングプアの時代。最低限、生活をしていくのに必要な収入が得られないのにもかかわらず、税金やら何やら徴収が大きいのが問題なのです。豊かな人が更に豊かになることではないのです。

自分は結婚式の式場選びのとき、エージェントが勧めてきたバブリーなオーシャンビューの式場達にはどうも興味がわかず、小さな森のチャペルが気になりました。他のゴージャスな式場より圧倒的に格安で、エージェントとしては儲けにならない。どうしてこんな小さなチャペルが良いのかわからないというエージェントの態度。結果的に選んだそのチャペルは大満足。そこは貧しい子ども達の為に作られた百年の歴史をもつものでした。結婚式のためだけに作られた新興チャペルではなかったのです。きっと派手なチャペルは自分たちには落ち着かないものだったことでしょう。

要は「高ければ良い」というものではないということ。自分好みの選び抜いた物が最低限揃っている生活の方が、より豊かだということ。よくテレビで芸能人や政治家の豪邸が紹介されますが、いいなと思うことがあまりありません。コレクションの自慢も、一人でこれを維持するのは大変だな〜と感じてしまいます。むしろそんなものを集めなければやっていけないという、心の空虚感を感じ取ってしまいます。

いま世界的に不況と言われている時代、日本だけが経済的に一人勝ちするということは、他を蹴落としたり非人道的な方向へと向かうのではないかと危惧してしまいます。武器や原発を売って一儲けしようということか? これは三人日本人がいて、一人や二人が死んでも、残った一人から「裕福になった」と言われれば良いという乱暴な考えにも思えます。死人に口無しだしちょうどいいといいうことか。

今一度、カネ中心ではなく、自分の心に耳を傾け、幸せになる為に重要なことは何なのか、じっくり考える必要がありそうです。かといってスピリチュアルに逃げ込むと、またカネの世界に引き込まれちゃう。少なくとも自分にとって「幸せ」とは、今日本で求められている裕福のイメージとはほど遠い質素なものだと感じています。

この時代に、経済だけを追い求めるのはダサいな、と思えてなりません。

 

関連記事

no image

『モモ』知恵の力はディストピアも越えていく

ドイツの児童作家ミヒャエル・エンデの代表作『モモ』。今の日本にとてもあてはまる童話だ。時間泥棒たちに

記事を読む

no image

25年経っても未だ続く『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

  何でも今年は『攻殻機動隊』の25周年記念だそうです。 この1995年発表の

記事を読む

no image

『デッドプール2』おバカな振りした反骨精神

映画の続編は大抵つまらなくなってしまうもの。ヒット作でまた儲けたい企業の商魂が先に立つ。同じキャラク

記事を読む

no image

『沈まぬ太陽』悪を成敗するのは誰?

  よくもまあ日本でここまで実際にあった出来事や企業をモデルにして、作品として成立させたな~と

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高けれ

記事を読む

no image

『がんばっていきまっしょい』青春映画は半ドキュメンタリーがいい

  今年はウチの子どもたちが相次いで進学した。 新学年の入学式というのは 期待と

記事を読む

no image

岡本太郎の四半世紀前の言葉、現在の予言書『自分の中に毒を持て』

  ずっと以前から人に勧められて 先延ばしにしていた本書をやっと読めました。

記事を読む

no image

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

『一九八四年』はジョージ・オーウェルの1949年に発表された、近未来の完全管理社会を描いたディストピ

記事を読む

『ワンダー 君は太陽』親になってわかること

自分はお涙頂戴の映画は苦手だ。この『ワンダー』は、予告編からして涙を誘いそうな予感がする。原

記事を読む

no image

『火花』又吉直樹の飄々とした才能

  お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの処女小説『火花』が芥川賞を受賞しました。おめ

記事を読む

『好きにならずにいられない』自己演出の必要性

日本では珍しいアイスランド映画『好きにならずにいられない』。エ

『ミッドナイト・イン・パリ』隣の芝生、やっぱり気になる?

ウッディ・アレン監督が2011年に発表した『ミッドナイト・イン

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

→もっと見る

PAGE TOP ↑