*

『コウノドリ』で子どもへの目が優しくなれば…… その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 テレビ, ドラマ, メディア,

kounodori_dorama
自分はすっかりテレビドラマを観ることがなくなってしまった。というか結婚して子どもができてから、ろくすっぽ大好きな映画も観れていない。独身時代は1日1本以上は映画を観ていた。それが今では、1ヶ月に1本観れるか観れないか。まあそれだけ以前は映画鑑賞以外の楽しみがなかったからなのかも。ずっとたくさん映画を観る習慣があったので、自分の好みに合う作品をみつける目は養えたような気がする。観れる本数が減ってもそれほど困らないし、たまに観る映画が、予想外につまらなくて、がっかりしたという経験もなくなった。

そんな自分が、連続テレビドラマを観ることはほとんどない。でも、この金曜10時のTBSドラマ枠でやっている『コウノドリ』が評判なのは知っていた。本屋に行くと、店員さんがこの原作漫画のお客さんの問い合わせに対応して姿をみたりしているので、話題になっているのは肌で感じていた。

先日、このドラマ『コウノドリ』が、珍しくかかりっぱなしになっていた。自分もながら観で他の作業をしていたのだが、なんだかずっとピアノの音楽と、スンスンと誰かが泣いてる声がテレビから聞こえてくる。ああ、今流行りの「泣きのエンタメ」かな。

『コウノドリ』は産婦人科が舞台のドラマ。出産を通しての、患者たちとの人生模様を叙情的に御涙頂戴で描かれているよう。クライマックスは、出産の場面。実際産婦人科の先生が、いちいち患者に感情移入されて、メソメソ泣かれしまっては、信頼できなくなってしまう。自分も自分の子どもの出産に立ち会ったことがあるけど、もっとドライだった。叙情的に盛り上げなくたって、子ども誕生の瞬間は、ちゃんと感動する。このドラマで描かれているものは、自分の経験とはちと違う。もちろんドラマだから、わかりやすく演出するのは当然だし、仕方ないことなんだけど。

長くなるので続きます。

関連記事

『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新技術のお披露目の場

ドルビーアトモスのAVアンプを探していると、この『トランスフォーマー/ロストエイジ』の見せ場の映

記事を読む

『リップヴァンウィンクルの花嫁』カワイくて陰惨、もしかしたら幸福も?

岩井俊二監督の新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。なんともややこしいタイトル。岩井俊二監督

記事を読む

『はだしのゲン』残酷だから隠せばいいの?

明日8月6日は広島の原爆の日ということで、『はだしのゲン』ドラマ版の話。 小学校の学級

記事を読む

『ごめんね青春!』クドカンもああみえて天才なのよね

話題の新ドラマ『ごめんね青春!』。 脚本はクドカンこと宮藤官九郎さん。 昨年『あまち

記事を読む

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ドラえもん』は

記事を読む

『この世界の片隅に』逆境でも笑って生きていく勇気

http://konosekai.jp/[/caption] 小学生の頃、社会の日本近代史の

記事を読む

『THIS IS US』人生の問題は万国共通

http://video.foxjapan.com/tv/this-is-us/[/caption

記事を読む

鳥肌実のアヤシい存在感と、まっとうな人生観の映画『タナカヒロシのすべて』

昨日は8月15日。終戦記念日。 この日で自分がすぐ イメージするのは靖国神社。

記事を読む

『ヒミズ』闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温監督の存在は『ぴあフィルムフェ

記事を読む

『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』大人よりも子どもの方が真実を知っている

20代後半の男性保育士さんが、 園児たちの何気ない言葉、 ハッとした言葉を綴った Tw

記事を読む

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

https://www.disney.co.jp/movie/inc

『薔薇の名前』難解な語り口の理由

あまりテレビを観ない自分でも、Eテレの『100分de名著』は面

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

https://starwars.disney.co.jp/[/ca

『ホームレス ニューヨークと寝た男』華やかさのまやかし

ドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』。

『フロリダ・プロジェクト』パステルカラーの地獄

アメリカで起きていることは、10年もしないうちに日本でも起こる

→もっと見る

PAGE TOP ↑