*

『コウノドリ』で子どもへの目が優しくなれば…… その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 テレビ, ドラマ, メディア,

kounodori_dorama
自分はすっかりテレビドラマを観ることがなくなってしまった。というか結婚して子どもができてから、ろくすっぽ大好きな映画も観れていない。独身時代は1日1本以上は映画を観ていた。それが今では、1ヶ月に1本観れるか観れないか。まあそれだけ以前は映画鑑賞以外の楽しみがなかったからなのかも。ずっとたくさん映画を観る習慣があったので、自分の好みに合う作品をみつける目は養えたような気がする。観れる本数が減ってもそれほど困らないし、たまに観る映画が、予想外につまらなくて、がっかりしたという経験もなくなった。

そんな自分が、連続テレビドラマを観ることはほとんどない。でも、この金曜10時のTBSドラマ枠でやっている『コウノドリ』が評判なのは知っていた。本屋に行くと、店員さんがこの原作漫画のお客さんの問い合わせに対応して姿をみたりしているので、話題になっているのは肌で感じていた。

先日、このドラマ『コウノドリ』が、珍しくかかりっぱなしになっていた。自分もながら観で他の作業をしていたのだが、なんだかずっとピアノの音楽と、スンスンと誰かが泣いてる声がテレビから聞こえてくる。ああ、今流行りの「泣きのエンタメ」かな。

『コウノドリ』は産婦人科が舞台のドラマ。出産を通しての、患者たちとの人生模様を叙情的に御涙頂戴で描かれているよう。クライマックスは、出産の場面。実際産婦人科の先生が、いちいち患者に感情移入されて、メソメソ泣かれしまっては、信頼できなくなってしまう。自分も自分の子どもの出産に立ち会ったことがあるけど、もっとドライだった。叙情的に盛り上げなくたって、子ども誕生の瞬間は、ちゃんと感動する。このドラマで描かれているものは、自分の経験とはちと違う。もちろんドラマだから、わかりやすく演出するのは当然だし、仕方ないことなんだけど。

長くなるので続きます。

関連記事

『トイ・ストーリー・オブ・テラー』続々発表の新作短編、実は大人向け?

BSのDlifeで『トイストーリー』の 新作短編が放送された。 なんでも本邦初公開とのこ

記事を読む

『ベイマックス』を起爆剤に日本も!! その1

エンタメ産業はアメリカが世界一。 あまり知られていないが、日本は第二位。 この冬休み

記事を読む

『炎628』戦争映画に突き動かす動機

『炎628』は日本では珍しい旧ソビエト映画。かつて友人に勧められた作品。ヘビーな作品なので、

記事を読む

愛すべき頑固ジジイ『ロボジー』

2015年のゴールデンウィーク映画で『龍三と7人の子分たち』という映画があって、ジジイ達のコ

記事を読む

アニメ『機動戦士ガンダムUC』が遂に完結!!

2010年スタートで完結まで4年かかった。 福井晴敏氏の原作小説は、遡る事2007年から。

記事を読む

『ツイン・ピークス』ってなんだったの?

アメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』が 25年ぶりに続編がつくられるそうです。

記事を読む

『エレファント・マン』と感動ポルノ、そして体調悪化

Paramount Pictures / Photofest / Zeta Image[/capt

記事を読む

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを離さないで』。ラブストーリーの

記事を読む

『サクリファイス』日本に傾倒した核戦争の世界

旧ソ連出身のアンドレイ・タルコフスキー監督が、亡命して各国を流転しながら映画をつくっていた遺作と

記事を読む

『グラディエーター』Are You Not Entertained?

https://www.youtube.com/watch?v=QPk1NdvplCI[/capt

記事を読む

『やさしい本泥棒』子どもも観れる戦争映画

http://video.foxjapan.com/release/

『君たちはどう生きるか』誇り高く生きるには

今、吉野源三郎著作の児童文学『君たちはどう生きるか』が話題にな

『ラースと、その彼女』心の病に真摯に向き合ったコメディ

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者になったライアン・ゴズリング。

『メッセージ』ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

http://shoot-heydrich.com/[/captio

→もっと見る

PAGE TOP ↑