*

『コウノドリ』で子どもへの目が優しくなれば…… その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 テレビ, ドラマ, メディア,

kounodori_dorama
自分はすっかりテレビドラマを観ることがなくなってしまった。というか結婚して子どもができてから、ろくすっぽ大好きな映画も観れていない。独身時代は1日1本以上は映画を観ていた。それが今では、1ヶ月に1本観れるか観れないか。まあそれだけ以前は映画鑑賞以外の楽しみがなかったからなのかも。ずっとたくさん映画を観る習慣があったので、自分の好みに合う作品をみつける目は養えたような気がする。観れる本数が減ってもそれほど困らないし、たまに観る映画が、予想外につまらなくて、がっかりしたという経験もなくなった。

そんな自分が、連続テレビドラマを観ることはほとんどない。でも、この金曜10時のTBSドラマ枠でやっている『コウノドリ』が評判なのは知っていた。本屋に行くと、店員さんがこの原作漫画のお客さんの問い合わせに対応して姿をみたりしているので、話題になっているのは肌で感じていた。

先日、このドラマ『コウノドリ』が、珍しくかかりっぱなしになっていた。自分もながら観で他の作業をしていたのだが、なんだかずっとピアノの音楽と、スンスンと誰かが泣いてる声がテレビから聞こえてくる。ああ、今流行りの「泣きのエンタメ」かな。

『コウノドリ』は産婦人科が舞台のドラマ。出産を通しての、患者たちとの人生模様を叙情的に御涙頂戴で描かれているよう。クライマックスは、出産の場面。実際産婦人科の先生が、いちいち患者に感情移入されて、メソメソ泣かれしまっては、信頼できなくなってしまう。自分も自分の子どもの出産に立ち会ったことがあるけど、もっとドライだった。叙情的に盛り上げなくたって、子ども誕生の瞬間は、ちゃんと感動する。このドラマで描かれているものは、自分の経験とはちと違う。もちろんドラマだから、わかりやすく演出するのは当然だし、仕方ないことなんだけど。

長くなるので続きます。

関連記事

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

http://www.uplink.co.jp/dance/[/caption] アレハンド

記事を読む

『async/坂本龍一』アートもカジュアルに

人の趣味嗜好はそうそう変わらない。 どんなに年月を経ても、若い頃に影響を受けて擦り込ま

記事を読む

『勇者ヨシヒコと魔王の城』究極の安っぽさの追求

このドラマの番宣ポスターをはじめてみたとき、 正直、期待してしまいました。 「おっ、とう

記事を読む

『海街diary』男性向け女性映画?

日本映画で人気の若い女優さんを4人も主役に揃えた作品。全然似てないキャスティングの4人姉妹の話を

記事を読む

『アントマン』ちっちゃくなってどう闘うの?

http://marvel.disney.co.jp/movie/antman.html[/cap

記事を読む

『るろうに剣心』マンガ原作というより、大河ドラマの続編

自分は実は『るろうに剣心』の マンガもアニメも未見。 でもこの映画を観たいと思った。

記事を読む

『やさしい本泥棒』子どもも観れる戦争映画

http://video.foxjapan.com/release/bookthief/[/cap

記事を読む

ある意味アグレッシブな子ども向け映画『河童のクゥと夏休み』

アニメ映画『河童のクゥと夏休み』。 良い意味でクレイジーな子ども向けアニメ映画です。 上

記事を読む

『スノーデン』オタクが偉人になるまで

http://www.snowden-movie.jp/[/caption] スノーデン事件

記事を読む

『ゴーストバスターズ』ファミリー向け映画求む!

http://www.foodbeast.com/news/ghostbusters-stay-p

記事を読む

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/ne

『THIS IS US』人生の問題は万国共通

http://video.foxjapan.com/tv/this-

『生きる』立派な人は経済の場では探せない

黒澤明監督の代表作『生きる』。黒澤作品といえば、時代劇アクショ

『ヒミズ』闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温

→もっと見る

PAGE TOP ↑