*

『コウノドリ』で子どもへの目が優しくなれば…… その2

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 テレビ, ドラマ, メディア,

51NbiBseuRL
前回の続き。

生涯未婚率も上がり、少子化が問題とされています。人生の選択肢も増えたし、なにより育児をするにはリスクが多い世の中になったのは確か。自分も楽観的に子どもを持ったが、いばらの道を選んでしまったような気がする。別に後悔はないけど。

最近は、妊婦さんが電車に乗ることも危険だと聞きます。妊婦マークを付けていると、席を譲らないどころか、ワザとぶつかったりする人もいるそうです。ようするに、結婚して子どもができるなんて勝ち組だ。妊娠してるのを自慢するな! というやっかみらしい。なんという荒んだ思考。

自分も仕事で都心部へ行くことが多いが、いつも緊張する。カネの動きが激しい土地に集まる人たちは、皆ピリついていてイライラしている。人を押しのけて前へ行こうとしたり、ワザとぶつかってきたり、みんな自分のことしか考えていない。最近は若い女性すら、そんな感じだからけっこう傷つく。それほどみんなアンハッピーなのかしら?

先日、赤ちゃんを抱っこした若いママさんが地下鉄に乗っていた。キャリアウーマン風に気合いの入った身なりのママさん。自分が席を譲ろうとしたら「大丈夫です!」とバッサリ断られた。むしろ気安く声かけるなといった感じ。ママさんの緊張感はものすごい。都会では誰が敵かわからない。だれもが臨戦態勢でなければ、殺られる!

大手企業やその傘下で働いている人の方が、ブラック環境なのでは、と感じてしまう。こないだの傾斜マンションの偽装の動機も、残業が多すぎることへの腹いせだった。大手だからこそ「ウチで雇ってやってるんだぞ」と傲慢になっているのかも。本来仕事は、豊かな人生を送るためにするものだったのに、これでは本末転倒。過労死や自殺に追い込まれては、働かない方が良かったことになる。ブラック企業も問題だが、ブラック社員になるのも大問題。カネや権力のために汚れ仕事をしてくれる人がいて、世の中が回っているところもある。しかし、果たしてその仕事、本当必要なのだろか? 誰もがイヤがってやらなければ、なくなる仕事なのかも知れない。見切りをつけるのも大事なこと。

このドラマ『コウノドリ』のようなドラマが話題になることで、子どもを生み育てている人、子どもたちへの世間の厳しい目が緩和されるきっかけになればいい。相手の立場を想像できる力がつけば、優しい心や態度も自然と生まれる。

本当の感動とは、御涙頂戴の叙情的に煽られるものではなく、理屈ではわからないのに自然と涙がでてくるものだと感じます。

関連記事

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作品は『Dr.

記事を読む

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲの女房』。NHKの朝ドラでも有

記事を読む

ソフトもハードも研究も、あらゆる転機になった『ジュラシック・パーク』

リチャード・アッテンボロー監督が亡くなりました。 90歳でした。ご冥福をお祈り致します。

記事を読む

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこの映画『母と

記事を読む

『百日紅』天才にしかみえぬもの

この映画は日本国内よりも海外で評価されそうだ。映画の舞台は江戸時代。葛飾北斎の娘のお栄(葛飾

記事を読む

『グランド・ブダペスト・ホテル』大人のためのオシャレ映画

ウェス・アンダーソン監督作といえば オシャレな大人の映画を作る人というイメージ。 本

記事を読む

『ウルトラマン』社会性と同人性

今年はウルトラマンシリーズ誕生の50周年記念とのこと。先日、テレビで特集番組が放送されていた

記事を読む

『ダイ・ハード』作品の格をあげちゃうアラン・リックマン

去る1月14日に俳優のアラン・リックマンが亡くなった。今年に入って早々、訃報ばかりが続く。ア

記事を読む

『槇原敬之』自分ではダメだと思っていても……。

今年は槇原敬之さんのデビュー25周年ということ。自分が槇原敬之さんの存在を知ったのは中学生の

記事を読む

『ブラック・スワン』とキラーストレス

以前、子どもの幼稚園で、バレエ『白鳥の湖』を原作にしたミュージカルのだしものがあった。もちろ

記事を読む

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

https://www.disney.co.jp/movie/inc

『薔薇の名前』難解な語り口の理由

あまりテレビを観ない自分でも、Eテレの『100分de名著』は面

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

https://starwars.disney.co.jp/[/ca

『ホームレス ニューヨークと寝た男』華やかさのまやかし

ドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』。

『フロリダ・プロジェクト』パステルカラーの地獄

アメリカで起きていることは、10年もしないうちに日本でも起こる

→もっと見る

PAGE TOP ↑