*

『コウノドリ』で子どもへの目が優しくなれば…… その2

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 テレビ, ドラマ, メディア,

51NbiBseuRL
前回の続き。

生涯未婚率も上がり、少子化が問題とされています。人生の選択肢も増えたし、なにより育児をするにはリスクが多い世の中になったのは確か。自分も楽観的に子どもを持ったが、いばらの道を選んでしまったような気がする。別に後悔はないけど。

最近は、妊婦さんが電車に乗ることも危険だと聞きます。妊婦マークを付けていると、席を譲らないどころか、ワザとぶつかったりする人もいるそうです。ようするに、結婚して子どもができるなんて勝ち組だ。妊娠してるのを自慢するな! というやっかみらしい。なんという荒んだ思考。

自分も仕事で都心部へ行くことが多いが、いつも緊張する。カネの動きが激しい土地に集まる人たちは、皆ピリついていてイライラしている。人を押しのけて前へ行こうとしたり、ワザとぶつかってきたり、みんな自分のことしか考えていない。最近は若い女性すら、そんな感じだからけっこう傷つく。それほどみんなアンハッピーなのかしら?

先日、赤ちゃんを抱っこした若いママさんが地下鉄に乗っていた。キャリアウーマン風に気合いの入った身なりのママさん。自分が席を譲ろうとしたら「大丈夫です!」とバッサリ断られた。むしろ気安く声かけるなといった感じ。ママさんの緊張感はものすごい。都会では誰が敵かわからない。だれもが臨戦態勢でなければ、殺られる!

大手企業やその傘下で働いている人の方が、ブラック環境なのでは、と感じてしまう。こないだの傾斜マンションの偽装の動機も、残業が多すぎることへの腹いせだった。大手だからこそ「ウチで雇ってやってるんだぞ」と傲慢になっているのかも。本来仕事は、豊かな人生を送るためにするものだったのに、これでは本末転倒。過労死や自殺に追い込まれては、働かない方が良かったことになる。ブラック企業も問題だが、ブラック社員になるのも大問題。カネや権力のために汚れ仕事をしてくれる人がいて、世の中が回っているところもある。しかし、果たしてその仕事、本当必要なのだろか? 誰もがイヤがってやらなければ、なくなる仕事なのかも知れない。見切りをつけるのも大事なこと。

このドラマ『コウノドリ』のようなドラマが話題になることで、子どもを生み育てている人、子どもたちへの世間の厳しい目が緩和されるきっかけになればいい。相手の立場を想像できる力がつけば、優しい心や態度も自然と生まれる。

本当の感動とは、御涙頂戴の叙情的に煽られるものではなく、理屈ではわからないのに自然と涙がでてくるものだと感じます。

関連記事

『機動戦士ガンダム』とホモソーシャル

『ガンダム』といえば、我々アラフォー世代男子には、 小学校の義務教育の一環といってもいいコ

記事を読む

『ファイト・クラブ』とミニマリスト

http://www.playbuzz.com/thelaststraw10/do-you-rem

記事を読む

『藤子・F・不二雄ミュージアム』仕事の奴隷になること

先日、『藤子・F・不二雄ミュージアム』へ子どもたちと一緒に行った。子どもの誕生日記念の我が家のイ

記事を読む

男は泣き、女は勇気をもらう『ジョゼと虎と魚たち』

この映画『ジョゼと虎と魚たち』。 公開当時、ミニシアター渋谷シネクイントに 長蛇の列に並

記事を読む

『精霊の守り人』メディアが混ざり合う未来

『NHK放送90年 大河ファンタジー』と冠がついたドラマ『精霊の守り人』。原作は上橋菜穂子氏

記事を読む

『FOOL COOL ROCK!』サムライ魂なんて吹っ飛ばせ!!

『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM』

記事を読む

『ジャングル大帝』受け継がれる精神 〜冨田勲さんを偲んで

作曲家の冨田勲さんが亡くなられた。今年は音楽関係の大御所が立て続けに亡くなっている。ご冥福を

記事を読む

『猿の惑星: 創世記』淘汰されるべきは人間

『猿の惑星:創世記』。 もうじき日本でも本作の続編にあたる 『猿の惑星:新世紀』が公開さ

記事を読む

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガーデンシネマ

記事を読む

『miwa』世代を越えても響くもの

http://ticketcamp.net/live-blog/miwa-lyrics/[/cap

記事を読む

PAGE TOP ↑