*

『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』大人よりも子どもの方が真実を知っている

公開日: : 最終更新日:2019/06/15

 

20代後半の男性保育士さんが、
園児たちの何気ない言葉、
ハッとした言葉を綴った
Twitterを書籍化したものです。

たとえば4歳の男の子が段ボールで剣を作って
「せんせいみて!」ポーズをつけていると、
先生は「すごいね。それで誰をやっつけるの?」と聞くと、
「だれをやっつけるかじゃない! だれをまもるかだ!!」

カッコいい大人がすっかり
いなくなってしまったこの世の中、
大人なんかよりずっと子どもの方がカッコいい!

自分もこれくらいの子どもを持つ親なので、
ふとしたときに忘れかけていたような感覚の言葉を
子どもが発するので、自分に見返る事が多い。

子どもというのはどの子も素直でポジティブ。
不平不満は、スレてしまった大人の感覚なのだろう。
そんな負の感覚のない子どもたちは、
毎日が冒険で希望に満ちている。

以前、小学校の遠足のカメラマンの
仕事をした事があるのですが、
山登りを始めようとした瞬間、
大雨が降ってきたんですね。
で、全員で屋根のある休憩所に避難したんです。
雨はやみそうにないし、もう遠足は中止でしょう。

大人だったらがっかりしてしまうのだけれど、
子どもたちはこの休憩所でワイワイしてる
この瞬間が楽しくてしょうがない。
もうみんなおおはしゃぎ。

なんてポジティブなんだろう!!

思えばウチの息子も、
たいていいつもご機嫌で笑っている。

息子が赤ん坊だったとき、
誰にでも笑顔を向けるので、
見知らぬおばあちゃんをトロけさせていました。

まさにおばあちゃんキラー!!
その笑顔、殺傷能力あり。

老人相手なのでホントに。
息子の笑顔に喜んだおばあちゃん、
転倒しそうになったもの。

で息子、今度はバスで隣に座ったお兄ちゃんに愛想をふりまく。
そのお兄ちゃんはみるからに赤ん坊には興味がなく、
スマホをいじって現実逃避真っ最中だったのだが、
それでも懲りずに息子は笑顔で語りかける。

息子さん、ハードルの高い相手に挑戦するね。

お兄ちゃんの周辺視野のはじっこに、
チラチラ赤ん坊の笑顔が見えてるはず。

「ダハァっ!!」

そのときのお兄ちゃんの葛藤はどんなものだったか?
笑顔で挑む息子 vs お兄ちゃんの無視。

こっちもイジワルに観察。
どうするお兄ちゃん!!

とうとうお兄ちゃんが根負けして、
息子に振り向くと、息子は満面の笑顔!!
お兄ちゃん、さすがに「フッ」って笑いましたね。
とうとう息子に手をふってくれました。
息子に軍配!!

笑う門には福来たる。

子どもは大人のしがらみで忘れかけた感覚を
まだ持っています。

男の子は生まれた時からスーパーヒーロー。
女の子は生まれた時からすでにいっぱしのレディ。
彼らの動機はすべて純粋。

大人は子どもに教わる事の方が多いかも。
育児とは親も子も共に成長するための作業なのです。

子どものいる方もいない方も、
このような本を読んで、
ほっこりしてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

no image

『高い城の男』占いは当たらない?

  映画『ブレードランナー』の原作者フィリップ・K・ディックの代表作『高い城の男』。

記事を読む

『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から8年後に製作された映画

記事を読む

no image

発信者がウソをついてたら?『告白』

  中島哲也監督作品、湊かなえ著原作『告白』。この映画の演出のセンスの良さにシビレま

記事を読む

no image

『風が吹くとき』こうして戦争が始まる

  レイモンド・ブリッグズの絵本が原作の映画『風が吹くとき』。レイモンド・ブリッグズ

記事を読む

no image

女性が生きづらい世の中じゃね……『ブリジット・ジョーンズの日記』

  日本の都会でマナーが悪いワーストワンは ついこの間まではおじさんがダントツでし

記事を読む

『聲の形』頭の悪いフリをして生きるということ

自分は萌えアニメが苦手。萌えアニメはソフトポルノだという偏見はなかなか拭えない。最近の日本の

記事を読む

no image

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。ホドロフスキーと言えば、70年

記事を読む

no image

原作への愛を感じる『ドラえもん のび太の恐竜2006』

  今年は『ドラえもん』映画化の 35周年だそうです。 3歳になる息子のお気

記事を読む

no image

『精霊の守り人』メディアが混ざり合う未来

  『NHK放送90年 大河ファンタジー』と冠がついたドラマ『精霊の守り人』。原作は

記事を読む

no image

『海街diary』男性向け女性映画?

日本映画で人気の若い女優さんを4人も主役に揃えた作品。全然似てないキャスティングの4人姉妹の話を是枝

記事を読む

『ミッドナイト・イン・パリ』隣の芝生、やっぱり気になる?

ウッディ・アレン監督が2011年に発表した『ミッドナイト・イン

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

『TENET テネット』テクノのライブみたいな映画。所謂メタドラえもん!

ストーリーはさっぱり理解できないんだけど、カッコいいからいい!

→もっと見る

PAGE TOP ↑