*

『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』大人よりも子どもの方が真実を知っている

公開日: : 最終更新日:2019/06/15

 

20代後半の男性保育士さんが、
園児たちの何気ない言葉、
ハッとした言葉を綴った
Twitterを書籍化したものです。

たとえば4歳の男の子が段ボールで剣を作って
「せんせいみて!」ポーズをつけていると、
先生は「すごいね。それで誰をやっつけるの?」と聞くと、
「だれをやっつけるかじゃない! だれをまもるかだ!!」

カッコいい大人がすっかり
いなくなってしまったこの世の中、
大人なんかよりずっと子どもの方がカッコいい!

自分もこれくらいの子どもを持つ親なので、
ふとしたときに忘れかけていたような感覚の言葉を
子どもが発するので、自分に見返る事が多い。

子どもというのはどの子も素直でポジティブ。
不平不満は、スレてしまった大人の感覚なのだろう。
そんな負の感覚のない子どもたちは、
毎日が冒険で希望に満ちている。

以前、小学校の遠足のカメラマンの
仕事をした事があるのですが、
山登りを始めようとした瞬間、
大雨が降ってきたんですね。
で、全員で屋根のある休憩所に避難したんです。
雨はやみそうにないし、もう遠足は中止でしょう。

大人だったらがっかりしてしまうのだけれど、
子どもたちはこの休憩所でワイワイしてる
この瞬間が楽しくてしょうがない。
もうみんなおおはしゃぎ。

なんてポジティブなんだろう!!

思えばウチの息子も、
たいていいつもご機嫌で笑っている。

息子が赤ん坊だったとき、
誰にでも笑顔を向けるので、
見知らぬおばあちゃんをトロけさせていました。

まさにおばあちゃんキラー!!
その笑顔、殺傷能力あり。

老人相手なのでホントに。
息子の笑顔に喜んだおばあちゃん、
転倒しそうになったもの。

で息子、今度はバスで隣に座ったお兄ちゃんに愛想をふりまく。
そのお兄ちゃんはみるからに赤ん坊には興味がなく、
スマホをいじって現実逃避真っ最中だったのだが、
それでも懲りずに息子は笑顔で語りかける。

息子さん、ハードルの高い相手に挑戦するね。

お兄ちゃんの周辺視野のはじっこに、
チラチラ赤ん坊の笑顔が見えてるはず。

「ダハァっ!!」

そのときのお兄ちゃんの葛藤はどんなものだったか?
笑顔で挑む息子 vs お兄ちゃんの無視。

こっちもイジワルに観察。
どうするお兄ちゃん!!

とうとうお兄ちゃんが根負けして、
息子に振り向くと、息子は満面の笑顔!!
お兄ちゃん、さすがに「フッ」って笑いましたね。
とうとう息子に手をふってくれました。
息子に軍配!!

笑う門には福来たる。

子どもは大人のしがらみで忘れかけた感覚を
まだ持っています。

男の子は生まれた時からスーパーヒーロー。
女の子は生まれた時からすでにいっぱしのレディ。
彼らの動機はすべて純粋。

大人は子どもに教わる事の方が多いかも。
育児とは親も子も共に成長するための作業なのです。

子どものいる方もいない方も、
このような本を読んで、
ほっこりしてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

『帰ってきたヒトラー』 これが今のドイツの空気感?

公開時、自分の周りで好評だった『帰ってきたヒトラー』。毒のありそうな社会風刺コメディは大好物

記事を読む

『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』 25年経っても続く近未来

何でも今年は『攻殻機動隊』の25周年記念だそうです。 この1995年発表の押井守監督作

記事を読む

no image

男は泣き、女は勇気をもらう『ジョゼと虎と魚たち』

  この映画『ジョゼと虎と魚たち』。 公開当時、ミニシアター渋谷シネクイントに

記事を読む

『映像研には手を出すな!』好きなことだけしてたい夢

NHKの深夜アニメ『映像研には手を出すな!』をなぜか観始めてしまった。 実のところなん

記事を読む

『レディ・プレイヤー1』やり残しの多い賢者

御歳71歳になるスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』は、日本公開時

記事を読む

no image

『SING』万人に響く魂(ソウル)!

「あー楽しかった!」 イルミネーション・エンターテイメントの新作『SING』鑑賞後、ウチの子たちが

記事を読む

no image

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

  2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガ

記事を読む

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致死に至るような残業や休日出勤を

記事を読む

『真田丸』 歴史の隙間にある笑い

NHK大河ドラマは近年不評で、視聴率も低迷と言われていた。自分も日曜の夜は大河ドラマを観ると

記事を読む

『ドラゴンボール』 元気玉の行方

実は自分は最近まで『ドラゴンボール』をちゃんと観たことがなかった。 鳥山明さんの前作『

記事を読む

『ドライヴ』 主人公みたいになれない人生

ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』は、カッコいいから観た方

『イエスタデイ』 成功と選ばなかった道

ネットがすっかり生活に浸透した現代だからこそ、さまざまな情報に

『イカゲーム』 社会風刺と娯楽性

いま韓国サブカルチャーが世界を席巻している。ポン・ジュノ監督の

『ジョン・ウィック』 怒りたい衝動とどう向き合う?

キアヌがキレて殺しまくる。たったこれだけのネタで映画を連続三作

『裏切りのサーカス』 いちゃいちゃホモソーシャルの言い訳

映画『裏切りのサーカス』が面白いという勧めを知人から受けて、ず

→もっと見る

PAGE TOP ↑