*

『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』大人よりも子どもの方が真実を知っている

公開日: : 最終更新日:2019/06/15

 

20代後半の男性保育士さんが、
園児たちの何気ない言葉、
ハッとした言葉を綴った
Twitterを書籍化したものです。

たとえば4歳の男の子が段ボールで剣を作って
「せんせいみて!」ポーズをつけていると、
先生は「すごいね。それで誰をやっつけるの?」と聞くと、
「だれをやっつけるかじゃない! だれをまもるかだ!!」

カッコいい大人がすっかり
いなくなってしまったこの世の中、
大人なんかよりずっと子どもの方がカッコいい!

自分もこれくらいの子どもを持つ親なので、
ふとしたときに忘れかけていたような感覚の言葉を
子どもが発するので、自分に見返る事が多い。

子どもというのはどの子も素直でポジティブ。
不平不満は、スレてしまった大人の感覚なのだろう。
そんな負の感覚のない子どもたちは、
毎日が冒険で希望に満ちている。

以前、小学校の遠足のカメラマンの
仕事をした事があるのですが、
山登りを始めようとした瞬間、
大雨が降ってきたんですね。
で、全員で屋根のある休憩所に避難したんです。
雨はやみそうにないし、もう遠足は中止でしょう。

大人だったらがっかりしてしまうのだけれど、
子どもたちはこの休憩所でワイワイしてる
この瞬間が楽しくてしょうがない。
もうみんなおおはしゃぎ。

なんてポジティブなんだろう!!

思えばウチの息子も、
たいていいつもご機嫌で笑っている。

息子が赤ん坊だったとき、
誰にでも笑顔を向けるので、
見知らぬおばあちゃんをトロけさせていました。

まさにおばあちゃんキラー!!
その笑顔、殺傷能力あり。

老人相手なのでホントに。
息子の笑顔に喜んだおばあちゃん、
転倒しそうになったもの。

で息子、今度はバスで隣に座ったお兄ちゃんに愛想をふりまく。
そのお兄ちゃんはみるからに赤ん坊には興味がなく、
スマホをいじって現実逃避真っ最中だったのだが、
それでも懲りずに息子は笑顔で語りかける。

息子さん、ハードルの高い相手に挑戦するね。

お兄ちゃんの周辺視野のはじっこに、
チラチラ赤ん坊の笑顔が見えてるはず。

「ダハァっ!!」

そのときのお兄ちゃんの葛藤はどんなものだったか?
笑顔で挑む息子 vs お兄ちゃんの無視。

こっちもイジワルに観察。
どうするお兄ちゃん!!

とうとうお兄ちゃんが根負けして、
息子に振り向くと、息子は満面の笑顔!!
お兄ちゃん、さすがに「フッ」って笑いましたね。
とうとう息子に手をふってくれました。
息子に軍配!!

笑う門には福来たる。

子どもは大人のしがらみで忘れかけた感覚を
まだ持っています。

男の子は生まれた時からスーパーヒーロー。
女の子は生まれた時からすでにいっぱしのレディ。
彼らの動機はすべて純粋。

大人は子どもに教わる事の方が多いかも。
育児とは親も子も共に成長するための作業なのです。

子どものいる方もいない方も、
このような本を読んで、
ほっこりしてみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

no image

発信者がウソをついてたら?『告白』

  中島哲也監督作品、湊かなえ著原作『告白』。この映画の演出のセンスの良さにシビレま

記事を読む

no image

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

  残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこ

記事を読む

no image

『お嬢さん』無国籍お耽美映画は解放へ向かう

韓国産の作風は、韓流ドラマのような甘ったるいものと、血みどろで殺伐とした映画と極端に分かれているよう

記事を読む

no image

『あしたのジョー』は死んだのか?

  先日『あしたのジョー』の主人公矢吹丈の ライバル・力石徹役の仲村秀生氏が亡くな

記事を読む

no image

『2001年宇宙の旅』名作とヒット作は別モノ

映画『2001年宇宙の旅』は、スタンリー・キューブリックの代表作であり、映画史に残る名作と語り継がれ

記事を読む

no image

ある意味アグレッシブな子ども向け映画『河童のクゥと夏休み』

  アニメ映画『河童のクゥと夏休み』。 良い意味でクレイジーな子ども向けアニメ映画

記事を読む

no image

『コジコジ』カワイイだけじゃダメですよ

漫画家のさくらももこさんが亡くなった。まだ53歳という若さだ。さくらももこさんの代表作といえば、文句

記事を読む

no image

『デッドプール2』おバカな振りした反骨精神

映画の続編は大抵つまらなくなってしまうもの。ヒット作でまた儲けたい企業の商魂が先に立つ。同じキャラク

記事を読む

no image

太宰治が放つ、なりすましブログのさきがけ『女生徒』

  第二次大戦前に書かれたこの小説。 太宰治が、女の子が好きで好きで、 もう

記事を読む

no image

モラトリアム中年の悲哀喜劇『俺はまだ本気出してないだけ』

  『俺はまだ本気出してないだけ』とは 何とも悲しいタイトルの映画。 42歳

記事を読む

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

no image
『カメラを止めるな!』虚構と現実、貧しさと豊かさ

春先に日テレ『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『カメラを止

no image
『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説

no image
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、

no image
『ナイトミュージアム』学びは最強の武器

ベン・ステラー監督主演のコメディ映画『トロピック・サンダー』を観たら、

→もっと見る

PAGE TOP ↑