*

「 本 」 一覧

『父と暮らせば』生きている限り、幸せをめざさなければならない

2014/08/06 | 映画:タ行,

今日、2014年8月6日は69回目の原爆の日。 毎年、この頃くらいは戦争と平和について じっくり考えようと思う。 映画『父と暮らせば』は井上ひさし氏の 戯曲が原作となっている。

続きを見る

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。 白塗りの女をおっちゃんが ネチネチ口説いているネタ。 これがフランスSF映画 『バンカー・パレ

続きを見る

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。 この作品、ファンが描いた伝説の 『ドラえもん最終回』が元ネタになっております。 自分はこの作品を

続きを見る

『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』日本原作、萌え要素を捨てれば世界標準

じつに面白いSF映画。 トム・クルーズのSF映画では 最高傑作でしょう。 死んだら同じ日をまた最初から やり直すというタイムループもの。 死んだらやり直しという、 倫理観に

続きを見る

岡本太郎の四半世紀前の言葉、現在の予言書『自分の中に毒を持て』

2014/07/29 | メディア,

ずっと以前から人に勧められて 先延ばしにしていた本書をやっと読めました。 エキセントリックな芸術家というのは いたって常識人が多い。 岡本太郎氏もその中の一人と言って良い。

続きを見る

『るろうに剣心』マンガ原作というより、大河ドラマの続編

自分は実は『るろうに剣心』の マンガもアニメも未見。 でもこの映画を観たいと思った。 なぜなら本作、監督も出演者も ほとんどNHK大河ドラマの 『龍馬伝』と同じだからだ。

続きを見る

『ハリー・ポッター』シングルマザーの邂逅

2014/07/16 | メディア,

昨日USJの『ハリー・ポッター』のアトラクションが オープンしたと言う事で話題になってます。 この暑さにもかかわらず、 作品のコスプレで挑むファンの姿もチラホラ。 真夏にコートなん

続きを見る

映画化までの長い道のり『のぼうの城』

鳥取市のマスコットキャラクター 『かつ江(渇え)さん』が批判を受けて非公開になった。 今年の大河ドラマ『黒田官兵衛』にちなんで、 秀吉の「鳥取の渇え殺し」を 生き延びた娘のイメージ

続きを見る

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ドラえもん』はジャイアンやスネ夫が のび太をあまりいじめなくなった。 けれど作者の藤子F不二雄氏は、 このい

続きを見る

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』 若手女流監督が人生の機微で原作を補完

2014/06/29 | アニメ, 映画:タ行,

言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』 ドラえもんは現在第二期という。 2005年からスタッフ・キャストを

続きを見る

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑