*

「 本 」 一覧

ある意味アグレッシブな子ども向け映画『河童のクゥと夏休み』

2014/08/21 | アニメ, 映画:カ行,

アニメ映画『河童のクゥと夏休み』。 良い意味でクレイジーな子ども向けアニメ映画です。 上映時間が2時間半近くあるのも常識を越えている。 地味な映画だったので、 自分は当初あまり興味

続きを見る

宿命も、運命も、優しく包み込む『夕凪の街 桜の国』

広島の原爆がテーマのマンガ。 こうの史代氏著『夕凪の街 桜の国』。 戦争や原爆をテーマにすると どぎつい絵柄を想像しがちだが、 この作品のタッチは優しい。 終戦の傷跡の残る時

続きを見る

逆境も笑い飛ばせ! 日本人のユーモアセンスは!?『団地ともお』

2014/08/11 | アニメ, テレビ,

『団地ともお』は小学生。 母親と中学生になる姉と 三人で団地暮らし。 父親は単身赴任で別居中。 父親不在のこの家庭、 ときどきお父さんが帰ってくる エピソードがある。 そ

続きを見る

『STAND BY ME ドラえもん』大人は感動。子どもには不要な哀しみ。

2014/08/10 | アニメ, 映画:サ行,

映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。 ドラえもん初の3DCG作品であり、 原作のチョイスも感動編や恋愛編などの 評判が良かったものばか

続きを見る

『TOMORROW 明日』忘れがちな長崎のこと

2014/08/09 | ドラマ, 映画:タ行,

本日8月9日は長崎の原爆の日。 とかく原爆といえば広島ばかりが とりざたされますが、本作は長崎が舞台。 映画『TOMORROW 明日』は 黒木和雄監督の 戦争レクイエム三部作

続きを見る

『黒い雨』エロスとタナトス、そしてガラパゴス

2014/08/07 | 映画:カ行,

映画『黒い雨』。 夏休みになると読書感想文の候補作となる 井伏鱒二氏の原作を今村昌平監督が映画化。 広島の原爆と原爆症に苦しむ 普通の人々を描いた本作。 当時としてはかえって

続きを見る

『父と暮らせば』生きている限り、幸せをめざさなければならない

2014/08/06 | 映画:タ行,

今日、2014年8月6日は69回目の原爆の日。 毎年、この頃くらいは戦争と平和について じっくり考えようと思う。 映画『父と暮らせば』は井上ひさし氏の 戯曲が原作となっている。

続きを見る

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。 白塗りの女をおっちゃんが ネチネチ口説いているネタ。 これがフランスSF映画 『バンカー・パレ

続きを見る

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。 この作品、ファンが描いた伝説の 『ドラえもん最終回』が元ネタになっております。 自分はこの作品を

続きを見る

『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』日本原作、萌え要素を捨てれば世界標準

じつに面白いSF映画。 トム・クルーズのSF映画では 最高傑作でしょう。 死んだら同じ日をまた最初から やり直すというタイムループもの。 死んだらやり直しという、 倫理観に

続きを見る

PAGE TOP ↑