*

はやいことに三代目『いないいないばぁっ!!』『みいつけた!』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 テレビ, メディア

t02200124_0500028113255588883

小さい子どもがいる家の
朝の定番番組はNHK Eテレ。

ホントは朝はニュースとかみたいけど、
なかなか子どもたちは観せてくれない。
勝手にチャンネルかえようものなら、
ブーイングの嵐。

Eテレの幼児番組オンパレードは
自分の子ども時代からやっていたので、
そーとー歴史がある。

最近はパパママ世代も意識したスタッフ編成。

『みいつけた!』なんかは
音楽製作陣にトータス松本さんやクレケン、
星野源さん&クドカンとそうそうたるメンバー。

『いないいないばあっ!!』は
ワンワンという着ぐるみがいるのだが、
『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムの
日本語版の声なんか出してる
声優のチョーさんが自ら中に入って演じてる。

どちらの番組にもMCにおねえさんが登場する。
そのおねえさんも小学校低学年からスタート。

今年の春は交代期らしく、
どちらの番組もおねえさんが引退するらしい。
ひとりの担当が4年くらい。
ウチは上の子から下の子まで
ずっと観ていたので3代目の交代劇。
早いもので毎朝7年もの間、
ずっとEテレを観続けていたことになります。

はじめてのおねえさん交代を経験した時は
正直親子共々かなりショックでした。
突然いつものおねえさんじゃなくなってるんだもの!!
そこNHKの演出の淡白なところ。
今回は前もって交代するアナウンスしてくれたので、
心の準備がこちらもできて良かった。

いつもみている番組の顔が
変わってしまうのは寂しいけれど、
彼女たちも小学校を卒業して
春からは中学生。

上の子が赤ちゃんのときにみてた
『いないいないばぁっ!!』のおねえさんの
ことちゃんは、もう高校生だし。

時の経つのは早いもの。

子どもと時を過ごすと、
年月の流れを実感します。
嗚呼、諸行無常なり。

関連記事

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』アメコミみたいなアイツ

http://www.ew.com/article/2015/07/23/mission-impo

記事を読む

『反社会学講座』萌えアニメも日本を救う!?

まじめなことにユーモアをもって切り込んでいくのは大切なことだ。パオロ・マッツァリーノ氏の考え

記事を読む

日本のアニメ、実は海外ではさほど売れてない

今国策として『クールジャパン』の名のもと、 日本のカウンターカルチャーを 世界的産業にし

記事を読む

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

http://www.uplink.co.jp/dance/[/caption] アレハンド

記事を読む

『スターウォーズ展』新作公開というお祭り

いよいよ『スターウォーズ』の新作公開まで一週間! 街に出れば、どこもかしこもスターウォーズの

記事を読む

『スパイダーマン ホームカミング』ハイテク・スパイディは企業を超えて

http://www.spiderman-movie.jp/[/caption] スパイダー

記事を読む

『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』夢を現実にした最低で最高の男

©︎東北新社 Lisenced by東北新社[/caption] 芸能界は怖いところだよ。よ

記事を読む

『ラストサムライ』渡辺謙の作品選び

トム・クルーズ主演の日本を舞台にした時代物ハリウッド映画『ラストサムライ』。渡辺謙さんのハリ

記事を読む

『ダメなときほど運はたまる』欽ちゃん流自己啓発

欽ちゃんこと萩本欽一さん。自分が小さい頃は欽ちゃんのテレビ番組全盛期で、なんでも30%は視聴

記事を読む

『METAFIVE』アンドロイド化する東京人

自分は音楽ではテクノが好き。整理整頓された無機質な音にテンションがあがる。ロックなのに汗ひと

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑