*

はやいことに三代目『いないいないばぁっ!!』『みいつけた!』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 テレビ, メディア

t02200124_0500028113255588883

小さい子どもがいる家の
朝の定番番組はNHK Eテレ。

ホントは朝はニュースとかみたいけど、
なかなか子どもたちは観せてくれない。
勝手にチャンネルかえようものなら、
ブーイングの嵐。

Eテレの幼児番組オンパレードは
自分の子ども時代からやっていたので、
そーとー歴史がある。

最近はパパママ世代も意識したスタッフ編成。

『みいつけた!』なんかは
音楽製作陣にトータス松本さんやクレケン、
星野源さん&クドカンとそうそうたるメンバー。

『いないいないばあっ!!』は
ワンワンという着ぐるみがいるのだが、
『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムの
日本語版の声なんか出してる
声優のチョーさんが自ら中に入って演じてる。

どちらの番組にもMCにおねえさんが登場する。
そのおねえさんも小学校低学年からスタート。

今年の春は交代期らしく、
どちらの番組もおねえさんが引退するらしい。
ひとりの担当が4年くらい。
ウチは上の子から下の子まで
ずっと観ていたので3代目の交代劇。
早いもので毎朝7年もの間、
ずっとEテレを観続けていたことになります。

はじめてのおねえさん交代を経験した時は
正直親子共々かなりショックでした。
突然いつものおねえさんじゃなくなってるんだもの!!
そこNHKの演出の淡白なところ。
今回は前もって交代するアナウンスしてくれたので、
心の準備がこちらもできて良かった。

いつもみている番組の顔が
変わってしまうのは寂しいけれど、
彼女たちも小学校を卒業して
春からは中学生。

上の子が赤ちゃんのときにみてた
『いないいないばぁっ!!』のおねえさんの
ことちゃんは、もう高校生だし。

時の経つのは早いもの。

子どもと時を過ごすと、
年月の流れを実感します。
嗚呼、諸行無常なり。

関連記事

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

日本とフランスの文化は似てる。 カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞した『

記事を読む

『台風クラブ』制服に封じ込まれたもの

http://filmex.net/2011/so05.html[/caption] このた

記事を読む

『逃げるは恥だが役に立つ』シアワセはめんどくさい?

(C)TBS 原作/海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」(講談社「Kiss」連載)[/captio

記事を読む

『FOOL COOL ROCK!』サムライ魂なんて吹っ飛ばせ!!

『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM』

記事を読む

『ひとりぼっちを笑うな』蛭子さんはハルクの如し

最近、蛭子さんの言葉が流行っているらしい。蛭子さんとは、マンガ界のヘタウマ天才と言われ、タレント

記事を読む

『ラ・ラ・ランド』夢をみること、叶えること

http://gaga.ne.jp/lalaland/[/caption] ミュージカル映画

記事を読む

『ハリー・ポッター』シングルマザーの邂逅

昨日USJの『ハリー・ポッター』のアトラクションが オープンしたと言う事で話題になってます

記事を読む

『ソーシャル・ネットワーク』ガキのケンカにカネが絡むと

ご存知、巨大SNS・Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグの自伝映画。 アメリ

記事を読む

『千と千尋の神隠し』子どもが主役だけど、実は大人向け

言わずもがなスタジオジブリの代表作。 フランスのカンヌ映画祭や アメリカのアカデミー賞も

記事を読む

『フラガール』生きるための仕事

史実に基づいた作品。町おこしのために常磐ハワイアンセンターを設立せんとする側、新しいものを拒

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑