*

はやいことに三代目『いないいないばぁっ!!』『みいつけた!』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 テレビ, メディア

t02200124_0500028113255588883

小さい子どもがいる家の
朝の定番番組はNHK Eテレ。

ホントは朝はニュースとかみたいけど、
なかなか子どもたちは観せてくれない。
勝手にチャンネルかえようものなら、
ブーイングの嵐。

Eテレの幼児番組オンパレードは
自分の子ども時代からやっていたので、
そーとー歴史がある。

最近はパパママ世代も意識したスタッフ編成。

『みいつけた!』なんかは
音楽製作陣にトータス松本さんやクレケン、
星野源さん&クドカンとそうそうたるメンバー。

『いないいないばあっ!!』は
ワンワンという着ぐるみがいるのだが、
『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラムの
日本語版の声なんか出してる
声優のチョーさんが自ら中に入って演じてる。

どちらの番組にもMCにおねえさんが登場する。
そのおねえさんも小学校低学年からスタート。

今年の春は交代期らしく、
どちらの番組もおねえさんが引退するらしい。
ひとりの担当が4年くらい。
ウチは上の子から下の子まで
ずっと観ていたので3代目の交代劇。
早いもので毎朝7年もの間、
ずっとEテレを観続けていたことになります。

はじめてのおねえさん交代を経験した時は
正直親子共々かなりショックでした。
突然いつものおねえさんじゃなくなってるんだもの!!
そこNHKの演出の淡白なところ。
今回は前もって交代するアナウンスしてくれたので、
心の準備がこちらもできて良かった。

いつもみている番組の顔が
変わってしまうのは寂しいけれど、
彼女たちも小学校を卒業して
春からは中学生。

上の子が赤ちゃんのときにみてた
『いないいないばぁっ!!』のおねえさんの
ことちゃんは、もう高校生だし。

時の経つのは早いもの。

子どもと時を過ごすと、
年月の流れを実感します。
嗚呼、諸行無常なり。

関連記事

夢は必ず叶う!!『THE WINDS OF GOD』

俳優の今井雅之さんが5月28日に亡くなりました。 ご自身の作演出主演のライフワークでも

記事を読む

高田純次さんに学ぶ処世術『適当教典』

日本人は「きまじめ」だけど「ふまじめ」。 決められたことや、過酷な仕事でも 我慢して

記事を読む

実は主人公があまり活躍してない『あまちゃん』

NHKの視聴率稼ぎの看板番組といえば 『大河ドラマ』と『朝の連続テレビ小説』。 『大

記事を読む

『ヒミズ』闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温監督の存在は『ぴあフィルムフェ

記事を読む

『藤子・F・不二雄ミュージアム』仕事の奴隷になること

先日、『藤子・F・不二雄ミュージアム』へ子どもたちと一緒に行った。子どもの誕生日記念の我が家のイ

記事を読む

『サウルの息子』みせないことでみえてくるもの

(C) 2015 Laokoon Filmgroup[/caption] カンヌ映画祭やアカ

記事を読む

『アントマン』ちっちゃくなってどう闘うの?

http://marvel.disney.co.jp/movie/antman.html[/cap

記事を読む

『それでもボクはやってない』隠そうとしてもでてくるのが個性

満員電車で痴漢と疑われた男性が、駅のホームから飛び降りて逃走するというニュースが多発している

記事を読む

『トレインスポッティング』はミニシアターの立位置を変えた!!

スコットランドの独立の 是非を問う投票が終わり、 独立はなしということで決着がついた。

記事を読む

『下妻物語』は日本映画の分岐点?

台風18号は茨城を始め多くの地に甚大なる被害を与えました。被害に遭われた方々には心よりお見舞

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑