*

dont think, FEEL!

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画

t02200275_0800100013096709004

このおじいちゃんと
今後再び会う事はないでしょう。
一期一会の出会いだけど、
言葉もうまく伝わらないけど、
なんとなくほっこりした。

英語がうまく喋れなくったって、
気持ちは伝わるものですね。
言葉の壁は大きいと言うが、そうでもない。
お互いが理解しようと努力していれば何とかなる。
そんなこんなやり取りしているうちに
言葉なんて通じるようになるもの。
そういえば映画好きは万国どこにでもいて、
「あの映画好き!」なんて
タイトルや役者の名前あげれば
すぐ友達になれちゃう。

世界のどこかで、
自分が場末の映画館で観たような映画を
この人も観ていて、同じ場面で感動したりしている。
なんと凄い事か。

これは理屈ではない。
感覚の共有だ!!

それでもやっぱり英語、
しっかり勉強したいものです。

英語がろくすっぽできないのを
カミングアウトしてしまった。

関連記事

『3S政策』というパラノイア

『3S政策』という言葉をご存知でしょうか? これはネットなどから誕生した陰謀説で都市伝説のよ

記事を読む

日本人が巨大ロボットや怪獣が好きなワケ

友人から「日本のサブカルに巨大なものが 多く登場するのはなぜか考えて欲しい」と リクエス

記事を読む

自分の人生に責任をもつこと その2

昨日の続き。 よく作家(表現者)を神化することがあります。あまりに作品のファンになりす

記事を読む

『作家主義』の是非はあまり関係ないかも

NHKでやっていたディズニーの 舞台裏を描いたドキュメンタリー『魔法の映画はこうして生まれ

記事を読む

子どもが怖がる『クレヨンしんちゃん』

かつて『クレヨンしんちゃん』は 子どもにみせたくないアニメワースト1でした。 とにか

記事を読む

王道、いや黄金の道『荒木飛呂彦の漫画術』

荒木飛呂彦さんと言えば『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの漫画家さん。自分は少年ジャンプの漫画

記事を読む

『誰がこれからのアニメをつくるのか?』さらなる大志を抱けたら

「日本が世界に誇るアニメ」などという手前味噌な恥ずかしいフレーズも、すっかり世の中に浸透して

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑