*

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:ア行,

 

日本とフランスの文化は似てる。

カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞した『アデル、ブルーは熱い色』はグラフィックノベル(大人向けコミック)を原作にした映画。

同性愛の女学生の物語なので、日本で言うならボーイズラブものみたいなたぐいの作品なのかもしれない。

少女の恋愛ものにも関わらず、3時間という長尺のクレージーな映画。この長尺にだじろいでなかなか触手が伸びない作品ではあったが、やっとこさ鑑賞。

日本のマンガ原作ものはほとんどが若い人向けで、マンガチックな演出のまま映像化されるので、なかなか独自の作品としては観づらいもの。

このフランス映画は、ドラマチックな演出を排し、ドキュメンタリータッチで荒削りな作風。大人の鑑賞に堪えうる作品にしている。

クローズアップを駆使した映像は、自分たちの世界に留まった狭い視野の現れとして描かれているので、基本的には日本のマンガと、そうそう変わらない世界観なのだが、演出のセンスがいいので、世界的評価に繋がるんでしょうね。

フランスの若い子達は、自分の好き嫌いをハッキリ言えるのが偉いな~と感じてしまった。分からないことは多いだろうけど、とりあえず背伸びしてみせる姿勢。背伸びすることで、自然と身の丈が高くなっていくのでしょう。日本の若い子が、周りの目にビクビクしながら小さくなって言動しているのとはちと違う。

似たような世界観なのに、フランス人はずいぶん達観していて激しい。

ただもうすっかりオジサンになってしまった自分にとっては、若い女の子の恋愛なんてどーでもよかったりするのは本音でした。

まあエロとアートの間と言ったところでしょう。とにかく3時間の上映時間はやっぱりキツかった。

関連記事

no image

『アメリカン・ビューティー』幸福か不幸か?

  アカデミー賞をとった本作。最近ではすっかり『007』監督となった映像派のサム・メ

記事を読む

no image

『嫌われ松子の一生』道から逸れると人生終わり?

  中島哲也監督の名作である。映画公開当時、とかく中島監督と主演の中谷美紀さんとが喧

記事を読む

no image

『下妻物語』は日本映画の分岐点?

  台風18号は茨城を始め多くの地に甚大なる被害を与えました。被害に遭われた方々には

記事を読む

『銀河鉄道の夜』デザインセンスは笑いのセンス

自分の子どもたちには、ある程度児童文学の常識的な知識は持っていて欲しい。マンガばかり読んでい

記事を読む

no image

『鉄道員』健さんなら身勝手な男でも許せちゃう?

  高倉健さんが亡くなりました。 また一人、昭和の代表の役者さんが逝ってしまいまし

記事を読む

『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を勧めている。 よ

記事を読む

no image

『はだしのゲン』残酷だから隠せばいいの?

  明日8月6日は広島の原爆の日ということで、『はだしのゲン』ドラマ版の話。

記事を読む

no image

『怒り』自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画『怒り』

記事を読む

no image

『星の王子さま』競争社会から逃げたくなったら

  テレビでサン=テグジュペリの『星の王子さま』の特集をしていた。子どもたちと一緒に

記事を読む

no image

『アバター』観客に甘い作品は、のびしろをくれない

ジェイムズ・キャメロン監督の世界的大ヒット作『アバター』。あんなにヒットしたのに、もう誰もそのタイト

記事を読む

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致

『鬼滅の刃』親公認!道徳的な残虐マンガ‼︎

いま、巷の小学生の間で流行っているメディアミックス作品『鬼滅の

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリ

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメン

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えているこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑