*

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:ア行,

t02200153_0396027513218613529

日本とフランスの文化は似てる。

カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞した『アデル、ブルーは熱い色』はグラフィックノベル(大人向けコミック)を原作にした映画。

同性愛の女学生の物語なので、日本で言うならボーイズラブものみたいなたぐいの作品なのかもしれない。

少女の恋愛ものにも関わらず、3時間という長尺のクレージーな映画。この長尺にだじろいでなかなか触手が伸びない作品ではあったが、やっとこさ鑑賞。

日本のマンガ原作ものはほとんどが若い人向けで、マンガチックな演出のまま映像化されるので、なかなか独自の作品としては観づらいもの。

このフランス映画は、ドラマチックな演出を排し、ドキュメンタリータッチで荒削りな作風。大人の鑑賞に堪えうる作品にしている。

クローズアップを駆使した映像は、自分たちの世界に留まった狭い視野の現れとして描かれているので、基本的には日本のマンガと、そうそう変わらない世界観なのだが、演出のセンスがいいので、世界的評価に繋がるんでしょうね。

フランスの若い子達は、自分の好き嫌いをハッキリ言えるのが偉いな~と感じてしまった。分からないことは多いだろうけど、とりあえず背伸びしてみせる姿勢。背伸びすることで、自然と身の丈が高くなっていくのでしょう。日本の若い子が、周りの目にビクビクしながら小さくなって言動しているのとはちと違う。

似たような世界観なのに、フランス人はずいぶん達観していて激しい。

ただもうすっかりオジサンになってしまった自分にとっては、若い女の子の恋愛なんてどーでもよかったりするのは本音でした。

まあエロとアートの間と言ったところでしょう。とにかく3時間の上映時間はやっぱりキツかった。

関連記事

女児たちの憧れ『プリキュアシリーズ』

この『プリキュアシリーズ』 今年は10周年との事。 ウチの幼稚園の娘も大好きで、 何度

記事を読む

『ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム』人のふり見て我がふり笑え

なにこれ、おもしろい! NHK Eテレで放送しているテレビシリーズ『ひつじのショーン』

記事を読む

なぜ日本劇場未公開?『ヒックとドラゴン2』

とうとう日本では劇場公開はせず ビデオのみの発売となった 米ドリームワークスの『ヒックと

記事を読む

戦争は嫌い。でも戦争ごっこは好き!! 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』

1980年代にマンガを始めOVA、 テレビシリーズ、劇場版と メディアミックスで連続した

記事を読む

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/[/caption]

記事を読む

『スーパーサラリーマン佐江内氏』世界よりも家庭を救え‼︎

http://www.ntv.co.jp/saenai/[/caption] 日テレの連続ド

記事を読む

『ベルサイユのばら』ロックスターとしての自覚

©︎池田理代子プロダクション[/caption] 「あ〜い〜、それは〜つよく〜」 自分が幼

記事を読む

『アントマン』ちっちゃくなってどう闘うの?

http://marvel.disney.co.jp/movie/antman.html[/cap

記事を読む

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガーデンシネマ

記事を読む

『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』大人よりも子どもの方が真実を知っている

20代後半の男性保育士さんが、 園児たちの何気ない言葉、 ハッとした言葉を綴った Tw

記事を読む

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ネタバレは国家を揺るがす

https://marvel.disney.co.jp/movie/

『ボヘミアン・ラプソディ』共感性と流行と

昨年はロックバンド・クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ

『ルパン三世 ルパンvs複製人間』カワイイものは好きですか?

先日『ルパン三世』の原作者であるモンキー・パンチさんが亡くなら

『未来を花束にして』勝ち得たものの代償

イギリス映画の『未来を花束にして』。100年前のロンドンを舞台

『ブリグズビー・ベア』隔離されたハッピーな夢

http://www.brigsbybear.jp/[/captio

→もっと見る

PAGE TOP ↑