*

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, メディア, 映画:ア行,

t02200153_0396027513218613529

日本とフランスの文化は似てる。

カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞した『アデル、ブルーは熱い色』はグラフィックノベル(大人向けコミック)を原作にした映画。

同性愛の女学生の物語なので、日本で言うならボーイズラブものみたいなたぐいの作品なのかもしれない。

少女の恋愛ものにも関わらず、3時間という長尺のクレージーな映画。この長尺にだじろいでなかなか触手が伸びない作品ではあったが、やっとこさ鑑賞。

日本のマンガ原作ものはほとんどが若い人向けで、マンガチックな演出のまま映像化されるので、なかなか独自の作品としては観づらいもの。

このフランス映画は、ドラマチックな演出を排し、ドキュメンタリータッチで荒削りな作風。大人の鑑賞に堪えうる作品にしている。

クローズアップを駆使した映像は、自分たちの世界に留まった狭い視野の現れとして描かれているので、基本的には日本のマンガと、そうそう変わらない世界観なのだが、演出のセンスがいいので、世界的評価に繋がるんでしょうね。

フランスの若い子達は、自分の好き嫌いをハッキリ言えるのが偉いな~と感じてしまった。分からないことは多いだろうけど、とりあえず背伸びしてみせる姿勢。背伸びすることで、自然と身の丈が高くなっていくのでしょう。日本の若い子が、周りの目にビクビクしながら小さくなって言動しているのとはちと違う。

似たような世界観なのに、フランス人はずいぶん達観していて激しい。

ただもうすっかりオジサンになってしまった自分にとっては、若い女の子の恋愛なんてどーでもよかったりするのは本音でした。

まあエロとアートの間と言ったところでしょう。とにかく3時間の上映時間はやっぱりキツかった。

関連記事

原作への愛を感じる『ドラえもん のび太の恐竜2006』

今年は『ドラえもん』映画化の 35周年だそうです。 3歳になる息子のお気に入り映画

記事を読む

『トゥモロー・ワールド』少子化未来の黙示録

人類に子どもが一切生まれなくなった 近未来を描くSF作。 内線、テロ、人権無視、

記事を読む

『不屈の男 アンブロークン』昔の日本のアニメをみるような戦争映画

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが監督する戦争映画『アンブロークン』。日本公開前に、

記事を読む

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグラフィは、スタジオジブリのもの

記事を読む

『さとうきび畑の唄』こんなことのために生まれたんじゃない

70年前の6月23日は第二次世界大戦中、日本で最も激しい地上戦となった沖縄戦が終了した日だそ

記事を読む

関根勤さんのまじめな性格が伝わる『バカポジティブ』

いい歳をした大人なのに、 きちんとあいさつできない人っていますよね。 あいさつは幼稚

記事を読む

『帝都物語』混沌とした世にヤツは来る!!

9月1日といえば防災の日。1923年の同日に関東大震災で、東京でもたいへんな被害があったこと

記事を読む

『オデッセイ』ラフ & タフ。己が動けば世界も動く⁉︎

YouTube/20th Century Fox[/caption] 2016年も押し詰まっ

記事を読む

『電車男』オタクだって素直に恋愛したかったはず

草食男子って、 もう悪い意味でしか使われてないですね。 自分も草食系なんで……。

記事を読む

『ゴーストバスターズ』ファミリー向け映画求む!

http://www.foodbeast.com/news/ghostbusters-stay-p

記事を読む

PAGE TOP ↑