*

『アメイジング・スパイダーマン』早すぎるリブートシリーズ

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ア行

t02200220_0300030013218728002

『アメイジング・スパイダーマン2』
ご覧になった方も多いと思います。

みなさんは『アメスパ』好きですか?

以前に『アメスパ1』観てたんだけど、
まったくの忘却の彼方だったので、
復習をかねて先日見直しました。

実は自分は、
前回のサム・ライミ監督版が好きすぎて、
なかなか受け入れられずにいます。

もちろん『アメスパ』は、
CG技術もグレードアップしてるし、
役者さんもみんなキレイ。

キレイすぎて感情移入しずらいってのもあるのかな。
クセのあるトビー・マクガイアや、
ヒロインなのにカワイいの?って感じる
キルスティン・ダンストの方が愛着がわく。

なによりサム・ライミの演出は、
A級バジェットの映画なのにB級臭く、
バカバカしい雰囲気があって良かったのね。

『アメスパ』はちょっとシリアスすぎて、
テンポがトロく感じてしまう。
前シリーズと被らないように、
慎重な演出になり過ぎなのでは?と感じます。

エンターテイメント作品なので、
もっと軽く観たいよね。

『アメスパ2』も世間の評判はいいので、
もちろんいずれは観るけど、
とりあえず劇上行くまでの
テンションが上がらなかったのね。

ハリウッド側の大人の事情もあるんだろうけど、
リブートシリーズ作るの、
時期尚早だったんじゃないかな~。

関連記事

『アニー(1982年版)』子どもから見た大人たちの世界

かつてタレントのタモリさんが、テレビでさんざっぱら自身のミュージカル嫌いを語っていた。まだ小

記事を読む

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

日本とフランスの文化は似てる。 カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞した『

記事を読む

『インターステラー』いつか神仏の存在も科学で証明されるだろう

SF映画『インターステラー』はヒットはしないだろう。 けれども今後数十年語り継がれる作品に

記事を読む

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグラフィは、スタジオジブリのもの

記事を読む

『アベンジャーズ』和を重んじるのと、我慢は別

マーベルコミックスのヒーローたちが大集合する オタク心を鷲掴みにするお祭り映画。 既

記事を読む

『不屈の男 アンブロークン』昔の日本のアニメをみるような戦争映画

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが監督する戦争映画『アンブロークン』。日本公開前に、

記事を読む

『思い出のマーニー』好きと伝える誇らしさと、因縁

ジブリ映画の最新作である『思い出のマーニー』。 自分の周りでは、女性の評判はあまり良くなく

記事を読む

『ヴァンパイア』お耽美キワもの映画

映画「ヴァンパイア」録画で観ました。岩井俊二がカナダで撮った映画です。ものすごく暗かった。ヴ

記事を読む

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

https://ja.wikipedia.org/[/caption] 『一九八四年』はジョ

記事を読む

人を幸せにしたいなら、まず自分から『アメリ』

ジャン=ピエール・ジュネ監督の代表作『アメリ』。 ジュネ監督の今までの作風といえば

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑