*

『ベイマックス』を起爆剤に日本も!! その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, メディア, 映画:ハ行

t02200246_0570063713195377574

エンタメ産業はアメリカが世界一。
あまり知られていないが、日本は第二位。

この冬休みの目玉映画は
『妖怪ウォッチ』と『ベイマックス』。

『妖怪ウォッチ』が圧倒的な
興行収入をあげたのだが、
いま『ベイマックス』が後を
追い越そうとしている。

日本映画である『妖怪ウォッチ』より
外国作品である『ベイマックス』に
頑張って欲しいと思ってしまうのは
どうしてだろう?

やはり商魂のみの企画『妖怪ウォッチ』には
どうしても好感が持てないのです。

さて日本のアニメ。
完全に職人作業なので、
地道な作業が得意な日本人には
向いていたのでしょう。

10年20年前からずっと
日本のアニメは海外で評価されているが、
産業としての進展は一向にない。

海外から買い付けがくるのを
受け身で待っているだけ。

実際にバイヤーやエージェントが来ても、
権利問題がこんがらがって
水泡に帰すなんてざら。

でも日本のエンタメ関係の上層部は、
地道にいいものを作っていれば、
世界の誰かが拾ってくれると
いまだに思っている。
この努力はいつか報われると。
(実際努力しているのは上層部ではないけど)

でもそれは幻想。
やはり攻めが必要。

正しい場所で正しい努力をしなければ、
その苦労は決して報われることはない。

国内で海外アピールできないならば、
アメリカ発信の日本の制作会社を
作ればいいのにとよくおもう。

日本の技術とアイディアを
そのまま持って行けばいい。
日本には有能なクリエイターが
山ほど仕事にあぶれているのだから。

日本人でアメリカに、
アメリカでの会社をつくればいいのにな。

そこでは国際標準の作品を制作し、
世界規模のマーケットで発信して行く。
だからこそ保守的な日本ではなく、
本拠地はアメリカなど有利な場所に設定する。

国内産は続けたければ続ければいい。
国内アニメの稼ぎの主流である
萌えアニメをやってればいいのだ。

ただ世界標準の流通が成功したら、
国内完結型アニメは淘汰されると思うが……。

 

長くなりそうなので、つづく……。

関連記事

『反社会学講座』萌えアニメも日本を救う!?

まじめなことにユーモアをもって切り込んでいくのは大切なことだ。パオロ・マッツァリーノ氏の考え

記事を読む

『DENKI GROOVE THE MOVIE?』トンガリ続けて四半世紀

オフィス勤めしていた頃。PCに向かっている自分の周辺視野に、なにかイヤなものが入ってきたのが

記事を読む

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。 白塗

記事を読む

『レディ・プレイヤー1』やり残しの多い賢者

http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/[/cap

記事を読む

『あの頃ペニー・レインと』実は女性の方がおっかけにハマりやすい

名匠キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』。この映画は監督自身が15歳で音楽ライ

記事を読む

『ハクソー・リッジ』英雄とPTSD

http://www.hacksawridge.movie/[/caption] メル・ギブ

記事を読む

『ヴァンパイア』お耽美キワもの映画

映画「ヴァンパイア」録画で観ました。岩井俊二がカナダで撮った映画です。ものすごく暗かった。ヴ

記事を読む

『コジコジ』カワイイだけじゃダメですよ

http://cojicoji.site/[/caption] 漫画家のさくらももこさんが亡

記事を読む

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作品は『Dr.

記事を読む

『クラフトワーク』テクノはドイツ発祥、日本が広めた?

ドイツのテクノグループ『クラフトワーク』が 先日幕張で行われた『ソニックマニア』に出演しま

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑