*

『ベイマックス』を起爆剤に日本も!! その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, メディア, 映画:ハ行

t02200246_0570063713195377574

エンタメ産業はアメリカが世界一。
あまり知られていないが、日本は第二位。

この冬休みの目玉映画は
『妖怪ウォッチ』と『ベイマックス』。

『妖怪ウォッチ』が圧倒的な
興行収入をあげたのだが、
いま『ベイマックス』が後を
追い越そうとしている。

日本映画である『妖怪ウォッチ』より
外国作品である『ベイマックス』に
頑張って欲しいと思ってしまうのは
どうしてだろう?

やはり商魂のみの企画『妖怪ウォッチ』には
どうしても好感が持てないのです。

さて日本のアニメ。
完全に職人作業なので、
地道な作業が得意な日本人には
向いていたのでしょう。

10年20年前からずっと
日本のアニメは海外で評価されているが、
産業としての進展は一向にない。

海外から買い付けがくるのを
受け身で待っているだけ。

実際にバイヤーやエージェントが来ても、
権利問題がこんがらがって
水泡に帰すなんてざら。

でも日本のエンタメ関係の上層部は、
地道にいいものを作っていれば、
世界の誰かが拾ってくれると
いまだに思っている。
この努力はいつか報われると。
(実際努力しているのは上層部ではないけど)

でもそれは幻想。
やはり攻めが必要。

正しい場所で正しい努力をしなければ、
その苦労は決して報われることはない。

国内で海外アピールできないならば、
アメリカ発信の日本の制作会社を
作ればいいのにとよくおもう。

日本の技術とアイディアを
そのまま持って行けばいい。
日本には有能なクリエイターが
山ほど仕事にあぶれているのだから。

日本人でアメリカに、
アメリカでの会社をつくればいいのにな。

そこでは国際標準の作品を制作し、
世界規模のマーケットで発信して行く。
だからこそ保守的な日本ではなく、
本拠地はアメリカなど有利な場所に設定する。

国内産は続けたければ続ければいい。
国内アニメの稼ぎの主流である
萌えアニメをやってればいいのだ。

ただ世界標準の流通が成功したら、
国内完結型アニメは淘汰されると思うが……。

 

長くなりそうなので、つづく……。

関連記事

『かぐや姫の物語』この不気味さはなぜ?

なんとも不気味な気分で劇場を後にした映画。 日本人なら、昔話で誰もが知っている 『

記事を読む

『async/坂本龍一』アートもカジュアルに

人の趣味嗜好はそうそう変わらない。 どんなに年月を経ても、若い頃に影響を受けて擦り込ま

記事を読む

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマッチ感だけで

記事を読む

『パイレーツ・オブ・カリビアン』映画は誰と観るか?

2017年のこの夏『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作『最後の海賊』が公開された。映画シリーズ

記事を読む

『総員玉砕せよ!』と現代社会

夏になると毎年戦争と平和について考えてしまう。いま世の中ではキナくさいニュースばかり。悲観的

記事を読む

『あの頃ペニー・レインと』実は女性の方がおっかけにハマりやすい

名匠キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』。この映画は監督自身が15歳で音楽ライ

記事を読む

『反社会学講座』萌えアニメも日本を救う!?

まじめなことにユーモアをもって切り込んでいくのは大切なことだ。パオロ・マッツァリーノ氏の考え

記事を読む

『エレファント・マン』と感動ポルノ、そして体調悪化

Paramount Pictures / Photofest / Zeta Image[/capt

記事を読む

日本アニメを世界的評価に繋げた『AKIRA』

日本のアニメが凄いと世界に知らしめた エポックメーキング的作品『AKIRA』。 今更

記事を読む

『アーロと少年』過酷な現実をみせつけられて

movies.disney.com[/caption] く、暗いゾ。笑いの要素がほとんどない

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑