*

『ベイマックス』を起爆剤に日本も!! その1

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, メディア, 映画:ハ行

t02200246_0570063713195377574

エンタメ産業はアメリカが世界一。
あまり知られていないが、日本は第二位。

この冬休みの目玉映画は
『妖怪ウォッチ』と『ベイマックス』。

『妖怪ウォッチ』が圧倒的な
興行収入をあげたのだが、
いま『ベイマックス』が後を
追い越そうとしている。

日本映画である『妖怪ウォッチ』より
外国作品である『ベイマックス』に
頑張って欲しいと思ってしまうのは
どうしてだろう?

やはり商魂のみの企画『妖怪ウォッチ』には
どうしても好感が持てないのです。

さて日本のアニメ。
完全に職人作業なので、
地道な作業が得意な日本人には
向いていたのでしょう。

10年20年前からずっと
日本のアニメは海外で評価されているが、
産業としての進展は一向にない。

海外から買い付けがくるのを
受け身で待っているだけ。

実際にバイヤーやエージェントが来ても、
権利問題がこんがらがって
水泡に帰すなんてざら。

でも日本のエンタメ関係の上層部は、
地道にいいものを作っていれば、
世界の誰かが拾ってくれると
いまだに思っている。
この努力はいつか報われると。
(実際努力しているのは上層部ではないけど)

でもそれは幻想。
やはり攻めが必要。

正しい場所で正しい努力をしなければ、
その苦労は決して報われることはない。

国内で海外アピールできないならば、
アメリカ発信の日本の制作会社を
作ればいいのにとよくおもう。

日本の技術とアイディアを
そのまま持って行けばいい。
日本には有能なクリエイターが
山ほど仕事にあぶれているのだから。

日本人でアメリカに、
アメリカでの会社をつくればいいのにな。

そこでは国際標準の作品を制作し、
世界規模のマーケットで発信して行く。
だからこそ保守的な日本ではなく、
本拠地はアメリカなど有利な場所に設定する。

国内産は続けたければ続ければいい。
国内アニメの稼ぎの主流である
萌えアニメをやってればいいのだ。

ただ世界標準の流通が成功したら、
国内完結型アニメは淘汰されると思うが……。

 

長くなりそうなので、つづく……。

関連記事

メジャーだって悪くない!!『ターミネーター2』

今年の映画業界はビッグネームの続編やリメイク・リブート作で目白押し。離れてしまったかつての映

記事を読む

マイケル・ジャクソン、ポップスターの孤独『スリラー』

去る6月25日はキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンの命日でした。早いことでもう6年

記事を読む

TOHOシネマズ新宿OPEN!!『うる星やつら オンリー・ユー』

TOHOシネマズ新宿が4月17日に オープンするということで。 都内では最大級のシネコン

記事を読む

『藤子・F・不二雄ミュージアム』仕事の奴隷になること

先日、『藤子・F・不二雄ミュージアム』へ子どもたちと一緒に行った。子どもの誕生日記念の我が家のイ

記事を読む

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズニーも 最

記事を読む

『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』90年代以降から日本文化は鎖国ガラパゴス化しはじめた!!

NHKで放送していた 『ニッポン戦後サブカルチャー史』の書籍版。 テレビの放送もとて

記事を読む

『きゃりーぱみゅぱみゅ』という国際現象

泣く子も黙るきゃりーぱみゅぱみゅさん。 ウチの子も大好き。 先日発売されたニューアル

記事を読む

『エクス・マキナ』萌えの行方

http://exmachina-movie.jp/[/caption] イギリスの独立系S

記事を読む

『ベイビー・ドライバー』洗練革新されたオールドファッション

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/babydriver/[/ca

記事を読む

『コウノドリ』で子どもへの目が優しくなれば…… その2

前回の続き。 生涯未婚率も上がり、少子化が問題とされています。人生の選択肢も増えたし、なに

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑