*

『炎628』戦争映画に突き動かす動機

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:ハ行

 

『炎628』は日本では珍しい旧ソビエト映画。かつて友人に勧められた作品。ヘビーな作品なので、体調のいい時に観てねと言われていた。DVD化はされているけど、レンタルはしてないみたい。調べたら今年の夏、ブルーレイになるらしい。自分は図書館の資料閲覧コーナーのレーザーディスクを見つけた。図書館の在庫量はなかなか侮れない。しかも利用は無料。やっとこさみつけても、さんざっぱら凹むと脅されていたので、鑑賞にはかなり勇気がいる。

『炎628』の舞台は第二次大戦中の白ロシア(現ベラルーシ共和国)で、当時実際にあったナチスドイツの大虐殺。タイトルになっている「628」の村でこの映画で描かれているような虐殺が起こったのかと思うと本当に恐ろしい。

自分は戦争映画をつくるモチベーションには大きく分けて2種類あると思っている。ひとつは、多くの人が死ぬ戦争という事象に対しての「悲しみ」から。もうひとつは戦争で大事な人が殺されたり、筆舌にしがたい苦労を強いられる理不尽の究極に対する「怒り」。この映画からは後者の「戦争に対する怒り」が強く感じられる。

「悲しみ」の戦争映画は、たいていは戦争を体験していない作家が、想像で書いていたりすることが多い。逆に戦争に対する激しい「怒り」を感じる作品は、実際に戦争を体験してきた作家の生身の声が聞こえてくる。この映画での主人公が最前線で生き残る姿が、やけに説得力があったのも、経験が語るものではと感じさせた。

なにせ旧ソ連の映画なので、映画本編以外の情報が少なく、作り手の状況がなかなか判断しづらい。監督はすでに故人らしい。どうやら本作の脚本家の実体験によるものだったので、自分の推理もあながち的はずれではなかった。

美しい自然と、あえて直接的な残酷描写を避けて、効果音や悲鳴で観客に地獄を想像させる。その表現や演出技術は芸術的。

旧ソ連といえば、タルコフスキー監督が、国の思想に批判的な表現をしたとのことで、晩年はヨーロッパを転々としたことを思い出す。

この『炎628』も戦争映画なので、政治的な意味合いは強い。劇中のナチス兵の言い分は、自分たちと違う思想の人間は根絶やしにする。まずは子どもから始まる。子どもから殲滅するという非人間的な考え方。この映画では、ナチスが全員楽しみながら人殺しをしている。ここまで完全に洗脳できたとしたら、そのシステムは脅威だ。悲劇をむかえるであろう子役たちが、ものすごくかわいい。キャスティングで悲劇性を演出している。果たしてこの映画はドイツでも公開されたのだろうか?

『炎628』が制作されたのが1985年。翌年にはチェルノブイリの原発事故が起こる。1990年にはベラルーシはソ連から独立している。激動の時期にある国の映画だ。この映画がどんな状況下で制作されたのかわからないが、衝撃的な映画であることは間違いない。

関連記事

no image

なぜ日本劇場未公開?『ヒックとドラゴン2』

  とうとう日本では劇場公開はせず ビデオのみの発売となった 米ドリームワークス

記事を読む

no image

女児たちの憧れ『プリキュアシリーズ』

  この『プリキュアシリーズ』 今年は10周年との事。 ウチの幼稚園の娘も大好き

記事を読む

『ベイビー・ドライバー』 古さと新しさと遊び心

ミュージカル版アクション映画と言われた『ベイビー・ドライバー』。観た人誰もがべた褒めどころか

記事を読む

『ブリグズビー・ベア』隔離されたハッピーな夢

シニカルコメディの『ブリグズリー・ベア』。赤ん坊の頃に誘拐された青年が、25年ぶりに解放され

記事を読む

『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から8年後に製作された映画

記事を読む

『パブリック 図書館の奇跡』 それは「騒ぎを起こしている」のではなく、「声をあげている」ということ

自分は読書が好き。かつて本を読むときは、書店へ行って、平積みされている新刊や話題作の中から、

記事を読む

『ヒックとドラゴン/聖地への冒険』 変わっていく主人公

いまEテレで、テレビシリーズの『ヒックとドラゴン』が放送されている。小学生の息子が毎週それを

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』 他人の恋路になぜ厳しい?

デンマークの監督ラース・フォン・トリアーは ノルウェーでポルノの合法化の活動の際、発言して

記事を読む

no image

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

日本のテレビドラマで『結婚できない男』という名作コメディがある。仕事ができてハンサムな建築家が主人公

記事を読む

『復活の日』 日本が世界をみていたころ

コロナ禍になってから、ウィルス災害を描いた作品が注目され始めた。小松左京さん原作の映画『復活

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑