*

『ホビット』ずっと同じってのもね

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ハ行

t02200330_0640096013141843477

映画『ホビット』三部作の完結編が公開されました。

自分はこの前シリーズにあたる
『ロード・オブ・ザ・リング』が大好きで、
完結編にあたる『王の帰還』では上演3時間中、
号泣しっぱなしでした。

でもなぜかこの『ホビット』シリーズ、
まったく興味が湧かないのです。

監督もスタッフ、キャストも一緒だし、
ファンなら飛びつくのが当然と思えるのですが、
予告編観ても何も感じない。

どうやら飽きちゃったみたい。

『ホビット』シリーズは、
前シリーズを尊重するあまり、
あまりにも同じ過ぎるのかもしれません。

予告編を観ても、新作に感じない。
なんだかもう観た気になってしまう。

映像技術だって前シリーズより向上しているが、
実はそんなことはどうでもいい。

ファンタジーを観る程、
生活や心にゆとりがなくなったのも事実。

やはり同じシリーズでも、
ちょっと新しい要素がなければ、
同じ推進力ではいつまでも続かない。

来年から『スターウォーズ』の新作も出るが、
『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズみたいな
シラけたことにならないことを願うばかりです。

関連記事

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも休館となるそ

記事を読む

『ブラック・スワン』とキラーストレス

以前、子どもの幼稚園で、バレエ『白鳥の湖』を原作にしたミュージカルのだしものがあった。もちろ

記事を読む

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、 トム・クルーズ主演の 『オール・ユー・ニード・イズ・

記事を読む

『博士と彼女のセオリー』介護と育児のワンオペ地獄の恐怖

先日3月14日、スティーヴン・ホーキング博士が亡くなった。ホーキング博士といえば『ホーキング

記事を読む

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

http://shoot-heydrich.com/[/caption] チェコとイギリス、

記事を読む

『炎628』戦争映画に突き動かす動機

『炎628』は日本では珍しい旧ソビエト映画。かつて友人に勧められた作品。ヘビーな作品なので、

記事を読む

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/[/ca

記事を読む

負け戦には精神論が常『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

「欲しがりません勝つまでは」 戦後70年たった今となっては、こんな我慢ばかりを要求する言葉

記事を読む

『パイレーツ・オブ・カリビアン』映画は誰と観るか?

2017年のこの夏『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作『最後の海賊』が公開された。映画シリーズ

記事を読む

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』妄想を現実にする夢

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、女性向け官能映画として話題になった。女性誌やネ

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑