*

『ホビット』ずっと同じってのもね

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ハ行

t02200330_0640096013141843477

映画『ホビット』三部作の完結編が公開されました。

自分はこの前シリーズにあたる
『ロード・オブ・ザ・リング』が大好きで、
完結編にあたる『王の帰還』では上演3時間中、
号泣しっぱなしでした。

でもなぜかこの『ホビット』シリーズ、
まったく興味が湧かないのです。

監督もスタッフ、キャストも一緒だし、
ファンなら飛びつくのが当然と思えるのですが、
予告編観ても何も感じない。

どうやら飽きちゃったみたい。

『ホビット』シリーズは、
前シリーズを尊重するあまり、
あまりにも同じ過ぎるのかもしれません。

予告編を観ても、新作に感じない。
なんだかもう観た気になってしまう。

映像技術だって前シリーズより向上しているが、
実はそんなことはどうでもいい。

ファンタジーを観る程、
生活や心にゆとりがなくなったのも事実。

やはり同じシリーズでも、
ちょっと新しい要素がなければ、
同じ推進力ではいつまでも続かない。

来年から『スターウォーズ』の新作も出るが、
『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズみたいな
シラけたことにならないことを願うばかりです。

関連記事

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校図書室から借りてきたマンガ『光

記事を読む

『ボーダーライン』善と悪の境界線? 意図的な地味さの凄み

映画『ボーダーライン』の原題は『Sicario』。スペイン語で暗殺者の意味らしい。映画の冒頭

記事を読む

『ヒミズ』闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温監督の存在は『ぴあフィルムフェ

記事を読む

『プリズナーズ』他人の不幸は蜜の味

http://prisoners.jp/[/caption] なんだかスゴイ映画だったゾ!

記事を読む

『東のエデン』事実は小説よりも奇なりか?

『東のエデン』というテレビアニメ作品は 2009年に発表され、舞台は2011年の近未来(当

記事を読む

戦争は嫌い。でも戦争ごっこは好き!! 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』

1980年代にマンガを始めOVA、 テレビシリーズ、劇場版と メディアミックスで連続した

記事を読む

『ベルリン・天使の詩』ドイツカルチャーがカッコいい!!

昨年倒産したフランス映画社の代表的な作品。 東西の壁がまだあった頃のドイツ。ヴィム・ヴェン

記事を読む

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でリアル・タイムトラベル

なんだか今年は80年代〜90年代の人気映画のリブート作やリメイク作が目白押し。今が2015年

記事を読む

『バケモノの子』意味は自分でみつけろ!

細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』。意外だったのは上映館と上映回数の多さ。スタジオジブリ

記事を読む

『炎628』戦争映画に突き動かす動機

『炎628』は日本では珍しい旧ソビエト映画。かつて友人に勧められた作品。ヘビーな作品なので、

記事を読む

PAGE TOP ↑