*

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』集え、 哀しい目をしたオヤジたち!!

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:カ行, 映画:サ行

 

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はマーベル・ユニバースの最新作。『アベンジャーズ』のスーパーヒーローたち総出演だが、この映画はタイトル通りキャップことキャプテン・アメリカが主人公。『キャプテン・アメリカ』シリーズの三作目でもある。今回のテーマはキャップとアイアンマンの仲間割れ。自分はアイアンマンがマーベルヒーローでいちばん好きだし、この二大ヒーローの対立は大いに見ものだ。

マーベル作品数あれど、自分はキャプテン・アメリカの前作『ウィンター・ソルジャー』が、全シリーズの中でいちばんの傑作ではないかと思っている。その『ウィンソル』のアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が監督続投するとのことなので、期待しないわけにはいかない。

昨今のバトルシーンはCGで表現するのが主流だけれど、ルッソ兄弟の演出はまさに肉弾戦。CGも使っているだろうけど、基本的には肉体と肉体がぶつかる生身のアクション。どんなにスーパー能力があれど、殴られれば痛いし、ぶつかればダメージがあるはず。その痛みが伝わるからこそ、アクション場面に観客も熱が入る。ハンディカメラの手ぶれ映像は目がまわるけど緊迫感が半端ない。

今回の『シビル・ウォー』もルッソ兄弟の独壇場。集大成『アベンジャーズ』シリーズさながらマーベルヒーロー勢ぞろい。そのどのキャラクターにも印象に残る見せ場が用意されており、キャップと敵対するアイアンマン側のメンバーも含め、登場するスーパーヒーロー全員、さらにファンになってしまうくらいカッコいい! やっぱり全キャラクターに魅力を感じさせなければ、グッズの売れ行きにも影響するしね。ルッソ兄弟、さすが!

この功績あってか、次回の『アベンジャーズ』の監督にルッソ兄弟が抜擢された。自分は実はマーベル作品の中では『アベンジャーズ』シリーズがいちばん退屈だったりする。主人公が全員の群像劇なので、なんとなく散漫でノレずにいた。ルッソ兄弟の演出は、どうこのメイン作品を料理するのだろう。

自分はアクション映画が好きなくせに、アクション場面になると睡魔に襲われるという、ヘンなクセがある。CGメインの場面や、主人公は絶対死なない感がしていると、轟音やら予定調和な展開やらが、心地よく眠りに誘ってくれるのだ。『キャプテン・アメリカ』の前作『ウィンソル』と、この『シビル・ウォー』は睡魔どころか、肩が張るほどアクション場面がエキサイティングだった。

よくありがちなのは、アクション場面なら、爆発や火がでたり、建物が崩壊すればいいと勘違いしている演出家が意外と多いのではないかということ。アクション場面では、主人公がただ闘っていればいいのではなく、やはりドラマ(葛藤)がなければ、観客は感情移入できずに飽きてしまう。勢いだけあればいいというものではない。アクション場面は綿密な事前計算が必要。予算がかかった大がかりな場面が、かならずしも面白いとは限らない。低予算でも大作をしのぐ面白い作品は、制作者の工夫でいくらでも誕生している。カネをかければいいというものではない! (まあこの『シビル・ウォー』は、ビッグバジェットの大作なんだけどね。)

さて、マーベルヒーローの魅力はどこにあるかと言うと、みんな哀しい目をしたおじさんばかりが集まっていることにつきる。キャップのマスクの下から見える切ない瞳がなんともイイ。いい歳をしてアホみたいなコスプレしてても、この哀愁あってこそ大人のエンターテイメントになりうる。これは演じてるクリス・エヴァンスや、アイアンマンのロバート・ダウニーJr.の個性から自然と醸し出しているものなのだろう。スーパーヒーローだって人間なのだと思わせてくれる。

で、ここで新しい風として、10代のスパイダーマンが参戦してくる。哀愁ただよう映画が、一変してフレッシュになった! やっぱり若いってすごいパワー。スパイダーマンがとにかく明るい! この作品で初登場だった新スパイダーマンとブラックパンサーも、今後単独作が作られるらしいけど、はやく観たいって単純に思っちゃったもの!

嗚呼、どうやらこれからもまだまだマーベルに踊らされそうですわ。

関連記事

no image

子ども目線は逆境を超える『崖の上のポニョ』

  日中二歳の息子の子守りをすることになった。 『風立ちぬ』もBlu-rayに

記事を読む

『希望のかなた』すべては個々のモラルに

「ジャケ買い」ならぬ「ジャケ借り」というものもある。どんな映画かまったく知らないが、ジャケッ

記事を読む

『まだ結婚できない男』おひとりさまエンジョイライフ!

今期のテレビドラマは、10年以上前の作品の続編が多い。この『結婚できない男』や『時効警察』な

記事を読む

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には、たくさんの名作があるけれど、

記事を読む

no image

発信者がウソをついてたら?『告白』

  中島哲也監督作品、湊かなえ著原作『告白』。この映画の演出のセンスの良さにシビレま

記事を読む

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』子どもとオトナコドモ

小学二年生の息子が「キング・オブ・モンスターズが観たい」と、劇場公開時からずっと言っていた。

記事を読む

no image

『async/坂本龍一』アートもカジュアルに

  人の趣味嗜好はそうそう変わらない。 どんなに年月を経ても、若い頃に影響を受

記事を読む

no image

『ゴーストバスターズ』ファミリー向け映画求む!

ずっと頓挫し続けてた『ゴーストバスターズ』の新作が、今年の夏公開される。ものごとって決まったらはやい

記事を読む

no image

『千と千尋の神隠し』子どもが主役だけど、実は大人向け

  言わずもがなスタジオジブリの代表作。 フランスのカンヌ映画祭や アメリカのア

記事を読む

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、あの頃の小学生男子にと

記事を読む

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリ

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメン

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えているこ

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰し

→もっと見る

PAGE TOP ↑