*

『マトリックス』って続編はつまらないよね

公開日: : 最終更新日:2016/07/23 アニメ, メディア, 映画:マ行

VOvc8UpGKztTxSk_VlWUC_46

映画『マトリックス』はSFアクション映画の転機になるような作品だった。もうカッコいいという言葉がピッタリの映画。内容もビジュアルも過去のSF作品やアニメ・マンガの要素をふんだんに織り込んで、娯楽作品として充分過ぎるくらいの楽しい作品。監督のウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)はプロデューサーのジョエル・シルバーに日本のアニメ『攻殻機動隊』をみせて、「これを実写で作りたい」と企画したというのは有名な話。

本作自体も様々なSF映画の影響を受けて、その後続する映画にも多大に影響を与えた『マトリックス』。一作目が好評に終わった後、ウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)は「この作品は三部作の序章に過ぎない」と次回作を示唆した。で、二作目三作目は同時に撮影されたのだが、この続編二作がどうもよろしくない。

自分はSFは大好きなのだが、二作目にあたる『マトリックス リローデッド』があまりにつまらなくて困惑してしまった。一般公開が待ちきれず、先行ロードショーで大混雑の劇場で観たのだが、観客の多くは興奮しているようだったが、自分は退屈で帰りたくなってしまうほどだった。このつまらなさは一体どうしたものか? 多分に理屈っぽくなってしまったからだろう。SFやアニメはどうも理屈っぽいところに走ってしまいがち。良い塩梅に理屈っぽいのであれば、それは面白い要素になるのだが、理屈ばっかりだとどうしても萎えてしまう。それをまたマニアックなファンが理屈で分析し始めたら、もう逃げ出すしかなさそうだ。

もうここまで観たのだからと三作目『マトリックス レボリューションズ』も観てしまった。その頃はみんなすっかり『マトリックス』には飽きてしまったらしく、劇場もガラガラ。完結編にはアーマードロボットが出てきたのがカッコ良かったですね。パイロットはミフネ隊長。日本びいきのネーミング。
困ったのはラブシーン。恥ずかし描写が続く、それも長い!! 男と女がくっつけばラブシーンだろうという勘違い。やっぱりオタクのウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)、恋愛なんて興味ないのに、とりあえず入れてみましたって感じ。そんなんだったらこんなラブシーンいらない。

とにかくシリーズを重ねるたびスケールが小さくなっていく『マトリックス』。当初の三部作構想はハッタリだったのも分かるし、ヒットの理由はテンポのいい音楽と映像のイマジネーションで感覚的なところ。けっして理屈っぽいところではない。

『リローデッド』のとき、つまらない映画なのにみんなが興奮して大騒ぎしているのがとても心配だった。あまりに話題になっていたので、しばらく本音は言わずにいたくらい。人はブランドに弱い。『マトリックス』は一作だけの名作かもしれない。

ブランドの無いウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)の以後の作品もどれもパッとしないしね。

関連記事

『バケモノの子』意味は自分でみつけろ!

細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』。意外だったのは上映館と上映回数の多さ。スタジオジブリ

記事を読む

自分にとっても懐かしい『アオイホノオ』

自分は早寝早起き派なので 深夜12時過ぎまで起きていることは 殆どないのだけれど、 た

記事を読む

『ルパン三世(PART1)』実験精神あればこそ

MXテレビで、いちばん最初の『ルパン三世』の放送が始まった。レストアされて、ものすごい高画質

記事を読む

『シン・ゴジラ』まだ日本(映画)も捨てたもんじゃない!

from : www.oricon.co.jp/(C)2016 TOHO CO.,LTD.[/ca

記事を読む

『猿の惑星:新世紀』破滅への未来予測とユーモア

2011年から始まった『猿の惑星』のリブートシリーズ第二弾にあたる『猿の惑星:新世紀』。前作

記事を読む

『下妻物語』は日本映画の分岐点?

台風18号は茨城を始め多くの地に甚大なる被害を与えました。被害に遭われた方々には心よりお見舞

記事を読む

『君たちはどう生きるか』誇り高く生きるには

今、吉野源三郎著作の児童文学『君たちはどう生きるか』が話題になっている。 引退撤回宣言

記事を読む

見込みのある若者、後押しする大人『さよなら銀河鉄道999』

自分は若い時から年上が好きだった。もちろん軽蔑すべき人もいたけれど、自分の人生に大きく影響を

記事を読む

『ラストエンペラー』で近代史に興味がわいた

ca. 1940 --- Emperor Pu Yi (known as Henry Puyi i

記事を読む

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観たことがなかった。うちの奥さん

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑