*

『マトリックス』って続編はつまらないよね

公開日: : 最終更新日:2016/07/23 アニメ, メディア, 映画:マ行

VOvc8UpGKztTxSk_VlWUC_46

映画『マトリックス』はSFアクション映画の転機になるような作品だった。もうカッコいいという言葉がピッタリの映画。内容もビジュアルも過去のSF作品やアニメ・マンガの要素をふんだんに織り込んで、娯楽作品として充分過ぎるくらいの楽しい作品。監督のウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)はプロデューサーのジョエル・シルバーに日本のアニメ『攻殻機動隊』をみせて、「これを実写で作りたい」と企画したというのは有名な話。

本作自体も様々なSF映画の影響を受けて、その後続する映画にも多大に影響を与えた『マトリックス』。一作目が好評に終わった後、ウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)は「この作品は三部作の序章に過ぎない」と次回作を示唆した。で、二作目三作目は同時に撮影されたのだが、この続編二作がどうもよろしくない。

自分はSFは大好きなのだが、二作目にあたる『マトリックス リローデッド』があまりにつまらなくて困惑してしまった。一般公開が待ちきれず、先行ロードショーで大混雑の劇場で観たのだが、観客の多くは興奮しているようだったが、自分は退屈で帰りたくなってしまうほどだった。このつまらなさは一体どうしたものか? 多分に理屈っぽくなってしまったからだろう。SFやアニメはどうも理屈っぽいところに走ってしまいがち。良い塩梅に理屈っぽいのであれば、それは面白い要素になるのだが、理屈ばっかりだとどうしても萎えてしまう。それをまたマニアックなファンが理屈で分析し始めたら、もう逃げ出すしかなさそうだ。

もうここまで観たのだからと三作目『マトリックス レボリューションズ』も観てしまった。その頃はみんなすっかり『マトリックス』には飽きてしまったらしく、劇場もガラガラ。完結編にはアーマードロボットが出てきたのがカッコ良かったですね。パイロットはミフネ隊長。日本びいきのネーミング。
困ったのはラブシーン。恥ずかし描写が続く、それも長い!! 男と女がくっつけばラブシーンだろうという勘違い。やっぱりオタクのウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)、恋愛なんて興味ないのに、とりあえず入れてみましたって感じ。そんなんだったらこんなラブシーンいらない。

とにかくシリーズを重ねるたびスケールが小さくなっていく『マトリックス』。当初の三部作構想はハッタリだったのも分かるし、ヒットの理由はテンポのいい音楽と映像のイマジネーションで感覚的なところ。けっして理屈っぽいところではない。

『リローデッド』のとき、つまらない映画なのにみんなが興奮して大騒ぎしているのがとても心配だった。あまりに話題になっていたので、しばらく本音は言わずにいたくらい。人はブランドに弱い。『マトリックス』は一作だけの名作かもしれない。

ブランドの無いウォシャウスキー兄弟(現・姉弟)の以後の作品もどれもパッとしないしね。

関連記事

映画化までの長い道のり『のぼうの城』

鳥取市のマスコットキャラクター 『かつ江(渇え)さん』が批判を受けて非公開になった。

記事を読む

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも休館となるそ

記事を読む

『モモ』知恵の力はディストピアも越えていく

https://ja.wikipedia.org[/caption] ドイツの児童作家ミヒャ

記事を読む

トップアイドルだからこそこの生活感!!『もらとりあむタマ子』

ダメ男というのは笑えるが、ダメ女というのはなかなか笑えない。それは世間一般の潜在意識の中に「

記事を読む

子どもが怖がる『クレヨンしんちゃん』

かつて『クレヨンしんちゃん』は 子どもにみせたくないアニメワースト1でした。 とにか

記事を読む

ブライト・ノアにみる大人のあり方『機動戦士ガンダム』

『機動戦士ガンダム』は派生作品があまりに多過ぎて、 TSUTAYAでは1コーナー出来てしま

記事を読む

『デッドプール』映画に飽きた映画好きのためのスパイス的映画

http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/[/caption]

記事を読む

『グラン・ブルー』作品評価はあとからジワジワ

スカーレット・ヨハンソン主演で リュック・ベッソン監督の最新作『LUCY』。 ベッソン映

記事を読む

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=

記事を読む

『団地ともお』で戦争を考える

小さなウチの子ども達も大好きな『団地ともお』。夏休み真っ最中の8月14日にNHKで放送されて

記事を読む

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/ne

『THIS IS US』人生の問題は万国共通

http://video.foxjapan.com/tv/this-

『生きる』立派な人は経済の場では探せない

黒澤明監督の代表作『生きる』。黒澤作品といえば、時代劇アクショ

『ヒミズ』闇のスパイラルは想像力で打開せよ!

園子温監督作品の評判は、どこへ行っても聞かされる。自分も園子温

→もっと見る

PAGE TOP ↑