*

『ラストサムライ』渡辺謙の作品選び

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:ラ行

 

トム・クルーズ主演の日本を舞台にした時代物ハリウッド映画『ラストサムライ』。渡辺謙さんのハリウッド出世作でもあります。渡辺謙さんが演じるのは西郷隆盛をモデルにした幕末の武士。日本の風景や文化がこれでもかと美化されて描かれています。もうこれは史実に基づいているとかは論外で、ひとつのファンタジーとして捉えていいだろう。むしろこんなにカッコよく日本を世界に紹介してくれてありがとう、といった感じ。

ここでの日本は、自分たちが思っている日本とは別物だが、トム・クルーズ演じるアメリカの軍人が日本に渡ってくるという視点で描かれているので、不思議の国のアリスの如く、日本人だからといった違和感はあまり感じずに観れる工夫がなされている。

最近でもトニー賞にノミネートされた渡辺謙さん。『王様と私』だったので、確かにユル・ブリンナーの面影はあるなと関心。もう日本出身の俳優とかいう立ち位置ではなく、ハリウッドスターのケン・ワタナベとしてそこにいる。ハリウッドでチャンスをつかむ日本の役者さんは多いけれど、渡辺謙さんのように後の作品も話題作に恵まれる役者さんは少ない。相当作品選びの審美眼が肥えているし、慎重なのだろう。思えば渡辺謙さんは一時期白血病を患って、再起も危ぶまれたことがある。復活してどんどん躍進していく姿は、まだやるべきことがこの世にあるといった使命に導かれているようだ。

そして渡辺謙さん自身もハリウッド俳優らしく、政治的発言もきちっと発信していく。成功者はその役目があると、社会貢献活動するのは、ハリウッドセレブの特徴。日本を始めアジアの成功者は、どうしても自分の至福を肥やすことばかりに専念していてダサい。渡辺謙さんは見事にハリウッドセレブのスピリットで進んでいる。なんてカッコいいのだろう!

彼が関わった作品も王道のエンターテイメントでありながら、社会風刺を孕んでいる作品が多い。『ダークナイト』シリーズは9.11のテロ、『ゴジラ(2014)』は原発事故。声高に社会批判をテーマにしている作品でないところもいい塩梅。

『ラストサムライ』のラスト、中村七之助さんが演じる明治天皇が、トム・クルーズ演じる主人公オルグレンに、渡辺謙さん演じる勝元の最期はどのようなだったかと尋ねる場面がある。オルグレンは答えます「どのような最期だったかの話より、どのように生きたかの話をしましょう」。

日々の生活に追われていると、とかく自分は生きているという実感を忘れがちです。長寿することばかりが決していいことではない。自分自身が恥ずかしいと思わない人生を送ることがいかに大切か、棺桶に片足突っ込んだ時に後悔しない生き方を考える必要はありますね。

関連記事

no image

『リメンバー・ミー』生と死よりも大事なこと

春休み、ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』が日本で劇場公開された。本国アメリカ公開から半年遅れだ。

記事を読む

no image

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

  自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余

記事を読む

no image

ハリウッド映画風日本映画『るろうに剣心 京都大火編』

  今話題で好評の 実写版『るろうに剣心』第2弾『京都大火編』。 本作公開後

記事を読む

no image

愛すべき頑固ジジイ『ロボジー』

  2015年のゴールデンウィーク映画で『龍三と7人の子分たち』という映画があって、

記事を読む

no image

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。ホドロフスキーと言えば、70年

記事を読む

no image

『るろうに剣心』マンガ原作というより、大河ドラマの続編

  自分は実は『るろうに剣心』の マンガもアニメも未見。 でもこの映画を観たいと

記事を読む

『レゴバットマン/ザ・ムービー』男のロマンという喜劇

映画『レゴバットマン』が面白いという噂はずっと聞いていた。でもやっぱり子ども向けなので後回し

記事を読む

no image

『レザボア・ドッグス』チャンスをつかむには、せっかちさんの方がいい

  新作準備の『ザ・ヘイトフル・エイト』 の脚本流出で制作中止を発表し、 先日そ

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高けれ

記事を読む

no image

『ラ・ラ・ランド』夢をみること、叶えること

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の評判は昨年末から日本にも届いていた。たまたま自分は日本公開初日の

記事を読む

『好きにならずにいられない』自己演出の必要性

日本では珍しいアイスランド映画『好きにならずにいられない』。エ

『ミッドナイト・イン・パリ』隣の芝生、やっぱり気になる?

ウッディ・アレン監督が2011年に発表した『ミッドナイト・イン

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

→もっと見る

PAGE TOP ↑