*

『ラストサムライ』渡辺謙の作品選び

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ラ行

003TLS_Tom_Cruise_189

トム・クルーズ主演の日本を舞台にした時代物ハリウッド映画『ラストサムライ』。渡辺謙さんのハリウッド出世作でもあります。渡辺謙さんが演じるのは西郷隆盛をモデルにした幕末の武士。日本の風景や文化がこれでもかと美化されて描かれています。もうこれは史実に基づいているとかは論外で、ひとつのファンタジーとして捉えていいだろう。むしろこんなにカッコよく日本を世界に紹介してくれてありがとう、といった感じ。

ここでの日本は、自分たちが思っている日本とは別物だが、トム・クルーズ演じるアメリカの軍人が日本に渡ってくるという視点で描かれているので、不思議の国のアリスの如く、日本人だからといった違和感はあまり感じずに観れる工夫がなされている。

最近でもトニー賞にノミネートされた渡辺謙さん。『王様と私』だったので、確かにユル・ブリンナーの面影はあるなと関心。もう日本出身の俳優とかいう立ち位置ではなく、ハリウッドスターのケン・ワタナベとしてそこにいる。ハリウッドでチャンスをつかむ日本の役者さんは多いけれど、渡辺謙さんのように後の作品も話題作に恵まれる役者さんは少ない。相当作品選びの審美眼が肥えているし、慎重なのだろう。思えば渡辺謙さんは一時期白血病を患って、再起も危ぶまれたことがある。復活してどんどん躍進していく姿は、まだやるべきことがこの世にあるといった使命に導かれているようだ。

そして渡辺謙さん自身もハリウッド俳優らしく、政治的発言もきちっと発信していく。成功者はその役目があると、社会貢献活動するのは、ハリウッドセレブの特徴。日本を始めアジアの成功者は、どうしても自分の至福を肥やすことばかりに専念していてダサい。渡辺謙さんは見事にハリウッドセレブのスピリットで進んでいる。なんてカッコいいのだろう!

彼が関わった作品も王道のエンターテイメントでありながら、社会風刺を孕んでいる作品が多い。『ダークナイト』シリーズは9.11のテロ、『ゴジラ(2014)』は原発事故。声高に社会批判をテーマにしている作品でないところもいい塩梅。

『ラストサムライ』のラスト、中村七之助さんが演じる明治天皇が、トム・クルーズ演じる主人公オルグレンに、渡辺謙さん演じる勝元の最期はどのようなだったかと尋ねる場面がある。オルグレンは答えます「どのような最期だったかの話より、どのように生きたかの話をしましょう」。

日々の生活に追われていると、とかく自分は生きているという実感を忘れがちです。長寿することばかりが決していいことではない。自分自身が恥ずかしいと思わない人生を送ることがいかに大切か、棺桶に片足突っ込んだ時に後悔しない生き方を考える必要はありますね。

関連記事

『るろうに剣心』マンガ原作というより、大河ドラマの続編

自分は実は『るろうに剣心』の マンガもアニメも未見。 でもこの映画を観たいと思った。

記事を読む

『Love Letter』から日本映画が泥臭くなくなった?

岩井俊二監督の『Love Letter』。 この映画をリアルタイムで観たときに 「やられ

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/caption] 坂本龍

記事を読む

『レザボア・ドッグス』チャンスをつかむには、せっかちさんの方がいい

新作準備の『ザ・ヘイトフル・エイト』 の脚本流出で制作中止を発表し、 先日それを撤回した

記事を読む

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

http://www.uplink.co.jp/dance/[/caption] アレハンド

記事を読む

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.[/capt

記事を読む

『RAW 少女のめざめ』それは有害か無害か? 抑圧の行方

http://raw-movie.jp/[/caption] 映画鑑賞中に失神者がでたと、煽

記事を読む

『ルパン三世 カリオストロの城』これって番外編だよね?

『ルパン三世』が30年ぶりに テレビシリーズになるとのことで。 数年前からイタリアの

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/[/caption

記事を読む

部外者が描いたからこそ作品になれた『リトル・ブッダ』

4月8日は花祭りの日。 ブッダが生まれた日としてお祝いする日だそうで。 映画『リトル

記事を読む

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ネタバレは国家を揺るがす

https://marvel.disney.co.jp/movie/

『ボヘミアン・ラプソディ』共感性と流行と

昨年はロックバンド・クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ

『ルパン三世 ルパンvs複製人間』カワイイものは好きですか?

先日『ルパン三世』の原作者であるモンキー・パンチさんが亡くなら

『未来を花束にして』勝ち得たものの代償

イギリス映画の『未来を花束にして』。100年前のロンドンを舞台

『ブリグズビー・ベア』隔離されたハッピーな夢

http://www.brigsbybear.jp/[/captio

→もっと見る

PAGE TOP ↑