*

ハリウッド映画風日本映画『るろうに剣心 京都大火編』

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:ラ行,

 

今話題で好評の
実写版『るろうに剣心』第2弾『京都大火編』。

本作公開後一ヶ月で第3弾にあたる
『伝説の最期編』も公開されたこともあって、
大急ぎで観に行きました。

ワーナーブラザーズ映画社制作もあり、
アジアを中心とした世界配給から、
全編ハリウッドのアクション映画の手法が
ふんだんに取り込まれている。
和製『パイレーツ・オブ・カリビアン』
といってもいい展開だろうか。

アクションシーンがとにかく素晴らしく、
役者さん達の身体能力の高さもさながら、
撮影・編集が本当にアクションシーンを
盛り上げる為に計算され尽くされています。

昨今の日本映画の流行でもある
マンガ・アニメ原作の実写化作品で、
珍しく面白い作品に仕上がっています。

自分はマンガやアニメの
『るろうに剣心』は観ておりません。
こういった「にわかいちげんさん」の
自分ですら興味を惹かせ、夢中にさせるというのは、
良い意味で原作を越えているのでしょう。

実は自分は原作が連載されていた
『少年ジャンプ』のマンガが苦手なのです。

確かに面白い作品が多いのですが、
評判がいいと、延長延長で、
作者の当初の構想を明らかに無視して
物語が継続されているのがわかるので、
大抵途中で挫折してしまいます。

アニメ化された作品はもってのほかで、
原作連載にアニメ放送が追いつきそうになると、
ストーリーが進まずに、
時間稼ぎの間延びした展開になって行くので、
つき合っていられません。

商業作品というものは、
エピソードをふんだんに詰め込んでいって
はじめて物語として成立して行くのです。
そういったドラマツルギーの基本から
ズレて行く作品というのは
観ていて気持ちの良いものではありません。

あと『ジャンプ』にありがちなのは、
登場人物が「全員男」ということです。

確かに女性キャラクターもいるのですが、
容姿が女性なだけで中身は男のような気がします。
だから同じ志を持って集まった男女にも関わらず、
恋愛関係にもならないし、結婚もしない。
(逆に恋愛妄想ばかりの作品もありますが)

恋愛対象ではなく「仲間」なのである。
ざっくりしすぎ。
女性としてのアイデンティティーが無視され続ける。
なんともマッチョな体育会系人間関係。
ちょっと乱暴に感じてしまうんですね。

この映画では主人公剣心とヒロイン薫との関係が、
ラブシーンを一切描かずに表現できている。
お互いがお互いを尊重し、伴侶として必要としている。
それは画面を通して観客に伝わればよい。
人間関係を省略しながら、さらりと描いている。

恋愛感情もなく、男女が共に行動する方が不自然。
メインはアクションなので、
程よく踏み込みすぎずに描かれていると感じました。

しかし思うのは、いつの世も、
とんでもないサイコパスな人間が
力を持ってしまうということ。

末端の人間は軽く切り捨てられ、
苦悩に満ちた世界になってしまうのだな~と。
現在では直接的な殺傷ごとにはならずとも、
世の中、視点をずらせばどこもかしこもきな臭い。
怖いな~と、この映画を観ながら、
つくづく感じておりました。

これはきっと制作者の意図や観客の視点には
まったく関係のないことなんでしょうけれどね。

関連記事

no image

『レザボア・ドッグス』チャンスをつかむには、せっかちさんの方がいい

  新作準備の『ザ・ヘイトフル・エイト』 の脚本流出で制作中止を発表し、 先日そ

記事を読む

no image

ある意味アグレッシブな子ども向け映画『河童のクゥと夏休み』

  アニメ映画『河童のクゥと夏休み』。 良い意味でクレイジーな子ども向けアニメ映画

記事を読む

no image

『ラ・ラ・ランド』夢をみること、叶えること

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の評判は昨年末から日本にも届いていた。たまたま自分は日本公開初日の

記事を読む

no image

『東のエデン』事実は小説よりも奇なりか?

  『東のエデン』というテレビアニメ作品は 2009年に発表され、舞台は2011年

記事を読む

no image

『ディファイアンス』他力本願ならカタルシス

  事実は小説よりも奇なり。 第二次大戦中のナチスドイツのユダヤ人迫害を描いた

記事を読む

no image

『ズートピア』理不尽な社会をすり抜ける術

ずっと観たかったディズニー映画『ズートピア』をやっと観ることができた。公開当時から本当にあちこちから

記事を読む

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリウッドで製作された実写映画『名

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』 映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんがいる方から、いま子どもたちの間

記事を読む

『SLAM DUNK』クリエイターもケンカに強くないと

うちの子どもたちがバスケットボールを始めた。自分はバスケ未経験なので、すっかり親のスキルを超

記事を読む

『君の名前で僕を呼んで』 知性はやさしさにあらわれる

SF超大作『DUNE』の公開も間近なティモシー・シャラメの出世作『君の名前で僕を呼んで』。イ

記事を読む

『君の名前で僕を呼んで』 知性はやさしさにあらわれる

SF超大作『DUNE』の公開も間近なティモシー・シャラメの出世

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 変遷するヒーロー像

コロナ禍の影響で、劇場公開の延期を何度も重ね、当初の公開日から

『アンという名の少女』 戦慄の赤毛のアン

NetflixとカナダCBCで制作されたドラマシリーズ『アンと

『MINAMATA ミナマタ』 柔らかな正義

アメリカとイギリスの合作映画『MINAMATA』が日本で公開さ

『ワンダーウーマン1984』 あの時代を知っている

ガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督のコンビでシリーズ

→もっと見る

PAGE TOP ↑