*

『七人の侍』 最後に勝つのは世論

公開日: : 最終更新日:2021/05/30 映画:サ行

去る9月6日は黒澤明監督の命日ということで。

映画『七人の侍』を観たのは自分が10代の頃。銀座のみゆき座(だったかな?)でリマスター版をリバイバル公開したときだったと思う。もう名作と言われ尽くされていたので、一般常識として観ておかなくてはいけないな〜という気分だった。劇場には自分のような初見の若者や、もう熱狂的な古くからのファンなどさまざま。きっとこの映画の大ファンであろうお父さんが、小学生の息子を連れ、一生懸命パンフレットをみながらアツく説明してる。場内は新参者もオールドファンも期待でムンムンしていた。

この映画は言わずもがな世界的な名作だが、ここにはただの娯楽作品だけではなく、さまざま風刺などの要素もたくさん込められている。黒澤明監督は、実は自分の理想とする映画は生涯あまり撮ることができなかった。いまでこそ「日本が世界に誇る名監督」なのだろうが、晩年は国内で映画をどこも出資してくれず、海外の資本で作品を作っている。日本が舞台で日本語で作られているのに、フランス映画だったりアメリカ映画だったりするのだ。それほど日本は芸術に無関心なのだ。

黒澤明監督はこの映画に出てくる侍と一緒だ。矢面で命がけで闘っている。日本人のほとんどが、野武士の襲来に怯える村人にあたる。善良な大人しい農民の村人達。野武士が来たら「たすけてください」と下手に出て、かわいそうな被害者になる。自分はまじめにやっております、どうか理不尽なことはしないでください。誰もが同情する。

三船敏郎さんが演じる菊千代が言う。「農民は貧乏なようでいてしたたかに床下にカネをためている。そのカネで俺たち用心棒を雇うことができるんだ」。農民とは世論。被害者のようでいて、実は高みの見物をしているしたたかさがある。七人の侍は命をかけてその農民たちのために闘って、仲間をなくしながらも野武士に勝利する。農民達は喝采の祭りを始め、生き残った侍達は村をでていく。お役目ご苦労様でした。志村喬さん演じる侍のリーダー・島田勘兵衛の言葉で映画は幕を閉じます。「勝ったのは我々ではない。彼ら農民達だ」。

この映画は勧善懲悪でありながら、やるせない印象を残します。黒澤監督は農民のしたたかなズルさを知っています。侍のように命がけで働いてくれる人を、調子のいい時はどんどん祭り上げて矢面に立たせるけれど、ひとたび落ち目になったりお役御免になったら「それみたことか」とポイッと捨ててしまう。あたかも以前持ち上げていたことなんて忘れてしまったかのように。

そんな被害者ぶりながら床下にカネを隠してる農民に敗北を感じながらも、黒澤明は生涯、侍であることは変わりませんでした。したたかに農民として生きていた方が、安全でそこそこ幸せな人生は送れることだろう。バカなヤツは損をする。それでもバカをやっていなければ生きている意味がない。そしてやっぱり命懸けでバカをやっている人に憧れを感じるてしまうのです。

はたしてどの生き方が自分に合っているのか、もう一度見返ってみたいと思ってしまいます。

関連記事

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には、たくさんの名作があるけれど、

記事を読む

no image

『スノーマン』ファンタジーは死の匂いと共に

4歳になる息子が観たいと選んだのが、レイモンド・ブリッグスの絵本が原作の短編アニメーション『スノーマ

記事を読む

no image

日本も開けてきた?『終戦のエンペラー』

  映画『終戦のエンペラー』を観た。 映画自体の出来映えはともかく、 こうい

記事を読む

no image

『スターウォーズ』は世代を超えて

  今年は『スターウォーズ』の 新シリーズがスタートする。 ディズニーによるルー

記事を読む

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる。Netflix独占で新シーズ

記事を読む

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』 たどりつけばフェミニズム

先日、日本の政治家が、国際的な会見で女性蔑視的な発言をした。その政治家は以前からも同じような

記事を読む

『Shall we ダンス?』 まじめなだけじゃダメですか?

1996年の周防正行監督の名作コメディ『Shall we ダンス?』。これなら子どもたちとも

記事を読む

『シン・ゴジラ』まだ日本(映画)も捨てたもんじゃない!

映画公開前、ほとんどの人がこの映画『シン・ゴジラ』に興味がわかなかったはず。かく言う自分もこ

記事を読む

no image

『ズートピア』理不尽な社会をすり抜ける術

ずっと観たかったディズニー映画『ズートピア』をやっと観ることができた。公開当時から本当にあちこちから

記事を読む

no image

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

『スターウォーズ』の実写初のスピンオフ作品『ローグ・ワン』。自分は『スターウォーズ』の大ファンだけど

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑