*

『時をかける少女』フリーになって頭角を現した細田守監督

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:タ行,

 

『時をかける少女』というと、自分の世代では
大林宣彦監督・原田知世主演の角川映画を思い出す。
なぜ今更リメイク? しかもアニメで?と正直思った。

このアニメは筒井康隆氏の原作とは離れ、
オリジナルのストーリーとなっている。
タイムループものは名作が多く、本作も然り。

当初は単館公開だったのが、
評判により全国公開へと拡大。

アニメは所詮男目線でつくられている。
本作も同じく、最初は男性アニメファンが騒ぎだし、
ネットの口コミで話題となっていった。

監督は細田守氏。
いまポストジブリの次代のアニメ界の
代表的な監督さんとなりました。

そもそも『ハウルの動く城』の監督をする予定だった。
それが頓挫して本作の監督として抜擢される。

かつて細野監督は大手アニメ会社の社員さん。
当時も監督として活躍はしていたものの、
やはりフリーになってから、
細田守監督という、個人の名前で作品が有名になっていく。

アニメをつくっている会社とて普通の会社。
クリエイティブには制限がある。

30分の連続アニメだと、制作費の都合もあり、
1本の作品に使える絵の枚数は限定されています。

制作費が低い場合、アニメーションにも関わらず
絵が動かせないなんてことは多々。

少ない枚数で時間を稼ぐと言う意味で、
日本のアニメは台詞劇がメインになったとも言える。

ここで嘘かホントかわからないけど、聞いた話。

ある大抜擢された新人監督が、
面白いものをつくりたい一心で、
規定の枚数オーバーしてつくったところ、
確かに面白い作品が出来たのですが、
完成後翌日、その新人監督のデスクが
撤去されていたとのこと。

会社のルールに従えない人物とみなされる。
それは会社員なのだから仕方ない。

細田守監督にそんなしがらみが
あったかどうかは知らないが、
会社から離れたことによって
はじめて頭角を現した監督さんでしょう。

組織にいる事のメリットとデメリット。
これからの働き方のいちサンプルとして
とらえていい事例でしょうね。

フリーで働くというのも、安易な道ではありません。
細田監督も『ハウル』の失敗あっての現在です。

名監督が誕生した道のりは、
シンデレラストーリーとはほど遠い、
地道な道のりだったと想像できます。

関連記事

no image

『野火』人が人でなくなるところ

塚本晋也監督の『野火』。自分の周りではとても評判が良く、自分も観たいと思いながらなかなか観れずにいた

記事を読む

『カラマーゾフの兄弟(1969年)』 みんな変でみんないい

いまTBSで放送中の連続ドラマ『俺の家の話』の元ネタが、ドストエフスキーの小説『カラマーゾフ

記事を読む

no image

『東京ディズニーランド』お客様第一主義の行方

  自分はディズニーランドは大好きです。 子どもたちも喜ぶし、 自分も子どもみた

記事を読む

no image

『デッドプール』映画に飽きた映画好きのためのスパイス的映画

映画『デッドプール』は、劇場公開時に見逃してからずっと観たかった映画。小さな子どもがいる我が家では、

記事を読む

no image

宿命も、運命も、優しく包み込む『夕凪の街 桜の国』

  広島の原爆がテーマのマンガ。 こうの史代氏著『夕凪の街 桜の国』。 戦争

記事を読む

no image

イヤなヤツなのに魅力的『苦役列車』

  西村堅太氏の芥川賞受賞作『苦役列車』の映画化。 原作は私小説。 日本の人

記事を読む

no image

『猿の惑星:聖戦記』SF映画というより戦争映画のパッチワーク

地味に展開しているリブート版『猿の惑星』。『猿の惑星:聖戦記』はそのシリーズ完結編で、オリジナル第1

記事を読む

no image

大人になれない中年男のメタファー『テッド』

  大ヒットした喋るテディベアが主人公の映画『テッド』。 熊のぬいぐるみとマーク・

記事を読む

no image

『すーちゃん』女性の社会進出、それは良かったのだけれど……。

  益田ミリさん作の4コママンガ 『すーちゃん』シリーズ。 益田ミリさんとも

記事を読む

『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の番宣での

記事を読む

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人か

→もっと見る

PAGE TOP ↑