*

『時をかける少女』フリーになって頭角を現した細田守監督

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:タ行,

 

『時をかける少女』というと、自分の世代では
大林宣彦監督・原田知世主演の角川映画を思い出す。
なぜ今更リメイク? しかもアニメで?と正直思った。

このアニメは筒井康隆氏の原作とは離れ、
オリジナルのストーリーとなっている。
タイムループものは名作が多く、本作も然り。

当初は単館公開だったのが、
評判により全国公開へと拡大。

アニメは所詮男目線でつくられている。
本作も同じく、最初は男性アニメファンが騒ぎだし、
ネットの口コミで話題となっていった。

監督は細田守氏。
いまポストジブリの次代のアニメ界の
代表的な監督さんとなりました。

そもそも『ハウルの動く城』の監督をする予定だった。
それが頓挫して本作の監督として抜擢される。

かつて細野監督は大手アニメ会社の社員さん。
当時も監督として活躍はしていたものの、
やはりフリーになってから、
細田守監督という、個人の名前で作品が有名になっていく。

アニメをつくっている会社とて普通の会社。
クリエイティブには制限がある。

30分の連続アニメだと、制作費の都合もあり、
1本の作品に使える絵の枚数は限定されています。

制作費が低い場合、アニメーションにも関わらず
絵が動かせないなんてことは多々。

少ない枚数で時間を稼ぐと言う意味で、
日本のアニメは台詞劇がメインになったとも言える。

ここで嘘かホントかわからないけど、聞いた話。

ある大抜擢された新人監督が、
面白いものをつくりたい一心で、
規定の枚数オーバーしてつくったところ、
確かに面白い作品が出来たのですが、
完成後翌日、その新人監督のデスクが
撤去されていたとのこと。

会社のルールに従えない人物とみなされる。
それは会社員なのだから仕方ない。

細田守監督にそんなしがらみが
あったかどうかは知らないが、
会社から離れたことによって
はじめて頭角を現した監督さんでしょう。

組織にいる事のメリットとデメリット。
これからの働き方のいちサンプルとして
とらえていい事例でしょうね。

フリーで働くというのも、安易な道ではありません。
細田監督も『ハウル』の失敗あっての現在です。

名監督が誕生した道のりは、
シンデレラストーリーとはほど遠い、
地道な道のりだったと想像できます。

関連記事

no image

岡本太郎の四半世紀前の言葉、現在の予言書『自分の中に毒を持て』

  ずっと以前から人に勧められて 先延ばしにしていた本書をやっと読めました。

記事を読む

no image

『メアリと魔女の花』制御できない力なんていらない

スタジオジブリのスタッフが独立して立ち上げたスタジオポノックの第一弾作品『メアリと魔女の花』。先に鑑

記事を読む

no image

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

  賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ド

記事を読む

no image

自分にとっても懐かしい『アオイホノオ』

  自分は早寝早起き派なので 深夜12時過ぎまで起きていることは 殆どないのだけ

記事を読む

no image

『WOOD JOB!』そして人生は続いていく

  矢口史靖監督といえば、『ウォーターボーイズ』のような部活ものの作品や、『ハッピー

記事を読む

no image

『ワールド・ウォーZ』ゾンビものとディザスターもののイノベーション

  ブラッド・ピットが自ら製作も手がけた 映画『ワールド・ウォーZ』。 ゾン

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんがいる方から、いま子どもたちの間

記事を読む

no image

『オデッセイ』ラフ & タフ。己が動けば世界も動く⁉︎

2016年も押し詰まってきた。今年は世界で予想外のビックリがたくさんあった。イギリスのEU離脱や、ア

記事を読む

no image

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』 若手女流監督が人生の機微で原作を補完

  言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太

記事を読む

no image

25年経っても未だ続く『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

  何でも今年は『攻殻機動隊』の25周年記念だそうです。 この1995年発表の

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんが

『パラサイト 半地下の家族』国境を越えた多様性韓流エンタメ

ここのところの韓流エンターテイメントのパワーがすごい。音楽では

『ターミネーター/ニュー・フェイト』老人も闘わなければならない時代

『ターミネーター』シリーズ最新作の『ニュー・フェイト』。なんで

『家族を想うとき』頑張り屋につけ込む罠

  引退宣言をすっかり撤回して、新作をつくり続

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

→もっと見る

PAGE TOP ↑