*

『時をかける少女』フリーになって頭角を現した細田守監督

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:タ行,

 

『時をかける少女』というと、自分の世代では
大林宣彦監督・原田知世主演の角川映画を思い出す。
なぜ今更リメイク? しかもアニメで?と正直思った。

このアニメは筒井康隆氏の原作とは離れ、
オリジナルのストーリーとなっている。
タイムループものは名作が多く、本作も然り。

当初は単館公開だったのが、
評判により全国公開へと拡大。

アニメは所詮男目線でつくられている。
本作も同じく、最初は男性アニメファンが騒ぎだし、
ネットの口コミで話題となっていった。

監督は細田守氏。
いまポストジブリの次代のアニメ界の
代表的な監督さんとなりました。

そもそも『ハウルの動く城』の監督をする予定だった。
それが頓挫して本作の監督として抜擢される。

かつて細野監督は大手アニメ会社の社員さん。
当時も監督として活躍はしていたものの、
やはりフリーになってから、
細田守監督という、個人の名前で作品が有名になっていく。

アニメをつくっている会社とて普通の会社。
クリエイティブには制限がある。

30分の連続アニメだと、制作費の都合もあり、
1本の作品に使える絵の枚数は限定されています。

制作費が低い場合、アニメーションにも関わらず
絵が動かせないなんてことは多々。

少ない枚数で時間を稼ぐと言う意味で、
日本のアニメは台詞劇がメインになったとも言える。

ここで嘘かホントかわからないけど、聞いた話。

ある大抜擢された新人監督が、
面白いものをつくりたい一心で、
規定の枚数オーバーしてつくったところ、
確かに面白い作品が出来たのですが、
完成後翌日、その新人監督のデスクが
撤去されていたとのこと。

会社のルールに従えない人物とみなされる。
それは会社員なのだから仕方ない。

細田守監督にそんなしがらみが
あったかどうかは知らないが、
会社から離れたことによって
はじめて頭角を現した監督さんでしょう。

組織にいる事のメリットとデメリット。
これからの働き方のいちサンプルとして
とらえていい事例でしょうね。

フリーで働くというのも、安易な道ではありません。
細田監督も『ハウル』の失敗あっての現在です。

名監督が誕生した道のりは、
シンデレラストーリーとはほど遠い、
地道な道のりだったと想像できます。

関連記事

no image

『精霊の守り人』メディアが混ざり合う未来

  『NHK放送90年 大河ファンタジー』と冠がついたドラマ『精霊の守り人』。原作は

記事を読む

no image

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』妄想を現実にする夢

  映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、女性向け官能映画として話題になった

記事を読む

no image

『虹色のトロツキー』男社会だと戦が始まる

  アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』を観た後、作者安彦良和氏の作品

記事を読む

no image

『ファイト・クラブ』とミニマリスト

最近はやりのミニマリスト。自分の持ちものはできる限り最小限にして、部屋も殺風景。でも数少ない持ちもの

記事を読む

no image

『ツイン・ピークス』ってなんだったの?

  アメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』が 25年ぶりに続編がつくられるそう

記事を読む

no image

日本アニメを世界的評価に繋げた『AKIRA』

  日本のアニメが凄いと世界に知らしめた エポックメーキング的作品『AKIRA』。

記事を読む

no image

『境界のRINNE』やっぱり昔の漫画家はていねい

  ウチでは小さな子がいるので Eテレがかかっていることが多い。 でも土日の夕方

記事を読む

no image

『台風クラブ』制服に封じ込まれたもの

このたびの台風により、被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。 台風18号が東日本に

記事を読む

no image

王道、いや黄金の道『荒木飛呂彦の漫画術』

  荒木飛呂彦さんと言えば『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの漫画家さん。自分は少年ジ

記事を読む

no image

女子が怒りだす草食系男子映画『イノセンス』

  押井守監督のアニメーション映画。 今も尚シリーズが続く『攻殻機動隊』の 続編

記事を読む

no image
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』子どもとオトナコドモ

小学二年生の息子が「キング・オブ・モンスターズが観たい」と、劇場公開時

no image
『しあわせはどこにある』おじさんが旅に出る理由

サイモン・ペッグが観たい! ハリウッドのヒットメーカーであるJ.J.

no image
『スター・ウォーズ/スカイ・ウォーカーの夜明け』映画の終焉と未来

『スターウォーズ』が終わってしまった! シリーズ第1作が公開され

no image
『スカーレット』慣例をくつがえす慣例

NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』がめちゃくちゃおもしろい!

no image
『スター・ウォーズ・アイデンティティーズ』パートナーがいることの失敗

寺田倉庫で開催されている『スターウォーズ・アイデンティティーズ・ザ・エ

→もっと見る

PAGE TOP ↑