*

『miwa』世代を越えても響くもの

公開日: : メディア, 音楽

http://ticketcamp.net/live-blog/miwa-lyrics/

http://ticketcamp.net/live-blog/miwa-lyrics/

ソニービルで開催されている『サウンド・プラネタリウム』というイベントに行きました。プラネタリウムが映写された空間で、ハイレゾ音源の音楽を聴くという、とてもぜいたくな催しです。ナビゲーターは10代を中心に人気があるシンガーソングライターのmiwaさん。自身の曲もプログラムのトリでかかる。なんとそのmiwaさんの曲に、予想外にも自分は感動してしまった。miwaさんのような若い子向けの音楽に、40代の自分が心動かされるとはなんということか! 他にもマイケル・ジャクソンの『I just can’t stop loving you』とかもかかっていたにもかかわらず、miwaさんの曲がいちばんグッときた。

曲名は『希望の環(WA)』。彼女のアルバム『ONENESS』収録曲とのこと。ウィキってみると、東北復興のイベント用書き下ろし曲で、東北の中高生からmiwaさんにオファーがきて、ディスカッションしながらつくって、みんなで歌ったとか。確かにこの曲の大団円でコーラスが入るところが、突き抜けた気持ちよさがある。

これはこの曲に関わる中高生たちの想いがそのまま音になったのだろう。たとえば同じ曲をプロに歌ってもらったとして、それが技術は上であっても、きっとこのパワーは伝わらないのでしょう。東北の震災で傷ついた子供たちが、大好きなmiwaさんと一緒に曲を作って歌う。その特別な想いは、やっぱり不思議と伝わっちゃう。背景にたくさんのドラマがうかがえる。この曲、なんか普通の曲じゃないぞと直感したのは間違ってなかった!

思えばmiwaさんのような10代の青春応援ソングなんて、ホントに久しぶりにちゃんと聴いた。miwaさんは、昨年子どもたちと一緒に観た映画『ドラえもん』の主題歌も歌っていたし、人気があるんだな~とは感じていました。自分の子ども世代が聴く音楽だと思っていたので、とくに注目したことはなかった。でも曲が作られたいきさつを知れば、自分の感動の理由も納得。つまりは気持ちはホンモノだってこと。

自分が10代の頃も、やっぱりmiwaさんみたいな青春応援ソングを聴いていた。自分の頃は渡辺美里さんなんかが当てはまる。曲に共感したり、自分の非力な想いを託したりしたものです。時代は変われども、その年代が抱く感情は、いつの世も同じだとわかる。ただ、いつからか、そういった青春応援ソングが必要なくなり、あの頃夢中になって聴いていた曲にすら、なんであんなに好きだったんだろうと、すっかり冷めている自分になっていくことに気づく。それが「大人になる」ということなのかも知れないし、ある意味「感性の劣化」でもあるだろう。

10代のあの頃、夢も希望もあった。最近、すっかりショボくれてしまった自分に、miwaさんの曲が、10代の頃の気持ちを思い出させてくれた。灰色の記憶ばかりだと思っていた自分の10代。思い出させてくれた気持ちは、さほど悪いものではなかった。

関連記事

『ダンケルク』規格から攻めてくる不思議な映画

http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/[/caption]

記事を読む

『バウンス ko GALS』JKビジネスの今昔

JKビジネスについて、最近多くテレビなどメディアで とりあつかわれているような気がする。

記事を読む

『清洲会議』でおいてけぼり

現在公開中の新作『ギャラクシー街道』も好調らしい三谷幸喜監督の前作にあたる『清洲会議』。

記事を読む

『ジャングル大帝』受け継がれる精神 〜冨田勲さんを偲んで

作曲家の冨田勲さんが亡くなられた。今年は音楽関係の大御所が立て続けに亡くなっている。ご冥福を

記事を読む

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。 白塗

記事を読む

『反社会学講座』萌えアニメも日本を救う!?

まじめなことにユーモアをもって切り込んでいくのは大切なことだ。パオロ・マッツァリーノ氏の考え

記事を読む

育児ママを励ます詩『今日』

今SNSで拡散されている 『今日』という詩をご存知でしょうか。 10年程前、ニュージ

記事を読む

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマッチ感だけで

記事を読む

『スター・トレック BEYOND』すっかりポップになったリブートシリーズ

http://www.startrek-movie.jp/[/caption] オリジナルの

記事を読む

『レオン』美少女は殺し屋も殺す

リュック・ベッソン監督作品、ジャン・レノ主演のフランス映画のスタッフ・キャストがハリウッド進

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑