*

キワドいコント番組『リトル・ブリテン』

2014/09/24 | テレビ, ドラマ, 音楽

『リトル・ブリテン』という イギリスのコメディ番組をご存知でしょうか? イギリスのコメディというと まず『モンティパイソン』がうかびますが、 こちらはもっと近年の 2003年~2

続きを見る

『トレインスポッティング』はミニシアターの立位置を変えた!!

スコットランドの独立の 是非を問う投票が終わり、 独立はなしということで決着がついた。 スコットランドと言えばすぐ思い浮かぶのは 映画『トレインスポッティング』。 とにかくト

続きを見る

『ブレイブハート』かつてのスコットランド独立戦争の映画

2014/09/22 | 映画:ハ行

スコットランドがイギリスから 独立するか否かの投票率は84%。 有権者の関心の高さが伺え、 反対55%という結果になった。 これだけの投票率ならば、 かなり現実的民衆の意見が

続きを見る

『Love Letter』から日本映画が泥臭くなくなった?

2014/09/21 | ドラマ, 映画:ラ行

岩井俊二監督の『Love Letter』。 この映画をリアルタイムで観たときに 「やられた~」と思いました。 主演は当時トップアイドルとして 不動の座にいた中山美穂さん。 彼

続きを見る

『バウンス ko GALS』JKビジネスの今昔

JKビジネスについて、最近多くテレビなどメディアで とりあつかわれているような気がする。 新しい規制ができるのだろう。 JKビジネスとは何か? 「JK」とは女子高生の俗称。 アル

続きを見る

『猿の惑星: 創世記』淘汰されるべきは人間

2014/09/19 | ドラマ, 映画:サ行,

『猿の惑星:創世記』。 もうじき日本でも本作の続編にあたる 『猿の惑星:新世紀』が公開される。 果たして70年代に作られた『猿の惑星』シリーズの 続編にあたるのかリブート作にあたる

続きを見る

『ツレがうつになりまして。』鬱を身近に認知させた作品

鬱病を特別な人がなる病気ではなく、 誰をもいつなりうるか分からな事を 世間に広めるきっかけになった作品でしょう。 原作者の細川貂々さんは自分と同年代。 フリーランサーである自分にと

続きを見る

『トゥモロー・ワールド』少子化未来の黙示録

人類に子どもが一切生まれなくなった 近未来を描くSF作。 内線、テロ、人権無視、 移民の増加、貧富の格差社会……。 子どもがいなくなると言うだけで、 世の中はこうも殺伐とする

続きを見る

ハリウッド映画風日本映画『るろうに剣心 京都大火編』

今話題で好評の 実写版『るろうに剣心』第2弾『京都大火編』。 本作公開後一ヶ月で第3弾にあたる 『伝説の最期編』も公開されたこともあって、 大急ぎで観に行きました。 ワーナー

続きを見る

『結婚できない男』日本でもこんなに良質なコメディがありました!!

2014/09/14 | テレビ, ドラマ

『結婚できない男』は2006年のドラマ。 もうずいぶん前の作品になります。 当時、自分もまだ独身でした。 このドラマはいまだに忘れられないくらい ウェルメイドな楽しいコメディ作品で

続きを見る

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑