*

ある意味アグレッシブな子ども向け映画『河童のクゥと夏休み』

2014/08/21 | アニメ, 映画:カ行,

アニメ映画『河童のクゥと夏休み』。 良い意味でクレイジーな子ども向けアニメ映画です。 上映時間が2時間半近くあるのも常識を越えている。 地味な映画だったので、 自分は当初あまり興味

続きを見る

アーティストは「神」じゃない。あなたと同じ「人間」。

2014/08/19 | アニメ, メディア, 音楽

ちょっとした現代の「偶像崇拝」について。 と言っても宗教の話ではありません。 先日妻が、集めていたアーティストの スクラップを捨てておりました。 妻曰く「もう必要ない」とのこと。

続きを見る

『GODZILLA』破壊神というより守護神だったハリウッドリブート版

早くも2018年にパート2をやると 発表されたハリウッド版『ゴジラ』。 近年、アメリカではテロや戦争があり、 日本では震災、原発事故があった。 そもそも1954年に発表された、

続きを見る

『クラフトワーク』テクノはドイツ発祥、日本が広めた?

2014/08/17 | アニメ, メディア, 音楽

ドイツのテクノグループ『クラフトワーク』が 先日幕張で行われた『ソニックマニア』に出演しました。 『クラフトワーク』が来日するのはこれで3年連続です。 2012年の反原発を訴える

続きを見る

鳥肌実のアヤシい存在感と、まっとうな人生観の映画『タナカヒロシのすべて』

昨日は8月15日。終戦記念日。 この日で自分がすぐ イメージするのは靖国神社。 毎年マスコミから伝わるイメージでは ものものしい過激な雰囲気の 場所に感じてしまうが、 実際

続きを見る

『太陽』これってアート?コメディ?ロシア人監督が描く昭和天皇

今日は終戦記念日。 この作品はロシアの アレクサンドル・ソクーロフ監督が描く、 第二次世界大戦終了前後の時期の昭和天皇。 ソクーロフ監督の20世紀の 指導者4部作の3作目にあ

続きを見る

宿命も、運命も、優しく包み込む『夕凪の街 桜の国』

広島の原爆がテーマのマンガ。 こうの史代氏著『夕凪の街 桜の国』。 戦争や原爆をテーマにすると どぎつい絵柄を想像しがちだが、 この作品のタッチは優しい。 終戦の傷跡の残る時

続きを見る

ロビン・ウィリアムズが若者に席を譲った『グッド・ウィル・ハンティング』

ロビン・ウィリアムズの突然の訃報。 自殺だったと報道されました。 自殺は悪い事だけれど、 精神的に病気の状態だと 突発的に自殺してしまうこともある。 ロビンには躁鬱病の臭いを

続きを見る

さよならロビン・ウィリアムズ = ジーニー『アラジン』

ロビン・ウィリアムズが 8月11日に亡くなったそうです。 彼の作品には名作が多く、 観始めたら彼の演技に圧倒されて、 夢中になってみてしまう事が多い。 ロビン・ウィリアムズは

続きを見る

逆境も笑い飛ばせ! 日本人のユーモアセンスは!?『団地ともお』

2014/08/11 | アニメ, テレビ,

『団地ともお』は小学生。 母親と中学生になる姉と 三人で団地暮らし。 父親は単身赴任で別居中。 父親不在のこの家庭、 ときどきお父さんが帰ってくる エピソードがある。 そ

続きを見る

『レゴバットマン/ザ・ムービー』男のロマンという喜劇

http://wwws.warnerbros.co.jp/legob

『鑑定士と顔のない依頼人』人生の忘れものは少ない方がいい

映画音楽家で有名なエンニオ・モリコーネが、先日引退表明した。御

『フェイクニュース』拮抗する日本メディア

https://www.nhk.or.jp/dodra/fakene

『否定と肯定』感情を煽るものはヤバい

http://hitei-koutei.com/[/caption]

『聲の形』頭の悪いフリをして生きるということ

「町山智浩の映画ムダ話」https://tomomachi.stor

→もっと見る

PAGE TOP ↑