*

ごあいさつ

この映画ブログ『映画は人生を豊かにする夢をみるか?』を設立して、早10年が経とうとしています。設立当初は、「映画をつくる人・みる人・でてくる人、それぞれの人生を探求中」と、大仰に挑んでおりました。実際運営してみると、さほど閲覧されることもなく、細々と更新することとなりました。

文章を書いてみると、そこには自身への治癒効果があるということに気づきました。日頃映画などを観てインプットしたモヤモヤを、アウトプットして考えを整理していく。アイコン的に描いてみたイラストも、それなりに楽しい。そうしてひとつひとつの想いを埋葬していく。安上がりな自己セラピー。

世間はようやく不景気を認め、いよいよ自分の好きなことを仕事とすることが厳しくなってきました。むしろそれを強行するなら、拗らせと呼んだほうが適切なくらい。自己実現の危険な賭けより、趣味としてゆるく好きなことを創作していく。仕事はあくまで長く続けられるものを選んでいく。好きなことと仕事は棲み分ける。その方が幸せなのではないだろうか。ブログによって一攫千金は難しい。でも誰かが見ているかもしれないという緊張感は、手綱としては効果的。持続可能な趣味の領域。

欲を張らず、討論を欲せず、ただただ徒然なるままのひとりごと。それがこのブログの趣旨。本当に自分のためだけに運営しているブログとなりました。一方通行の文章となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2024.01.27.


公開日:
最終更新日:2024/01/27

『Ryuichi Sakamoto | Opus』 グリーフケア終章と芸術表現新章

坂本龍一さんが亡くなって、1年が過ぎた。自分は小学生の頃、YM

『SAND LAND』 自分がやりたいことと世が求めるもの

漫画家の鳥山明さんが亡くなった。この数年、自分が子どものころに

『ハイキュー‼︎』 勝ち負けよりも大事なこと

アニメ『ハイキュー‼︎』の存在を初めて意識したのは、くら寿司で

『オッペンハイマー』 自己憐憫が世界を壊す

クリストファー・ノーラン監督の『オッペンハイマー』を、日本公開

『哀れなるものたち』 やってみてわかること、やらないでもいいこと

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『哀れなるものたち』が日本で

→もっと見る

PAGE TOP ↑