*

自粛もいいけど、それでは天才は生まれない

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 テレビ, メディア

t02200331_0340051213184605665

NHKのお笑い番組で、
お笑いコンビ「爆笑問題」が政治家ネタを
やろうとしたところ、事前に却下されたらしい

なにかしらの圧力はかかっていない
とのことで、あくまで自粛。

NHKの籾井勝人会長は以前発言していた。
「政府が右というものを、左とはいえない」

NHKは国会の承認を得て運営している公共放送。
国の流れに添うのは、ある意味当然なので、
とくに責め立てることではないかも知れない。

それでも昨年末の紅白では
サザンオールスターズが反体制的な歌を
堂々とうたってみせている。

そうみると特に国から圧力は
かかっていないとみていいだろう。

いろいろ言われていた、
政治がメディアを統制しているという噂も
ただの噂みたい。

それにそこまでの統制力が
今のところまだあるとも思えないし。

海外のアーティストは堂々と政治について
語ったり表現したりしているのに対し、
J-POPといったら、
家族や仲間、恋愛や感謝の念ばかり歌っていて
とてもつまらないな~と思っていたところの
サザンの歌だったので、
なんだ日本でも表現できるんだと
安心してしまいました。

もちろんラディカルすぎる表現は感心しないが、
さまざまな意見が飛び交うことはいいこと。

作品制作の企画会議などで、
社会風刺や政治的、
死生観などのテーマがあがると、
「誰に何を言われるかわからない」と
瞬殺で却下されてしまうらしい。

その誰かとは誰?
ネットの反応やクレーマー?

その匿名の誰かの声に怯えて、
創作が止まってしまう。
さしあたりのないテーマが選ばれていく。

表現とはアグレッシブなところが
なければはじまらない。

福島を取材していたライターさんの話で
「お前の報道は俺たちの現状と違う!!」と
クレームが入ったらしい。

その方も、まだまだ自分の知らないことも
あるのだろうから「ぜひ取材させてください。
あなたの声を全国に伝えますから」と
返事したとたん、音信不通になってしまったと聞きます。

ここで自分の声を上げるのは
またとないチャンスなのに、
匿名性がなくなると知った瞬間
沈黙を守ってしまうのです。

それでは事態は悪くなる一方。

日本人は黙っていることを美徳としているが、
発言すべき時はちゃんと発言しなければいけない。

NHKが自粛するのはともかく、
日本中どこもかしこも自粛しているだけで、
匿名のクレームを怯えているだけでは、
もう日本の文化は死んだも同然。

誰もまだ何も圧力かけていないのに
かん口令が自発的に実施されてしまっている。

それでは新しい才能や天才は、
芽が出ることがないどころか、
事前につぶされてしまう。

匿名のクレーマーがいちばん偉くなっちゃって、
メディアを牛耳ってしまっているみたい。

これじゃ何もかもつまらなくなるのは当然ね。

関連記事

『エイリアン』とブラック企業

去る4月26日はなんでもエイリアンの日だったそうで。どうしてエイリアンの日だったかと調べてみ

記事を読む

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマッチ感だけで

記事を読む

『機動戦士ガンダム』とホモソーシャル

『ガンダム』といえば、我々アラフォー世代男子には、 小学校の義務教育の一環といってもいいコ

記事を読む

『トイ・ストーリー・オブ・テラー』続々発表の新作短編、実は大人向け?

BSのDlifeで『トイストーリー』の 新作短編が放送された。 なんでも本邦初公開とのこ

記事を読む

『ボーダーライン』善と悪の境界線? 意図的な地味さの凄み

映画『ボーダーライン』の原題は『Sicario』。スペイン語で暗殺者の意味らしい。映画の冒頭

記事を読む

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

H(エイチ)2006年12月号[/caption] アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開され

記事を読む

『シンドラーのリスト』極端な選択の理由

出典:ajshawler.blogspot.com[/caption] テレビでナチスのホロ

記事を読む

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガーデンシネマ

記事を読む

『DENKI GROOVE THE MOVIE?』トンガリ続けて四半世紀

オフィス勤めしていた頃。PCに向かっている自分の周辺視野に、なにかイヤなものが入ってきたのが

記事を読む

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』アメコミみたいなアイツ

http://www.ew.com/article/2015/07/23/mission-impo

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑