*

『ロスト・イン・トランスレーション』幸せなはずなのに……。

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ラ行

t02200125_0450025613182589761

日本のアニメ作品『Ghost in the Shell』が
スカーレット・ヨハンソン主演で
ハリウッドリメイクされるらしいけど、大丈夫かな~?

スカーレット・ヨハンソンと言えば
自分にとっては日本で撮影された
ソフィア・コッポラ監督作品
『ロスト・イン・トランスレーション』。

(スカレート・ヨハンソンのことを
「スカジョ」と愛称で呼びますが、
本人が嫌がっているみたいなので
スカーレットと書いていきます。)

スカーレットのゲロカワイさ目当てで
映画を観たような気がします。

オシャレ番長・
ソフィアコッポラ作品での
共通したテーマは
「幸せなはずなのに、なぜか寂しい」。

ファッションやカルチャー、
手に入るものはすぐ手に入るのに、
なぜか心は空っぽ。
現代人の心のあり方でしょう。

このシーンにこの雑貨を使うから
切ない気持ちを象徴してるとか、
モノやオシャレに疎い自分には
さっぱりわからない演出。

でも女子の心にはグッと突き刺さるらしい。
いつも女性目線の通訳が必要な
ソフィア作品だが、本作はよく理解できた。

だってオジさんと若い女の子の恋愛ものだもの。

そのオジさんをビル・マーレーが演じてるから、
もうコメディセンスがバツグン!
多分ソフィアの意図より、
もっと面白い場面に仕上がっているでしょう。

ソフィアはガンガン支持を出すような
監督さんじゃないらしいです。
なんか周りの人が、この人を助けてあげなきゃと
思わせる人らしいです。
そんなカリスマ性もあるんですね。

日本が舞台なので日本人も大勢出てます。

藤井隆さんが当時やっていた
ハイテンションアイドル番組をそのまま再現したり、
最近すっかりイクメンでいい人になってしまった
ダイヤモンド・ユカイさんのイヤな感じのディレクター。

NIGOとかHIROMIXとか
当時の日本のオシャレ番長がいっぱい出てて、
なんかイヤミな感じさえする。

サントラにははっぴいえんどの
『風をあつめて』を使ったりしたので、
この名曲が再評価されたっけ。

とにかく自分の中には全くない
ガーリーなセンス。
この感覚は観ていて楽しいので、
けっして苦手ではないのだろう。

下着姿のスカーレットのおしりも
エロ目線ではなく、
カワイイものと感じるのが不意義。

どうやら自分のようなオッサンでも
カワイイものはカワイイと感じるらしいです。

この感覚に触れたくて
またソフィア・コッポラ作品を観たいなと
感じるのかも知れません。

関連記事

『ラストエンペラー』で近代史に興味がわいた

ca. 1940 --- Emperor Pu Yi (known as Henry Puyi i

記事を読む

『Love Letter』から日本映画が泥臭くなくなった?

岩井俊二監督の『Love Letter』。 この映画をリアルタイムで観たときに 「やられ

記事を読む

『ラストサムライ』渡辺謙の作品選び

トム・クルーズ主演の日本を舞台にした時代物ハリウッド映画『ラストサムライ』。渡辺謙さんのハリ

記事を読む

『リング』呪いのフォーマットは変われども

http://www.sadako3d.jp/1/index.html[/caption]

記事を読む

ハリウッド映画風日本映画『るろうに剣心 京都大火編』

今話題で好評の 実写版『るろうに剣心』第2弾『京都大火編』。 本作公開後一ヶ月で第3

記事を読む

美しい地獄『リリイ・シュシュのすべて』

川崎の中学生殺害事件で、 真っ先に連想したのがこの映画、 岩井俊二監督の2001年作品

記事を読む

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

http://www.uplink.co.jp/dance/[/caption] アレハンド

記事を読む

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長編デビュー作

記事を読む

『ラースと、その彼女』心の病に真摯に向き合ったコメディ

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者になったライアン・ゴズリング。彼の魅力は、そこはかとなく漂う

記事を読む

『るろうに剣心』マンガ原作というより、大河ドラマの続編

自分は実は『るろうに剣心』の マンガもアニメも未見。 でもこの映画を観たいと思った。

記事を読む

PAGE TOP ↑