*

「 映画 」 一覧

『マイマイ新子と千年の魔法』真のインテリジェンスとは?

2017/10/26 | アニメ, 映画:マ行,

近年のお気に入り映画に『この世界の片隅に』はどうしも外せない。自分は最近の日本の作品はかなり厳選して観るようになった。この映画だけは何か感ずるものがあり、公開初日に観に行ってしまった。当日の劇

続きを見る

『日の名残り』自分で考えないことの悲しみとおかしみ

2017/10/24 | 映画:ハ行,

『日の名残り』の著者カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞した。最近、この映画版の話をしていたばかりだったので親近感が湧いた。ジェームズ・アイヴォリー監督でアンソニー・ホプキンスとエマ・トンプ

続きを見る

『猿の惑星:聖戦記』SF映画というより戦争映画のパッチワーク

2017/10/19 | 映画:サ行,

http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g/[/caption] 地味に展開しているリブート版『猿の惑星』。『猿の惑星:聖戦記』はそのシリーズ完結編で、オリジナル第1

続きを見る

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html[/caption] ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も

続きを見る

『エクス・マキナ』萌えの行方

http://exmachina-movie.jp/[/caption] イギリスの独立系SFスリラー映画『エクス・マキナ』。なんともいえないイヤ〜な後味がする映画。心にのっぺりと澱が溜まって

続きを見る

『ワンダーウーマン』女が腕力を身につけたら、男も戦争も不要となる?

2017/10/01 | 映画:ワ行, 映画館

http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/[/caption] ガル・ギャドットが演じるワンダーウーマンの立ち姿がとにかくカッコイイ! それを一見するだ

続きを見る

『ダンケルク』規格から攻めてくる不思議な映画

2017/09/29 | 映画:タ行, 音楽

http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/[/caption] クリストファー・ノーランは自分にとっては当たり外れの激しい作風の監督さん。 時系列が逆に進

続きを見る

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

https://ja.wikipedia.org/[/caption] 『一九八四年』はジョージ・オーウェルの1949年に発表された、近未来の完全管理社会を描いたディストピアSF小説。のちに影

続きを見る

『スパイダーマン ホームカミング』ハイテク・スパイディは企業を超えて

http://www.spiderman-movie.jp/[/caption] スパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバースに本格的に参戦した単独作『スパイダーマン ホームカミング』

続きを見る

『ボーダーライン』善と悪の境界線? 意図的な地味さの凄み

2017/08/24 | テレビ, 映画:ハ行

映画『ボーダーライン』の原題は『Sicario』。スペイン語で暗殺者の意味らしい。映画の冒頭で、この言葉の説明のテロップが流れる。自分は『Sicario』がこの映画の原題だとは知らなかったので

続きを見る

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

http://shoot-heydrich.com/[/captio

『怪盗グルーのミニオン大脱走』あれ、毒気が薄まった?

http://minions.jp/[/caption] 昨年

『惑星ソラリス』偏屈な幼児心理

2017年は、旧ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーに呼ば

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』特別な存在にならないという生き方 in 立川シネマシティ

http://www.starwars.com[/caption]

『高い城の男』占いは当たらない?

映画『ブレードランナー』の原作者フィリップ・K・ディックの代表

→もっと見る

PAGE TOP ↑