*

「 映画 」 一覧

『猿の惑星:聖戦記』SF映画というより戦争映画のパッチワーク

2017/10/19 | 映画:サ行,

http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g/[/caption] 地味に展開しているリブート版『猿の惑星』。『猿の惑星:聖戦記』はそのシリーズ完結編で、オリジナル第1

続きを見る

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html[/caption] ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も

続きを見る

『エクス・マキナ』萌えの行方

http://exmachina-movie.jp/[/caption] イギリスの独立系SFスリラー映画『エクス・マキナ』。なんともいえないイヤ〜な後味がする映画。心にのっぺりと澱が溜まって

続きを見る

『ワンダーウーマン』女が腕力を身につけたら、男も戦争も不要となる?

2017/10/01 | 映画:ワ行, 映画館

http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/[/caption] ガル・ギャドットが演じるワンダーウーマンの立ち姿がとにかくカッコイイ! それを一見するだ

続きを見る

『ダンケルク』規格から攻めてくる不思議な映画

2017/09/29 | 映画:タ行, 音楽

http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/[/caption] クリストファー・ノーランは自分にとっては当たり外れの激しい作風の監督さん。 時系列が逆に進

続きを見る

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

https://ja.wikipedia.org/[/caption] 『一九八四年』はジョージ・オーウェルの1949年に発表された、近未来の完全管理社会を描いたディストピアSF小説。のちに影

続きを見る

『スパイダーマン ホームカミング』ハイテク・スパイディは企業を超えて

http://www.spiderman-movie.jp/[/caption] スパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバースに本格的に参戦した単独作『スパイダーマン ホームカミング』

続きを見る

『ボーダーライン』善と悪の境界線? 意図的な地味さの凄み

2017/08/24 | テレビ, 映画:ハ行

映画『ボーダーライン』の原題は『Sicario』。スペイン語で暗殺者の意味らしい。映画の冒頭で、この言葉の説明のテロップが流れる。自分は『Sicario』がこの映画の原題だとは知らなかったので

続きを見る

『スノーデン』オタクが偉人になるまで

2017/08/19 | テレビ, 映画:サ行,

http://www.snowden-movie.jp/[/caption] スノーデン事件のずっと前、当時勤めていた会社の上司やら同僚がみな、パソコンに付属されているカメラを付箋やら絆創膏で

続きを見る

『君の名は。』株式会社個人作家

2017/08/17 | アニメ, 映画:カ行

日本映画の興行収入の記録を塗り替えた大ヒット作『君の名は。』をやっと観た。実は自分はずっとこのブームを横目に避けていた。振り返れば新海誠監督の過去作品はほとんど観ている。鑑賞後毎回具合が悪くな

続きを見る

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

©戸部けいこ・秋田書店[/caption] 小学生の娘が、学校

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲ

『チャーリーとチョコレート工場』歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑