*

『MEGザ・モンスター』 映画ビジネスなら世界は協調できるか

公開日: : 映画:マ行, , 配信

現在パート2が公開されている『MEGザ・モンスター』。このシリーズ第1弾を観てみた。それというのも身近にジェイソン・ステイサムのファンの方がいたのがきっかけ。そういえば今までジェイソン・ステイサムの映画を意識して観たことがなかった。そのステイサム好きの人が言うには、ジェイソン・ステイサムの日本語吹替版専属声優の山路和弘さんの声がたまらなく良いとのこと。自分は普段映画鑑賞をするときは、たいていオリジナル音声の字幕版で観るのだが、そうも言われたら吹替版で観ないという選択肢はもうありえない。

『MEGザ・モンスター』は、劇場公開時もおもしろいと話題になっていた。巨大ザメが画面全面にレイアウトされたポスター・ヴィジュアルは、ホラー映画を彷彿とさせる。自分はホラー映画が得意ではない。大きな音で突然脅かされるのもイヤだし、グロい描写で人が殺されたりすると、いくらつくりものだと分かっていても数日落ち込んでしまう。それでも勇気を出して観てみようとした。蓋を開けてみると、ホラー映画というよりはアクション映画。そもそもサメ映画というよりはジェイソン・ステイサム映画。この映画で一気にステイサムの魅力が理解できた。なにがあってもコイツが来れば大丈夫感がハンパない。スーパーヒーローものでもないのに、無敵な存在感がたまらない。無茶なミッションも、絶対死なないと、他の登場人物たちや観客の誰もが心配していない。

サメ映画がなんでこれほど人気があるのかよく分からないでいる。最近のサメ映画は、サメが空を飛んだり宇宙空間で人を襲ったりと、どんどんイマジネーションが豊かになってきている。そもそもサメは海洋生物だったのではと、そんなところに引っかかっているようでは、まだまだ頭が硬いのだろう。

みなさんサメ映画好きでしょ? ホラー好きでしょ? アクション映画は? SFは? ……もちろんジェイソン・ステイサムは大好きだよね? と、みんなが好きなもの、売れそうなものをぜんぶ集めて、これみよがしに並べて観せてくれる。あざとい。もちろんぜんぶ大好きですとも。

この映画には原作があるのに驚いた。とくにストーリー性のある内容ではないアトラクション映画。文学的要素はほとんどない。この映画のモンスターは太古のサメのメガロドンということ。現代に甦る古代生物というSF作品だったのかもしれない。マイケル・クライトンの『ジュラシック・パーク』の原作みたいな感じか。ただ、『MEGザ・モンスター』の映画を観て、その原作小説を読んでみたいという興味の流れにはなりにくそう。原作のエッセンスをいただいて、単純明快なエンターテイメント映画に大幅アレンジされたような感じがする。

意外だったのはこの映画は、アメリカと中国の合作だということ。ハリウッド映画に中国が参入して、楽しいエンターテイメント作品を産出しているのは周知のこと。映画でもアメリカを舞台にしながらも、中国人キャストや文化が混ざり合っている。王道ハリウッド映画でありながら、カッコいい中国映画でもある。これはひとえに中国が経済的に伸びていて、ハリウッド映画産業に食い込んでいることの表れ。英語での映画製作は、世界標準をターゲットにしている。儲かる要素をこれでもかと揃えて、観客も素直にそれに踊らされてしまう。楽しければどうでもいいじゃないか。泥臭さも芸術也。

ただ近年では中国政府から、中国ハリウッド参入撤退令が出ているというニュースも聞いたことがある。なんでも『トップガン マーヴェリック』の製作に中国のプロダクションが携わっていたら、中国政府から「他国の軍事プロパガンダ映画の手伝いをするとは何ごとか!」とお叱りをいただいて即撤退したとか。それが本当なら、かなりマンガっぽいニュースだ。だからこの『MEGザ・モンスター』のパート2は、中国が関与していないアメリカだけで製作した映画になっているのかと思っていた。でもどうやらパート2も米中合作のようだ。ホッとした。エンターテイメントで、互いに儲かる約束がされている企画なら、国境を越えて協調できるというのも興味深い。

映画は言語や文化を越えて共感し合える部分があるメディア。とかく国際ニュースでは、アメリカと中国は反目し合っている。それは思想的反目というより、経済力のライバル意識がもたらしているもの。この映画のように、利害が一致するビジネスが見つかれば、一瞬にして仲良しにもなれるのだと『MEGザ・モンスター』が証明している。

お金の繋がりで、仲良くなったり悪くなったりするのは泥臭くてダサいけど、ギスギスしているよりは余程いい。バカバカしくて楽しいこの映画のように、楽天的にいけたらいいのにとつくづく思ってしまう。

MEG ザ・モンスター(吹替版) Prime Video

MEG ザ・モンスター [Blu-ray]

関連記事

『THE FIRST SLAM DUNK』 人と協調し合える自立

話題のアニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』をやっと観た。久しぶりに映画館での

記事を読む

no image

宇多田ヒカル Meets 三島由紀夫『春の雪』

  昨日は4月になったにもかかわらず、 東京でも雪が降りました。 ということで『春の雪』。

記事を読む

『マイマイ新子と千年の魔法』 真のインテリジェンスとは?

近年のお気に入り映画に『この世界の片隅に』はどうしも外せない。自分は最近の日本の作品はかなり

記事を読む

『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』 理想の家庭像という地獄

※このブログはネタバレを含みます。 配信サービスは恐ろしい。ついこの間劇場公開したばか

記事を読む

no image

『ツレがうつになりまして。』鬱を身近に認知させた作品

  鬱病を特別な人がなる病気ではなく、 誰をもいつなりうるか分からな事を 世間に

記事を読む

『メッセージ』 ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

ずっと気になっていた映画『メッセージ』をやっと観た。人類が宇宙人とファースト・コンタクトを取

記事を読む

『ラストナイト・イン・ソーホー』 ハイセンスなおもちゃ箱

前作『ベイビー・ドライバー』がめちゃめちゃ面白かったエドガー・ライト監督の新作『ラストナイト

記事を読む

『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』 ファンタジーみたいな旅の夢

近年の映画の予告編は、映画選びにちっとも役立たない。この『ダンジョンズ&ドラゴンズ』も、まっ

記事を読む

no image

『電車男』オタクだって素直に恋愛したかったはず

  草食男子って、 もう悪い意味でしか使われてないですね。 自分も草食系なんで…

記事を読む

『今日から俺は‼︎』子どもっぽい正統派

テレビドラマ『今日から俺は‼︎』が面白かった。 最近自分はすっかり日本のエンターテイメ

記事を読む

『マッドマックス フュリオサ』 深入りしない関係

自分は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が大好きだ。『マッ

『ゴジラ-1.0』 人生はモヤりと共に

ゴジラシリーズの最新作『ゴジラ-1.0』が公開されるとともに、

『かがみの孤城』 自分の世界から離れたら見えるもの

自分は原恵一監督の『河童のクゥと夏休み』が好きだ。児童文学を原

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 冒険の終わり、余生の始まり

ハリソン・フォードは『スター・ウォーズ』のハン・ソロ再演が評判

『Ryuichi Sakamoto | Opus』 グリーフケア終章と芸術表現新章

坂本龍一さんが亡くなって、1年が過ぎた。自分は小学生の頃、YM

→もっと見る

PAGE TOP ↑