*

『あさが来た』 はるがきた⁉︎

公開日: : 最終更新日:2016/07/22 テレビ, ドラマ, メディア

http://www.asahi.com/

http://www.asahi.com/

NHK『連続テレビ小説』の『あさが来た』に遅ればせながらハマってしまった。

放送当初より自分の周囲では評判が良く、「主演の波瑠さんがかわいい」と、同性の方から人気が高い。若い頃「お嫁さんにするなら、同性に好かれている人を選びなさい」と言われたのを思い出した。自分が年末ふと観た『となりのシムラ』というコント番組に波瑠さんが出演していました。波瑠さん、コメディセンス高いのね! お笑いの大御所・志村けんさんとの掛け合いでも引けを取ってない。自分はコメディセンスの高い役者さんはすぐ尊敬してしまいます。山田洋次監督も言ってましたが、「観客を泣かすのは、実はそれほど難しいことではなく、本当に難しいのは人を笑わすこと」だと思います。勢いだけの笑いではなく、コントや落語のような綿密な計算の上の笑いで、観客を自然に笑わすことができるのは、そうとうのセンスが必要だと。そんな波瑠さんの人気作『あさが来た』を観ないわけにはいかない。年末年始にいままでの放送分の総集編を放送していたので、イッキに観てしまった!

波瑠さん演じる主人公・白岡あさのモデルは、男尊女卑が色濃い100年前の日本の女実業家・広岡浅子。実在する本人の写真をみると、やっぱりガッチい。男顔負けどころか、男を従える女漢といった、たくましい印象。これをかわいらしい波瑠さんが演じることに意味がある。波瑠さんの見た目が華奢でも、芯の強い貫禄のある存在感が、次々とのしかかる困難を乗り越え、女だからとなめてかかる男どもを次々と仲間にしていく主人公・あさの姿に説得力をあたえる。朝の連続テレビ小説はこうでなくちゃ!

最近のエンターテイメント作品は、世界的に女性が活躍するものが増えてきた。日本では、ドラマや映画など、文化的なものに興味を持つのはほとんど女性。最近まで世の男どもは、仕事ばかりの人生だった。なので男を主人公にはせず、女性を活躍させるのは、客層を意識すれば当然のこと。スタジオジブリなんかは、早いうちから男性客はターゲットから外して、女性のために映画を作っていた。昨年の海外のヒット作品の多くは、女性が主人公。『マッドマックス』やら『スターウォーズ』ですら、女性が主人公になっている。女性が悪漢を叩きのめす姿に、最高のカタルシスを感じるようになってしまった。

ヒットする物語が内包しているテーマは、やがて現実となっていく。そうなると男の活躍する場は、本当になくなっちゃう。せいぜい、頑張る女性のジャマにならないようにするだけ? 玉木宏さん演じるあさのダンナのように、優しく見守って、理解してあげるのがベストな立ち位置なのかもしれない。『あさが来た』をはじめ、最近のヒロイン像というのは、ただ強いだけではなく、女性らしさがある。女性が目指す世界は、生活に密着したもの。美味しいものが食べられ、質素でも綺麗なものが揃い、子どもたちが育てやすい世界。だから男社会の古い考えは通用しない。男を乗り越える力はあれど、彼女たちの目的は「みんなが幸せになること」。けっしてカネや名誉のために働くのではない。それが結果的に力となっていく。本来、人が闘う理由はそこにある。人生には闘わなければならない困難は、ほっといてもやってくる。ものごとの本質から逃げずに闘う強さ。戦いのための戦いではないのだ。

エンターテイメントが優しく強いヒロインを求めている!

さて、『あさが来た』の後半戦の放送が始まるゾ。あえてこの作品のモデルの伝記は調べずに、主人公・あさとともに冒険の旅に出よう!

関連記事

岡本太郎の四半世紀前の言葉、現在の予言書『自分の中に毒を持て』

ずっと以前から人に勧められて 先延ばしにしていた本書をやっと読めました。 エキセント

記事を読む

『グラディエーター』Are You Not Entertained?

https://www.youtube.com/watch?v=QPk1NdvplCI[/capt

記事を読む

『ベイマックス』を起爆剤に日本も!! その1

エンタメ産業はアメリカが世界一。 あまり知られていないが、日本は第二位。 この冬休み

記事を読む

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。 白塗

記事を読む

トップアイドルだからこそこの生活感!!『もらとりあむタマ子』

ダメ男というのは笑えるが、ダメ女というのはなかなか笑えない。それは世間一般の潜在意識の中に「

記事を読む

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、 トム・クルーズ主演の 『オール・ユー・ニード・イズ・

記事を読む

『華氏911』アメリカは日本が進む反面教師?

世界のパワーバランスが崩れ始めている。 平和ボケしている日本人にも とうとう現実が伸し掛

記事を読む

キワドいコント番組『リトル・ブリテン』

『リトル・ブリテン』という イギリスのコメディ番組をご存知でしょうか? イギリスのコ

記事を読む

『反社会学講座』萌えアニメも日本を救う!?

まじめなことにユーモアをもって切り込んでいくのは大切なことだ。パオロ・マッツァリーノ氏の考え

記事を読む

一見水と油かと思いきや。寂聴さんとホリエモンの対談集『死ぬってどういうことですか?』

尊敬する瀬戸内寂聴さんと、 自分はちょっとニガテな ホリエモンこと堀江貴文さんの対談集

記事を読む

『誘拐アンナ』高級酒と記憶の美化

知人である佐藤懐智監督の『誘拐アンナ』。60年代のフランス映画

『勝手にふるえてろ』平成最後の腐女子のすゝめ

https://cinema.ne.jp/recommend/fur

『SLAM DUNK』クリエイターもケンカに強くないと

うちの子どもたちがバスケットボールを始めた。自分はバスケ未経験

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

→もっと見る

PAGE TOP ↑