*

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:ハ行, , 音楽

 

残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこの映画『母と暮せば』を公開したいと、すでに完成済みの喜劇『家族はつらいよ』の公開を後回しにしたらしいです。本年は日本国内でも、戦争について大いに考えさせられる一年でした。

この映画は井上ひさし氏の名戯曲『父と暮せば』の姉妹編。あちらは広島、こちらは長崎が舞台。あちらが父と娘の話なら、こちらは母と息子の話。どちらも原爆で亡くなった死者との交流がテーマ。あちらが死んだ父との交流なら、こちらは死んだ息子。設定がどれも背中合わせ。

山田洋次監督の悲劇は、本当に絶望的で重い作品が多い。本作と同じ吉永小百合さん主演作品では『おとうと』や、やはり第二次大戦の市井の人を描いた『母べえ』で、とことんヘコんだ記憶がある。それなりに覚悟して観に行きました。

この『母と暮せば』は、坂本龍一氏の病みあがり復帰作でもある。坂本ファンの自分としては、ぜひ劇場で堪能したい。ただ、淡々とした演出の山田洋次作品に、叙情的な坂本オーケストラは合わないのでは、といういちまつの不安がなきにしもあらず。しかし映画がはじまるとそんな不安も忘れ、映画の世界観にゆったりと浸れることができました。

前評判で、映画の最後にかかる合唱曲が素晴らしいと聞いていました。山田洋次監督の演出意図で、長崎市民による合唱、歌詞も原爆を謳った既存のもの。坂本龍一さんが音楽を担当できたからこそ可能になった演出。この曲が物語の最後にかかることで、観客に伝わるものがある。まさに圧巻。エンドロールのこの曲で、映画の登場人物たちも、観客である我々も、だいぶ救われただろう。長崎という土地柄から、主人公はクリスチャン。その要素もあってか、この鎮魂歌が宗教的な救いにつながるイメージ。救われることのないファンタジーにカタルシスを与える。

坂本龍一さんは、吉永小百合さんが毎年夏に恒例で催す『原爆詩の朗読会』に演奏で参加していました。今年は山田洋次監督も吉永小百合さんも坂本龍一さんも、戦争に関わる活動があった。声高にならないよう静かに、志を共にして映画を制作されたのでしょう。

原爆で亡くなった二宮和也さん演じる息子が、吉永小百合さん演じる母のところに亡霊となって姿を現します。息子は言います「母さんが僕のことをやっとあきらめてくれたから、姿を見せられるようになった」と。何かを受け入れて、何かが始まるという皮肉。『父と暮らせば』が、「生きている限り、人は幸せを目指さなければならない」というテーマなら、この『母と暮せば』は、「そうは言っても、諦めるしかない者もいるんだよ」と、穏やかな語り口で言っている。

母親は「原爆で死ぬのは運命なんかじゃない」と言う。事故や病気、災害ならまだしも、戦争は誰が計画して、人の手によって行われるものだと。この映画の家族は、文化的なとても知性豊かな人たち。そしてこの息子には、生前婚約していた恋人がいる。黒木華さんが演じる息子の恋人は、姑になるはずだった母親に、献身的に接している。二宮さんと黒木さんのカップルが、とても可愛い。この誰もが微笑ましく見守りたくなる心優しい人たちが、戦争で残虐な別れ方をしなければならないのが、とても悲しい。浅野忠信さんのキャスティングは、黒木和雄監督の映画版『父と暮せば』へのオマージュ。

本来なら幸せになれるはずだったのに、戦争によってなにもかも失ってしまう。「生きていればなんとかなる」では済まされないもの。自分が3~4歳くらいの頃は、戦争で手足をなくしたおじさんとか、まだ見かけたことを思い出す。

戦争で受けた傷は、どんなことをしても一生癒されることはない。そう映画は語っている。世の中がどんどんキナ臭い方向へ向かっているいま、戦争を知らない自分たち各々が、想像力をフル回転させて、戦争についてイメージすることが必要なのかもしれない。

滑り込みセーフで、戦後70周年の年にこの映画が観れて良かった。もちろんこの映画は、これからも多くの人に観続けられていくでしょう。とにかく、今年一年を締めくくるには、ぴったりだった。戦争をもっと身近に、いろいろ考えさせられる作品です。

関連記事

no image

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

小学生の娘が、学校図書室から借りてきたマンガ『光とともに…』。サブタイトルに『〜自閉症児を抱えて〜』

記事を読む

no image

『帰ってきたヒトラー』ドイツの空気感を伝える、コワイ社会風刺コメディ

公開時、自分の周りで好評だった『帰ってきたヒトラー』。毒のありそうな社会風刺コメディは大好物なので、

記事を読む

no image

『CASSHERN』本心はしくじってないっしょ

  先日、テレビ朝日の『しくじり先生』とい番組に紀里谷和明監督が出演していた。演題は

記事を読む

no image

『スノーデン』オタクが偉人になるまで

スノーデン事件のずっと前、当時勤めていた会社の上司やら同僚がみな、パソコンに付属されているカメラを付

記事を読む

no image

『虹色のトロツキー』男社会だと戦が始まる

  アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』を観た後、作者安彦良和氏の作品

記事を読む

no image

女児たちの憧れ『プリキュアシリーズ』

  この『プリキュアシリーズ』 今年は10周年との事。 ウチの幼稚園の娘も大好き

記事を読む

no image

『スター・トレック BEYOND』すっかりポップになったリブートシリーズ

オリジナルの『スター・トレック』映画版をやっていた頃、自分はまだ小学生。「なんだか単純そうな話なのに

記事を読む

no image

『コジコジ』カワイイだけじゃダメですよ

漫画家のさくらももこさんが亡くなった。まだ53歳という若さだ。さくらももこさんの代表作といえば、文句

記事を読む

no image

キワドいコント番組『リトル・ブリテン』

  『リトル・ブリテン』という イギリスのコメディ番組をご存知でしょうか?

記事を読む

no image

『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』90年代以降から日本文化は鎖国ガラパゴス化しはじめた!!

  NHKで放送していた 『ニッポン戦後サブカルチャー史』の書籍版。 テレビ

記事を読む

no image
『ジョーカー』時代が求めた自己憐憫ガス抜き映画

めちゃめちゃ話題になってる映画『ジョーカー』。ハリウッド映画のアメコミ

no image
『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでい

no image
『万引き家族』親がなければ子は育たず

カンヌ国際映画祭でグランプリにあたるパルムドールを受賞した『万引き家族

no image
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』その扇動、のるかそるか?

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑