*

『インターステラー』いつか神仏の存在も科学で証明されるだろう

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:ア行

SF映画『インターステラー』はヒットはしないだろう。
けれども今後数十年語り継がれる作品にはなるでしょう。

今時珍しく、本格的なSFをやろうとしている。
近頃のSFファンタジー系作品は
とかくCGを駆使し、派手なビジュアルで
薄っぺらな内容でひっぱる作品ばかりである。

その中でこれだけ真摯にSFを描くというのも
かなり時代に逆行してして好感が持てる。

派手な演出や、音楽で大仰に盛り上げるような
無粋な演出は一切排除している。
硬派な作品。

ポップコーン片手にデートやファミリーで
来ていた観客はみな面食らっていた。

実は自分は本作のクリストファー・ノーラン監督の
今までの作品があまり得意ではなかった。
とても評判の良い監督さんですが、
どうも自分とは相性が悪い。
『ダークナイト』シリーズや『インセプション』、
『メメント』……、どれも人気作だが、
自分にとってはどれも睡魔との対決させられる
作品ばかりだった。

彼の今までの作品は、ワンシーンが短く、
ポンポンストーリーが進んでしまう感じ。
人間を描くというより、
ストーリーやビジュアルのセンセーショナルを狙ってる。

題材が興味深いにも関わらず、
人間を描こうとしていないので、
結局自分は観ていて飽きてしまうのです。

本作はそういった流れを壊している。
自分にとっては初めて共感できる作品。

極力CGを使わないようにしたというのも
とても良い効果を生み出している。

ワームホールやブラックホールなど、
SF用語が普通に飛び交い、
軽い説明でどんどん物語は進んで行く。

地球が人類の住めないような環境になっていき、
新天地を求める旅をするという、
言ってみれば『宇宙戦艦ヤマト』のリアル版といた趣。

難解になりがちなSF作品だが、
実は父と娘の親子の関係を横軸に走らせているので、
とても感情移入しやすくさせている。

主人公には息子と娘がいるのだが、
どうも娘との相性が深いらしい。

自分も娘と息子がいるのだが、
どうも異性の親子というのは、つながりが深いような気がする。
自分と娘、妻と息子という構図がなんとなくしっくりいく。

娘が幽霊の存在を口にする場面がある。
科学的な作品ににつかわない、オカルト的な部分。
しかしこの伏線すら、ひとつの事象として
本作は科学的仮説で証明していく。

第六感や今は科学で証明されていない
オカルトとされている分野も、
100年もすればなんてことのないことで、
科学で証明されているかもしれない。

目に見えないものが存在しないと
いことがないということ。

人類の存続なるかと、大いなるテーマではあるが、
実は時空を超えた家族のシンパシーの作品である。

自分を守っている力は、実は自身の中にあるという
個があってこその宇宙という存在。

宇宙規模でみたら、人間の一生はあまりに短いのだが、
ひとりの人間の意思というものは永遠に続くのだと
感じさせられる映画。

観ている最中、この大きく広げた風呂敷を
どうやってまとめるのか、
とてもエキサイティングでした。

そして観賞後は、なぜか明るい気分にさせられた。

この映画をみていると、いつか神仏の存在の謎も
解き明かされるときがくると感じます。

そのとき人間は、過去のように見えないものに対し
畏敬の念を思い出すことができるのだろうか?

現在のまま、閉塞感ばかりがつのる世界から
解き放たれることはあるのだろうか?

本格的な哲学的SF作品なので、
ついつい自分の人生について見つめ直したくなる。

いちSFファンとしては、
かなり見応えのある映画でした。

関連記事

no image

『アントマン』ちっちゃくなってどう闘うの?

マーベルのスーパーヒーロー集団『アベンジャーズ』が集結する『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が

記事を読む

no image

『エリン・ブロコビッチ』シングルマザーに将来はないのか?

  日本の6人に1人が貧困家庭の子どもだそうです。 先日テレビで特集が再放送されて

記事を読む

no image

『WOOD JOB!』そして人生は続いていく

  矢口史靖監督といえば、『ウォーターボーイズ』のような部活ものの作品や、『ハッピー

記事を読む

no image

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

『一九八四年』はジョージ・オーウェルの1949年に発表された、近未来の完全管理社会を描いたディストピ

記事を読む

no image

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

スティーヴン・キングの有名小説で映像化は2回目になる『IT』。邦題には『“それ”が見えたら、終わり』

記事を読む

no image

『アメリカン・ビューティー』幸福か不幸か?

  アカデミー賞をとった本作。最近ではすっかり『007』監督となった映像派のサム・メ

記事を読む

no image

『ヴァンパイア』お耽美キワもの映画

  映画「ヴァンパイア」録画で観ました。岩井俊二がカナダで撮った映画です。ものすごく

記事を読む

no image

『イレイザーヘッド』狂気は日常のすぐそばに

  渋谷のシネマライズが閉館した。自分が10代の頃からあしげく通っていた映画館。そう

記事を読む

no image

『海街diary』男性向け女性映画?

日本映画で人気の若い女優さんを4人も主役に揃えた作品。全然似てないキャスティングの4人姉妹の話を是枝

記事を読む

『アナと雪の女王』からみる未来のエンターテイメント

『アナと雪の女王』は老若男女に受け入れられる 大ヒット作となりました。 でもディズニ

記事を読む

『パラサイト 半地下の家族』国境を越えた多様性韓流エンタメ

ここのところの韓流エンターテイメントのパワーがすごい。音楽では

『ターミネーター/ニュー・フェイト』老人も闘わなければならない時代

『ターミネーター』シリーズ最新作の『ニュー・フェイト』。なんで

『家族を想うとき』頑張り屋につけ込む罠

  引退宣言をすっかり撤回して、新作をつくり続

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑