*

『かもめ食堂』 クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

公開日: : 最終更新日:2022/05/07 映画:カ行, 映画館,

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガーデンシネマで観た。もう10年以上前なのだから、月日が経つのは早いものだ。

美味しそうな食べものがたくさんでてくる映画。劇場のあちこちから、お腹がぐーぐーなってる音が聞こえてくる。もちろん自分も。

この映画は公開当時、多くの女性の評判を得て、メディアでたくさんとりあげられていた。後にこの荻上直子監督によって、『めがね』や『トイレット』と、同じようなテーマで数本映画が製作された。それどころか、別の監督で同じキャストの亜流作品もたくさん誕生した。それほどこの『かもめ食堂』は、画期的な作品だったのだろう。

フィンランドを舞台に、食堂を営む日本人女性を中心に、ぶらりとひとり旅に彷徨ってきた中年女性たちとの交流を描かれるのが、大まかなプロット。

女一人で日本から遠く離れたフィンランドに旅してくるのだからワケありに違いない。この映画の素敵なところは、登場人物たちはお互いなにかしら過去があるだろうけど、それには一切触れず、深入りしないで交流してるところ。それは無関心なのではなく、大人の思いやりのある、適切な人間関係の距離。

日本の世知辛い都会の生活から離れ、異国の静かな街で料理を追求する。しかもムーミンが生まれたフィンランド。ファンタジー性も深まる。マリメッコやら、俄かにおしゃれ女子の中では、当時話題となっていたフィンランド。

日本では若いことをいちばん良しとする風潮がある。老いることを否定したり、歳を重ねることに魅力をみいだそうとはしない。女性も若くてキレイでなければダメのような雰囲気。この『かもめ食堂』では、けして美人ではない中年女性たちが主人公。中年女性でも魅力的に生きられるのだと映画は伝えている。主人公を演じた小林聡美さんは、一時期おしゃれ番長の代表的な人物となってしまった。

自分はおしゃれとは無縁な人間だが、おしゃれな人は好きだ。おしゃれはただ様相だけが良ければ良いものではない。他人からどう見えるか、相手に失礼な格好はしていないか、様々な配慮がそこに現れる。決して目立つことがおしゃれではない。だから本当におしゃれな人は、たいてい品があって感じのいい人が多い。

ただ最近、おしゃれさんに対する自分の気持ちが変わってきた。こんな不景気な世の中だからか、都会で活躍するファッションリーダーたちがメディアに取り上げられることが多くなった。その人たちの言うことなすことがいちいちハナにつく。なんでだろう?

メディア的に流行を追求したり、ファッションで自己アピールしたりするには、どうしても金がかかる。都心のおしゃれスポットへ行ったり働いたりすれば、日頃の服装にもそれなりのものを用意しなければならなくなる。賃金が下がり物価が上がり続け、税金や年金も上がるけど、その恩恵が受けられない社会では非常に困難な道のりだ。

単純に髪を染めたりするのも、自然ではないことを身体にするのだから負担はかかる。それを維持するには身体的だけでなく、経済的にもエネルギーが必要。忙しく毎日を過ごして、その中から時代の最先端をキャッチするとなれば、いろいろ破綻が起きてくる。

映画の中で、厳選の希少価値の高いコーヒーを淹れる場面がある。湯を注ぐ前に呪文を唱えると、さらに旨味が増すという。なんてゆとりある行為だろう。でもこれ日常の中に毎日取り込んでしまったら大変過ぎる。心を豊かさを求めてかえって苦しくなってしまうのでは本末転倒。『かもめ食堂』の生き方は2017年の日本ではファンタジーにしかならない。

荻上直子監督がもしいま、同じテーマで映画を撮るなら、また違ったアプローチの表現をすることだろう。表面的なカタチは違っても、根幹はブレない、まったく別の生き方。様相をマネしてもただ苦しくなるだけ。生き方のスタイルは、時代時代で変わるもの。その世の流れを敏感に察知して、身の丈に合った自然体の生き方を目指していくのが本当のおしゃれさんだと思う。

映画『かもめ食堂』を観た当時、自分は「ずいぶん早いテーマだなぁ」と感じたが、10年経ったら、追い求める現実的な生き方ですらファンタジーになってしまったのはとても皮肉だ。

この働けど働けどの日本社会で、どれだけ無理をせず心豊かに生きられる方法を見つけられるか? これは死活問題に関わるので、結構シビア。その答えは十人十色でみんな違う。だからこそ自分自身のクオリティ・オブ・ライフを探求する旅を楽しむくらいじゃないといけないみたいだ。

関連記事

no image

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

小学生の娘が、学校図書室から借りてきたマンガ『光とともに…』。サブタイトルに『〜自閉症児を抱えて〜』

記事を読む

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』 特別な存在にならないという生き方

立川シネマシティ[/caption] 世界中の映画ファンの多くが楽しみにしていた『スター・ウ

記事を読む

no image

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

ウチの子どもたちも大好きな『ハリー・ポッター』シリーズ。こわいこわいと言いながらも、「エクスペクト・

記事を読む

『愛の渦』ガマンしっぱなしの日本人に

乱交パーティの風俗店での一夜を描いた『愛の渦』。センセーショナルな内容が先走る。ガラは悪い。

記事を読む

no image

『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』日本原作、萌え要素を捨てれば世界標準

  じつに面白いSF映画。 トム・クルーズのSF映画では 最高傑作でしょう。

記事を読む

『高慢と偏見(1995年)』 婚活100年前、イギリスにて

ジェーン・オースティンの恋愛小説の古典『高慢と偏見』をイギリスのBBCテレビが制作したドラマ

記事を読む

『思い出のマーニー』 好きと伝える誇らしさと因縁

ジブリ映画の最新作である『思い出のマーニー』。 自分の周りでは、女性の評判はあまり良くなく

記事を読む

『ゴジラvsコング』 趣味嗜好は世代とともに

小学生になる我が息子はなぜかゴジラが好き。日本版の最近作『シン・ゴジラ』も、幼稚園の頃にリア

記事を読む

『キングスマン』 威風堂々 大人のわるふざけ

作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマッチ感だけで

記事を読む

『ハンナ・アーレント』考える人考えない人

ブラック企業という悪い言葉も、すっかり世の中に浸透してきた。致死に至るような残業や休日出勤を

記事を読む

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 問題を乗り越えるテクニック

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、日本公開当

『ドゥ・ザ・ライト・シング』 映画の向こうにある現実

自分は『ドゥ・ザ・ライト・シング』をリアルタイムで映画館で観た

『はちどり』 言葉を選んで伝えていく

雑誌に韓国映画『はちどり』が取り上げられていて興味を抱いた。中

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑