*

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

公開日: : 最終更新日:2020/03/13 映画:サ行, 映画:ハ行, 映画館

自分は『スター・ウォーズ』が大好きだ。小学1年のとき、アメリカで『スター・ウォーズ』という得体の知れないSF映画が公開されていると知り、そのビジュアルに心弾かされた。当時の日本での劇場公開作品は、すべてオリジナル音声の字幕スーパー版。自分の家は片田舎にあり、映画館は近所にはない。映画といえばせいぜい市民ホールに巡回してくるアニメ映画をやっとこさ観るくらいだった。自分にはオリジナル英語音声の洋画鑑賞なんてハードル高すぎるシロモノだった。

あれから40年以上経ち、『スター・ウォーズ』も本シリーズ8作品と、スピンオフ2作品の長編映画が作られた。スピンオフのアニメ作品は多過ぎて自分には把握できない。いよいよ今年、本シリーズも次の9作目で完結する。初期6部作のジョージ・ルーカスの手から離れ、ディズニー傘下での『スター・ウォーズ』展開も、今年で一区切りつきそうだ。

自分は『スター・ウォーズ』に限らず、スピンオフ企画というものはあまり好きではない。オリジナルの作品を知らなければわからないような作品が多いし、サイドストーリーを観たくなるほど一つの作品に入れ込むことはまずない。たとえ『スター・ウォーズ』みたいに、小さな時から慣れ親しんでいる作品でも、わざわざ番外編まで観たいとは思わない。淡白に広く浅く様々な作品が観たい。

ディズニー・スターウォーズのスピンオフ前作『ローグ・ワン』も、自分はピンとこなかった。世間では「本シリーズより面白い」という声もあったが、自分はスターウォーズシリーズで初めて睡魔と戦った作品だった。だからこのスピンオフ第二弾『ハン・ソロ』にも全く期待などしていなかった。

映画『ハン・ソロ』は、製作時も監督やスタッフが交代したり、なかなか難航していた様子。結局安全パイの名匠ロン・ハワードが監督してカタチになった。それでも海外からのニュースでは、シリーズ最低の客入りという前情報ばかりが入って来た。自分も、マニアックなつくりのスピンオフものにはすっかり辟易していた。

この映画が日本公開になって、周囲からの感想はそれほど悪いものではなかった。結構スターウォーズ好きの友人たちも、「事前の評判よりは悪くはないよ」というものばかり。それならいつかは自分も観てみようと思った。

でもやっぱりジェダイが登場しないスターウォーズは、ちっとも胸踊らない。スターウォーズの英才教育をきちんと仕込んだはずのウチの子たちも、『ハン・ソロ』には食いつかない。そうか、スターウォーズ・ブランドなのを一旦忘れて、ウエスタン風アメコミSFものとして割り切って観ればいいんだ。スピンオフはスピンオフ。本筋には影響ない。

さすがエンターテイメントを熟知したロン・ハワード。手堅く楽しい作品に仕上がっているけど、短期間で作った煮込み足りなさは否めない。しかし何を急いで作品を量産する? ディズニーは商魂をあらわにし過ぎている。

この『ハン・ソロ』の興行的大失敗はディズニーもさすがに痛手だったらしい。とりあえず今後の同シリーズのスピンオフ作品は足止めになったらしい。ボバ・フェットやオビ=ワンの主人公の作品も企画があったらしい。『ハン・ソロ』の悲しさは、色々とストーリーに謎を残していて、次回作を作る気満々だったところ。今後のシリーズの伏線になるはずだったであろう謎は、謎のまま終わってしまうのだろうか?

ディズニー・スターウォーズの本シリーズ第二弾『最後のジェダイ』は、賛否両論に割れた。旧シリーズからのオールド・ファンは、この作品をこき下ろした。反面、この最新三部作からの若い客層からは、かなりの支持を受けた。自分はオールド・ファンに属するが、この『最後のジェダイ』は大好きだ。いい意味で今までのシリーズのパターンをぶち壊してくれた。先が読めないので、純粋にワクワクする。

2019年のディズニー映画のラインナップは凄まじい。ほとんど毎月新作をリリースする。スターウォーズの本シリーズ完結編だけじゃない。マーベルの『アベンジャーズ』も、完結ではないにせよ、流れに一区切りつけるという。ただ今年のディズニー映画のラインナップは、どれもリメイクや続編ばかり。完全な新作がないのが特徴。もう年内でディズニー映画は店じまいしてしまうのではないかという勢いだ。果たして全作網羅する熱烈ファンの猛者はいるのだろうか?

人気シリーズの関連作品をバンバン量産する。観客が喜ぶならそれもいい。だけどあまりにゴリ押しが過ぎて、飽きてしまうのでは、下品な押し売りだ。スターウォーズも更なる新三部作を予定しているらしい。フォローするのもめんどくさくなってしまう。

自分にとってスターウォーズは大好きな映画。作品にまつわる人生の思い出もたくさんある。このスターウォーズにしろアベンジャーズにしろ、企業が儲けることばかりを気にして、新作をジャンジャカ作って、作品の価値を低下されるのはのはとてもイヤだ。I have a bad feeling about this!

どうかどの作品も惜しまれつつ有終の美を飾って欲しい。数年後に「スターウォーズとアベンジャーズって、まだやってたの?」なんて言いたくない。楽しい映画は大好きだけれど、一度その作品を飽きてしまうと、その作品へのすべての思いが色褪せてしまう。これが今のハリウッドをはじめとする映画業界のビジネス・スタイルなのかもしれないが、実のところファンの気持ちを踏みにじりかねない。最近のハリウッドは、セクハラ問題とかも露呈されたりしているし、なかなか黒い部分が目についてくる。

嗚呼、エンターテイメントの夢の魔法はいずこへ?

関連記事

『ジョジョ・ラビット』 長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビット』。作品の舞台は第二次大戦

記事を読む

no image

女性が生きづらい世の中じゃね……『ブリジット・ジョーンズの日記』

  日本の都会でマナーが悪いワーストワンは ついこの間まではおじさんがダントツでし

記事を読む

no image

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

  『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、 トム・クルーズ主演の 『オール・ユー・ニ

記事を読む

no image

『スターウォーズ/フォースの覚醒』語らざるべき新女性冒険譚

  I have a goood feeling about this!! や

記事を読む

『プライドと偏見』 あのとき君は若かった

これまでに何度も映像化されているジェーン・オースティンの小説の映画化『プライドと偏見』。以前

記事を読む

no image

『ビバリーヒルズ・コップ』映画が商品になるとき

  今年は娘が小学校にあがり、初めての運動会を迎えた。自分は以前少しだけ小中高の学校

記事を読む

『誘拐アンナ』高級酒と記憶の美化

知人である佐藤懐智監督の『誘拐アンナ』。60年代のフランス映画のオマージュ・アニメーション。

記事を読む

『好きにならずにいられない』 自己演出の必要性

日本では珍しいアイスランド映画『好きにならずにいられない』。エルビス・プレスリーの曲のような

記事を読む

no image

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

坂本龍一さんのドキュメンタリー『Ryuichi Sakamoto : CODA』を観た。劇場は恵比寿

記事を読む

no image

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も黙る印象のディズニーなので信

記事を読む

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人か

→もっと見る

PAGE TOP ↑