*

『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類! 新春スペシャル!!』 結束のチーム夫婦も前途多難⁉︎

公開日: : 最終更新日:2021/02/28 ドラマ, 映画:ナ行,

2016年に人気だった『逃げるは恥だが役に立つ』、通称『逃げ恥』の続編スペシャル版。なんとなしに途中から観ていたら、あまりの面白さに、小学生の子どもと最後まで観入ってしまった。人気テレビシリーズの続編スペシャルや劇場版は、つまらない作品が多い。ナメてかかっていました。ゴメンナサイ。配信で最初から観直してしまった。

このドラマは「ムズキュンドラマ」と宣伝されていた。でも実のところは、ラブコメに社会問題を織り込んだ、斬新な視点が最大の魅力。

主婦の労働対価とは?から始まった前回の連続シリーズ。今回のスペシャル版も社会問題てんこ盛り。夫婦別姓やLGBT、会社での産休・育休の取りづらさ、ルッキズム、女性の働きづらさ・生きづらさ、定期検診の曖昧さ、独身中年が大病を患ったときの不安、ワンオペ育児、そしてコロナ禍の閉塞感……。描くべき問題が多すぎて、テレビドラマとは思えないくらいの情報量。目が回る。

ちなみに2016年の前回の連続ドラマの時点で、主婦の労働(家事)を年収に換算すると、304万円になっていた。かなり高額だ。そうなると、家計のためと安易にパートに出るより、徹底的に家事に向き合った方が、生活のクオリティが上がることになる。政府は共働きを推進するが、これは各家庭によって事情が違ってくる。家族会議の必要性も、このドラマの最大のテーマ。

新垣結衣さん演じる主人公みくりさんは、大学院まで通った才女。それでも非正規の派遣社員の仕事にしかつけず、通っていた会社の矛盾点を指摘したがために「小賢しい女」と、契約更新を打ち切られたりしている。ドラマの中でも、彼女の頭の良さが要素要所に発揮されている。もし彼女が適材適所に就ければ、ものすごく能力を発揮できることだろう。高学歴でもそれを活かせない。これまでに費やした学費や、努力の投資がすべて無駄になっている。しかも学資ローンだったから返済も大変。「女だから」という理由だけで冷遇されてしまうのは、社会がまだまだ幼い証拠。女性を認めない損害は、個人レベルだけではなく、社会そのものにとっても大きな問題。先進国として恥ずかしい。昭和バブル脳やミソジニーは、もう卒業しないと国の存亡にも関わりかねない。

星野源さんが演じる夫の平匡さん。優秀なITエンジニア。ドラマではハッキリ言ってないけど、発達障害なのがわかる。博識で常識的だけど、人とのコミュニケーションが苦手。言葉足らずで、みくりさんとしばしば意思疎通の誤解が生じてる。結婚してから、ずいぶん表情が人間らしくなった。今後続編が展開していく中で、みくりさんがカサンドラ症候群になりかけるようなストーリーもあるかもしれない。

ネットで『逃げ恥』と検索すると、「逃げ恥 嫌い」と真っ先に出てくる。なんでもフェミニズムなところや啓蒙的なところが嫌なんだって。それじゃあこのドラマの価値を全否定だね。それだったら他のドラマを観ればいい。『逃げ恥』は、甘いラブコメの様相をした、社会への問題提起の辛いドラマ。コメディで明るく笑えるけど、観賞後ちょっと考えさせられる。そんなエンタメは自分は大好物。現実逃避してないところがいい。もしかして、世の反響が盛り上がってるところに、一石投じたいだけの、かまってちゃんが批判をつぶやいてるのかしら?

ラブコメの結末は、たいてい男女が結ばれたところで終わる。ひと昔前なら、結婚は人生の墓場とか終着駅とか言われていた。実のところは、結婚してからの方がいろいろ起こる。第二ラウンドの始まり。でも劇作品で、地道な結婚生活をじっくり描いている作品は案外少ない。まだまだエンターテイメントで扱うべき未開の題材は山ほどある。結婚でラブコメが完結してしまうのでは前時代的。夫婦というチームが、立ち向かうべき敵はあまりにも多すぎる。悲しいかな、社会は結婚や育児にとても冷たい。

本来仕事とは生活を形成するためにするもの。いつの間にか、仕事先にありきの世の中になってしまった。普通に働いただけでは、とても生活していけない賃金設定。非正規雇用なら、経済的に将来の夢は見ずらい。正規雇用なら、まず自分のプライベートの時間なんて望めない。どっちにせよ、仕事のためだけに生きている奴隷になってしまう。仕事と生活の相性が悪すぎる。そりゃあ少子化にもなる。社会のシステムがどうもおかしい。

みくりさんちご夫婦は、仕事ができる優秀な人たち。それなりに高収入。まだ選択肢がある。それでも結婚して出産・育児していくのに、前途を阻む障害が多い。新婚夫婦の最大の敵は、社会制度そのものだったりする。育児をしていく上での、この国の社会保障はあまりにも手薄。いままで政治に無関心だった人も、結婚してから選挙にちゃんと行くようになった、なんてよく聞く話。

そういえば我が家も「眠りつわり」だったっけ。新婚なのにパートナーがずっと眠ってて、独身みたいだった。

男なんだから、家長なんだから、いい父親にならなければ。自分自身を苦しめる呪いの言葉。平匡さんが追い込まれていく。奥さんの方が大変なはずだから。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。それでは夫も体を壊してしまう。育児鬱になるパパさんが社会問題になったこともある。もうイクメンなんてあたりまえの時代。家事をまったくしない昭和気質のパパさんなんて、あまり聞かなくなった。でも社会はまだ男の育児なんて許してくれない。育休の権利はあるけれど、それだけ。すべて自己責任。制度はあるけど使えない。制度ができただけ、10年前よりはマシ。でも、またまたこれもおかしな話。

自分や家族も健康で、120パーセント仕事に集中できる状態を想定して、社会が成り立っている。それでは自分や身内に何か起こった場合、個人は、一瞬にして滑り落ちてしまうことになる。これが将来への不安感につながっていく。

『逃げるは恥だが役に立つ』というタイトルを回収するように、この困難な道のりも、みくりさんたちは工夫で乗り越える。臨時に家政婦さんを頼んだり、無痛分娩で計画出産を選んだり。先進国のほとんどが無痛分娩をしているのに、日本ではあまり導入されていない。施術料金が高額なのも問題だ。子どもは腹を痛めて産むからこそ意味があると、根拠のない化石時代の慣例論がはびこる。この夫婦にはそんなつまらない同調圧力に屈することはない。ドラマで無痛分娩の場面を観たのは初めて。こんなにラクなんだ。我が家も導入したかった。こういった情報は、どんどん啓蒙してほしい。

ただでさえ大変な出産。そんな中にこのコロナ禍が入り込んでくる。脚色の妙。今の混乱期に妊娠出産した人たちの苦労を想像すると胸が痛む。コロナをドラマで描いている作品があまりに少ないのが不思議。こんな歴史的な有事を、リアルタイムで取り扱わない手はない。時代を象徴するためにも、マスクのある生活を表現する必要がある。我々の日常生活を変えてしまったコロナ禍。マスクを着用した前提でのファッションだってある。ドラマが雑誌的要素もあるなら、尚のことコロナを無視できない。

現代社会の生き方にじっくり向き合った『逃げ恥』。ファッションもインテリアも、ドラマ表現にありがちな、ファンタジックに高額な品ばかりでてくることはない。なんだかすぐに真似できそうなオシャレ感がいい。いかにお金をかけないで、満足感を持って生活していけるか。今後、現代社会を生きる上での最大の課題。

みくりさんと平匡さんは、きちんと生活を考えて生きている。それでも生きづらい。カワイくオシャレ、まじめに心穏やかに生きているだけなのに、なかなか幸せになれない。お互いをリスペクトし合った、結束の硬い「チーム夫婦」でもこれだけ苦労する。自助とか自己責任は、もうやり尽くされた。

個人個人が幸せを感じたり、将来に気軽に夢を抱けるのが理想の社会。人権が軽視されることがないように。人の尊厳を考えれば、フェミニズムも自然と含まれてくる。人は誰でもどこかでマイノリティに属してる。多様性を認めることは、自分自身を救うこと。これといった思想がなくとも、自ずとそこにたどり着く。

影響力の高いテレビドラマで、これだけ新しいライフスタイルの提案シミュレーションをしてくれるのは、とても貴重。暗く重い現実を突きつけられて、塞ぎ込んでしまいそうなところを、明るい方向へ導いてくれる。ひとつの作品が、世の中の流れを変えてくれることもある。

ドラマのラストシーンでは、家族はマスクを着けていない。現実には今はまだ、コロナ禍の収束が見えそうにない。だからこそ、希望の未来がそこに描かれている。

関連記事

no image

『おやすみなさいダース・ヴェイダー』SWファンもすっかりパパさ

  ジェフリー・ブラウン著『おやすみなさいダース・ヴェイダー』。 スターウォーズの

記事を読む

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には、たくさんの名作があるけれど、

記事を読む

『日本沈没(1973年)』 そして第2部が始まる

ゴールデンウィークの真っ只中、twitterのトレンドワードに『日本沈没』があがった。NHK

記事を読む

『ドグラ・マグラ』 あつまれ 支配欲者の森

夢野久作さんの小説『ドグラ・マグラ』の映画版を久しぶりに観た。松本俊夫監督による1988年の

記事を読む

no image

映画づくりの新しいカタチ『この世界の片隅に』

  クラウドファンディング。最近多くのクリエーター達がこのシステムを活用している。ネ

記事を読む

no image

『生きる』立派な人は経済の場では探せない

  黒澤明監督の代表作『生きる』。黒澤作品といえば、時代劇アクションとなりがちだが、

記事を読む

『デューン/砂の惑星(1984年)』 呪われた作品か失敗作か?

コロナ禍で映画業界は、すっかり先行きが見えなくなってしまった。ハリウッド映画の公開は延期に次

記事を読む

『怒り』 自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画

記事を読む

『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から8年後に製作された映画

記事を読む

no image

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』ブラックって?

  ネット上の電子掲示板『2ちゃんねる』に たてられたスレッドを書籍化した 『ブ

記事を読む

『君の名前で僕を呼んで』 知性はやさしさにあらわれる

SF超大作『DUNE』の公開も間近なティモシー・シャラメの出世

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 変遷するヒーロー像

コロナ禍の影響で、劇場公開の延期を何度も重ね、当初の公開日から

『アンという名の少女』 戦慄の赤毛のアン

NetflixとカナダCBCで制作されたドラマシリーズ『アンと

『MINAMATA ミナマタ』 柔らかな正義

アメリカとイギリスの合作映画『MINAMATA』が日本で公開さ

『ワンダーウーマン1984』 あの時代を知っている

ガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督のコンビでシリーズ

→もっと見る

PAGE TOP ↑