*

『猿の惑星:新世紀』破滅への未来予測とユーモア

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:サ行,

 

2011年から始まった『猿の惑星』のリブートシリーズ第二弾にあたる『猿の惑星:新世紀』。前作の『猿の惑星:創世記』があまりに面白かったので、続編はぜひ劇場で観なくてはと思っていたら、ついうっかりして観そびれてしまった。というか、近所にいくつかあるシネコンの本作の上映時間が、観づらい時間に集中してしまって、こりゃ観れないなとなってしまった。もしかしたら客が入らなかったから、そんな仕打ちにあったのかしら? そして月日は流れ、そういえばと思い出して観てみると、やはりホントにゴメンナサイと言いたくなるほどに面白い映画だった!

この『猿の惑星』のリブートシリーズは、近年では珍しく本格的なSFに仕上がっている。そもそも60年代後半から70年代にかけて大ヒットしたオリジナルシリーズの前日譚を描くという切り口が冴えている。地球はいかにして、人間から猿が支配する惑星になっていくのか、リアルにシミュレーションしている。CG技術あっての映画だけど、やはり重要なのは脚本の重厚さ。

第一作目『~創世記』では、猿が知性を身につけるまでを説得力のあるプロットで描いた。科学者が、アルツハイマーを患う父親を治したいあまりに開発した特効薬を、猿を実験台として投与したことで、猿たちが徐々に知性的になっていくというストーリー。アルツハイマーを健常な猿たちにあてがえば、脳が活発になり、話すこともできるようになる。

知的障害をもつ青年が脳手術を受け、どんどん知的になっていく様子を一人称のレポート形式で描く、ダニエル・キイスの『アルジャーノンに花束を』から着想している。瞳の奥に知性を忍ばせる猿の首魁・シーザーを演じるアンディ・サーキスが素晴らしい!

先日、エンキ・ビラルとシャネル・ジャパンの展覧会に行った。エンキ・ビラルはフランスのバンドシネ(グラフィック・ノベル)の代表的なアーティスト。SF作家にあたる。ビラルはインタビューで「自分のジャンルはSFといわれるが、未来予測と呼んでもらえると嬉しい」と言っていた。この『猿の惑星』も完全に未来予測というジャンルだろう。

この第二作目『猿の惑星:新世紀』では、人間はほとんど壊滅状態になっている。このシリーズが一貫して描くディストピアとしての未来。猿たちはコロニーをつくり、慎ましやかな生活をしている。背筋がピンと伸びた猿族は崇高で気高くカッコイイ。イケメンゴリラも目じゃない。エンタメ作品なので、一応勧善懲悪にしなければならないが、悪役ですらカッコイイ。猿目線の映画なので、なんだか人間なんて滅んでしまえと思えてしまうから不思議。猿たちの会話は基本的には手話だが、ときどき発する英語はシンプルで意味深い。

本作では、紛争や戦争がどのような起こるのか、リアルにシミュレーションしている。これは未来予測というより、いま世界中のどこかで起こっていること。きな臭いこんな世の中だからこそ、観ていて恐ろしくなってきた。これを人間同士の戦いにしていないところに、エンターテイメントとしての意味がある。人と人が殺しあっては、陰惨すぎて観ていてへこんでしまうだけだろう。でも、結局これは猿の映画でしょ、ってところに救いがある。人間が猿のマネをしているバカバカしさが大事。この映画は、民族紛争や戦争のメタファー。ものごとを真面目に考えつつ、笑い飛ばすユーモアももっている。しかしテーマはあくまで社会風刺であり、社会への警鐘である。

この『猿の惑星』リブートシリーズは、全三部作を構想している。本格的なSFなので、かなり地味な作品。それもあってか、日本ではヒットしなかったみたいだけど、どうか次回作が実現して欲しいものです。

さてシリーズ完結編は、どんな視点で未来をシミュレートして、 どんなブラックユーモアをみせてくれるのか、とても楽しみです。

関連記事

no image

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』 若手女流監督が人生の機微で原作を補完

  言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太

記事を読む

『コジコジ』カワイイだけじゃダメですよ

漫画家のさくらももこさんが亡くなった。まだ53歳という若さだ。さくらももこさんの代表作といえ

記事を読む

no image

『戦場のメリークリスマス』摩訶不思議な戦争映画

  1月17日が教授こと坂本龍一さんの誕生日。 1月18日はビートたけしこと北野武

記事を読む

no image

『サウルの息子』みせないことでみえてくるもの

カンヌ映画祭やアカデミー賞など、世界の大きな映画祭で、賞をとりまくっていたハンガリー映画『サウルの息

記事を読む

no image

『惑星ソラリス』偏屈な幼児心理

  2017年は、旧ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーに呼ばれているような年だ

記事を読む

no image

『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』日本原作、萌え要素を捨てれば世界標準

  じつに面白いSF映画。 トム・クルーズのSF映画では 最高傑作でしょう。

記事を読む

no image

『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』夢を現実にした最低で最高の男

芸能界は怖いところだよ。よく聞く言葉。 本書は『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーで、実質的な生みの

記事を読む

no image

『モモ』知恵の力はディストピアも越えていく

ドイツの児童作家ミヒャエル・エンデの代表作『モモ』。今の日本にとてもあてはまる童話だ。時間泥棒たちに

記事を読む

no image

『藤子・F・不二雄ミュージアム』仕事の奴隷になること

先日、『藤子・F・不二雄ミュージアム』へ子どもたちと一緒に行った。子どもの誕生日記念の我が家のイベン

記事を読む

no image

自国の暗部もエンタメにする『ゼロ・ダーク・サーティ』

  アメリカのビン・ラディン暗殺の様子を スリリングに描いたリアリスティック作品。

記事を読む

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリ

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメン

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えているこ

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰し

→もっと見る

PAGE TOP ↑