*

『みんなのいえ』家づくりも命がけ

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:マ行

 

念願のマイホームを手に入れる。自分の土地を得て城を持つことを夢に描くのは、日本人独特の考え方かも知れない。いかに多くの領土を所有するかが天下の分かれ目だった、戦国時代から脈々と続く遺伝子の記憶が、そう思わせるのだろうか?

家を建てるなんて、大抵の人にとって一生の買い物。ドラマチックなことが起きて当然。せっかく家を建てたのに、そのタイミングですっかり老けこんでしまう人や、大病を患ってしまう人、不幸にも亡くなってしまう人の話はよく聞く。家を建てることは、それだけエネルギーを使うことなのでしょう。もちろん家を持つことで、俄然モチベーションが上がって、人生にハリが出てくる人だっている。とにかく、家を持つということは、人生の大きな転機になるのは確か。

そんな「理想のマイホームづくり」がテーマになっているのは2001年の映画『みんなのいえ』。今年のNHK大河ドラマの『真田丸』の脚本家・三谷幸喜監督作品。

若い新婚夫婦が新居をつくろうと、妻の知り合いのデザイナーズ建築士に設計を依頼して、施工は大工の棟梁である妻の父親にお願いする。かたや新進気鋭のトンガリまくりのデザイナー、かたややスタンダードな日本家屋づくりに誇りを持つ棟梁。そんな新旧の建築の考え方を持つ両者がひとつのプロジェクトに取り組むのだから、ぶつからないわけがない。やれ玄関ドアは外開きにするか内開きにするかとか、細かいところでいちいちぶつかる。新婚夫婦の家づくりなのに彼らそっちのけで、デザイナーと棟梁の仕事に対するプライドの闘いになっていく。「なんでこんなところに柱があるんだ!」「大黒柱のない家なんて家じゃない!」両者の意見がいちいち対立してケンカになる。オロオロしっ放しの新婚夫婦。でもみんながもめてる姿が、観客はいちばん楽しい。人の不幸は蜜の味とはまさしくこのこと。そりゃあ寿命も縮まるわ。

新婚夫婦の夫の危惧も笑える。この対立しているデザイナーと棟梁、根っこは共に仕事熱心な職人さん。なにかの弾みで意気投合してしまったら、結束は揺るぎないものとなる。夢のマイホームづくりがスムーズに進むのはいいけど、これでは義父は自分よりもデザイナーと仲良くなっちゃう。お義父さんをとられちゃうと泣く夫の姿に、切なすぎていちばん笑えてしまった。

ドラマというものはストーリーや仕掛けでみせるものもあるけど、やっぱり様々な価値観や個性の人がぶつかりながら、乗り越えていく姿がいちばんおもしろい。どんなことが起きたかではなく、どんな人がいたかが重要。初期の三谷幸喜作品の人間観察は、意地悪だけど愛がある。登場人物ひとりひとりに寄りそっているからこそ、感情移入ができて楽しくなる。観客はは当初は登場人物たちのトラブルに意地悪く笑ってるけど、問題を克服したときには、一緒になって嬉しくなっちゃってる。まさに『みんなのいえ』の完成!

『みんなのいえ』は三谷幸喜監督のマイホームづくりの経験がアイデアにいかされているそうです。そんな三谷監督も離婚してしまったし、世の中もずいぶん変わってしまったような気がする。

この映画の公開当時はまだマイホームが夢だった時代。今だったらファンタジーに近い。夢だったら実現もするだろうけど、ファンタジーは夢は夢でも所詮絵空事。現実とは別世界。夢も希望もなくなってしまったような世の中だけど、今までの考え方を変えたら、フッと道が開けるかも知れない。不景気だからこそ、金利が昔より安かったりするわけだし。やっぱりなにごともヤケにならずに明るい気持ちを保つ努力が大事なんだろうな。

関連記事

no image

『モアナと伝説の海』ディズニーは民族も性別も超えて

ここ数年のディズニーアニメはノリに乗っている。公開する新作がどれも傑作で、興行的にも世界中で成功して

記事を読む

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送された。地上波放送用に、絶妙な

記事を読む

『マイマイ新子と千年の魔法』 真のインテリジェンスとは?

近年のお気に入り映画に『この世界の片隅に』はどうしも外せない。自分は最近の日本の作品はかなり

記事を読む

『マグノリアの花たち』芝居カボチャとかしましく

年末テレビの健康番組で、糖尿病の特集をしていた。糖尿病といえば、糖分の摂取を制限される病気だ

記事を読む

no image

『Mr.インクレディブル』好きな仕事に就くこと

  今年続編が公開される予定のピクサー2004年の映画『Mr.インクレディブル』。も

記事を読む

no image

夢物語じゃないリサーチ力『マイノリティ・リポート』

  未来描写でディストピアとも ユートピアともとれる不思議な映画、 スピルバーグ

記事を読む

no image

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

ポップコーン・ムービーの王道、今ノリにノってるディズニー・マーベルの人気キャラクター・ソーの最新作『

記事を読む

no image

トップアイドルだからこそこの生活感!!『もらとりあむタマ子』

  ダメ男というのは笑えるが、ダメ女というのはなかなか笑えない。それは世間一般の潜在

記事を読む

no image

911。アメリカの為の救済映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 』

  9.11。アメリカ同時多発テロの日。 このテロのワールドトレードセンターで

記事を読む

no image

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』アメコミみたいなアイツ

トム・クルーズが好きだ! 自分が映画を観るときに、監督で選ぶことはあっても、役者で決めることはほとん

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑