*

『ディファイアンス』他力本願ならカタルシス

公開日: : 最終更新日:2019/06/11 映画:タ行,

 

事実は小説よりも奇なり。

第二次大戦中のナチスドイツのユダヤ人迫害を描いた作品は、ひとつのジャンルといっていいほど近年たくさん製作されている。この映画『ディファイアンス』も、そのテーマを扱っているのだが、一連の作品とは一味印象が違う。ユダヤ人たちが、ただただナチスに殺されているだけではなく、パルチザンとなって戦っているのだ。

監督は『ラストサムライ』などのエドワード・ズウィック。社会派の題材を娯楽性高く味付けするのが得意の監督さん。史実を基にしたこの映画も、要所要所にハリウッド的なひな形は感じられる。ここは脚色なんだろうなと、ハッキリわかってしまうのはご愛嬌。

ユダヤ人狩りをするナチスに対し、逃げるだけではなく、武器を集めながら抵抗していくユダヤ人コロニー。ユダヤ人といえば、ずっと迫害され続けている民族のイメージ。戦うユダヤ人もいたというのが新鮮。

ユダヤ人たちが森の中で逃亡生活を送る。その自然描写の美しさや、ナチスとの攻防戦と、映画的な要素がふんだんに織り込まれている。

主人公のユダヤ人のリーダーをダニエル・クレイグが演じてる。『007』シリーズでの悲しみを背負ったジェームズ・ボンドのイメージを引き継いでいる。悲壮感の中の強い目力が印象的。

ユダヤ人パルチザンが、ナチスドイツ軍やそれに手を貸した人間に報復する。観客としてはなんともしれないカタルシス。でもちょっと待て。人が殺される場面で、スッキリしてしまう感性って、かなり危険。ナチスの非人道的な大虐殺は、許されざることだけど、「目には目を」を続けていけば、みんな目がなくなっちゃう。誰だってやはり、むざむざただ殺されるくらいなら抵抗はするだろう。問題はこの絶対悪が生まれてしまう土壌。

ハンナ・アーレントの『全体主義の起源』にまつわる何かで読んだ、侵略側の一兵卒として出征した人の記録で、上官から捕虜を殺せと命じられたというものがある。怯える相手国の捕虜を前に、その後ろでは上官が睨みをかけている。殺さなければ自分が殺される。その一兵卒が、捕虜を刺し殺した瞬間込み上げてきたのは、恐怖や後悔よりも、恍惚感だったとのこと。そうして暴力は正当化される。

大勢の人を殺したシリアル・キラーも、最初の一人目を殺めるのは大変だと聞く。

以前、自主劇団をやっている頃のこと。作品は幕末時代の志士たちの話。登場人物はみなたくさん人を殺してる。役者さんのひとりから聞いた役作りのイメージ・トレーニングで、具体的な誰かを実際に殺す想像を巡らせてみたらしい。ディテールを詳しくイメージすればするほど、身震いするほど恐ろしかったとのこと。最初の1人をイメージするのは、難儀だったけど、2人目3人目は慣れていって簡単になったとのこと。残虐性への麻痺。こうしてサイコパスは完成、製造されてくのだろうか。

ユダヤ人たちがナチス軍をやっつける。なんともカタルシスがある展開。主人公が親の仇を討ったあと、弟が「気分は良いか?」と尋ねる。良いわけがない。悪党が倒される姿をみるのは勧善懲悪の世界では気分が良い。自分とは関係ない第三者が、手を下して悪いヤツを成敗する。世界に平和がやってくる。みんなが英雄に感謝する。だがその英雄の手は血塗られて、その人生は滅茶滅茶だ。

現実は勧善懲悪のようにうまくはいかない。グレーゾーンのせめぎ合い。こういった戦争映画は、一応善悪ハッキリしていないと観客は混乱してしまう。社会派のシリアスな映画ではあるが、無防備にそのままを真実とは受け取らない想像力も必要だ。

映画は鑑賞後、それなりに爽快感を与えてくれる。これはあくまでエンターテイメントなんだと、おのれに釘を刺して、割り切ってみた方がいいみたいだ。

関連記事

no image

『藤子・F・不二雄ミュージアム』仕事の奴隷になること

先日、『藤子・F・不二雄ミュージアム』へ子どもたちと一緒に行った。子どもの誕生日記念の我が家のイベン

記事を読む

no image

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』 若手女流監督が人生の機微で原作を補完

  言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太

記事を読む

『東京暮色』 生まれてきた命、生まれてこなかった命

第68回ベルリン国際映画祭で小津安二郎監督の『東京暮色』の4Kレストア版が上映された。小津作

記事を読む

no image

『メッセージ』ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

ずっと気になっていた映画『メッセージ』をやっと観た。人類が宇宙人とファースト・コンタクトを取るストー

記事を読む

no image

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

  今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長

記事を読む

no image

『ドクター・ストレンジ』アメコミとユダヤ人

流転の民族ユダヤ人は、どこの社会に行っても成功していくらしい。商売上手だったり、仕事ができるのはもち

記事を読む

no image

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。ホドロフスキーと言えば、70年

記事を読む

no image

『生きる』立派な人は経済の場では探せない

  黒澤明監督の代表作『生きる』。黒澤作品といえば、時代劇アクションとなりがちだが、

記事を読む

『デッドプール2』 おバカな振りした反骨精神

映画の続編は大抵つまらなくなってしまうもの。ヒット作でまた儲けたい企業の商魂が先に立つ。同じ

記事を読む

no image

『トレインスポッティング』はミニシアターの立位置を変えた!!

  スコットランドの独立の 是非を問う投票が終わり、 独立はなしということで決着

記事を読む

『パブリック 図書館の奇跡』 それは「騒ぎを起こしている」のではなく、「声をあげている」ということ

自分は読書が好き。かつて本を読むときは、書店へ行って、平積みさ

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリン

『健康で文化的な最低限度の生活』 貧しさが先か、病が先か?

「なんか該当しそうな給付制度ありました?」 これは最近パパ友と

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 自分のことだけ考えてちゃダメですね

※このブログはネタバレを含みます。 『ヱヴァンゲリヲン新

『カラマーゾフの兄弟(1969年)』 みんな変でみんないい

いまTBSで放送中の連続ドラマ『俺の家の話』の元ネタが、ドスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑