*

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

公開日: : 映画:タ行

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。自分と同年代の監督さんということもあってか、人生で問題となるトピックが毎回タイムリー。

ジェイソン・ライトマン監督といえば、『ゴースト・バスターズ』のアイヴァン・ライトマン監督の御子息でもある。お父さんは、王道エンターテイメントのブロックバスター監督だけど、息子のジェイソンは社会派で、ピリリと辛いインディペンドな作風。このジェイソン・ライトマン監督の次回作は、お父さんの代表作『ゴースト・バスターズ』の続編。果たしてどうなるか。センスの良い監督さんだから、ひねりの効いたエンターテイメント作品になりそう。期待大。

ジェイソン・ライトマン監督作品は、予告編を観たら、必ず「観たい!」と興味を惹く。でもなんとなく見逃してしまう。ハートをガッチリ掴んでしまう題材選びで、観たら絶対面白いに決まってるのだけど、なにせ地味。いつの間にか上映も終わって、誰も話題にすることがない。ふと思い出したときに観なければいけない作品ばかりだ。

『タリーと私の秘密の時間』は、ジェイソン・ライトマン監督とシャーリーズ・セロン主演でタッグを組む二作目。そういえば前作『ヤング≒アダルト』も観てなかった。あの映画のシャーリーズ・セロンのファッションが良くて、観たいなあと思っていた。タイトルからして、かなり痛々しそう。次は『ヤング≒アダルト』観ようかな。邦題にだけくっついてきた『≒(ニアリー)』って、何だろう?

今回の『タリーと私の秘密の時間』は、育児鬱がテーマ。ママさんの育児ワンオペ問題は、世界共通だと知ってホッとした。いや、ホッとしてちゃいけない。この問題を無視し続けたら、世界的のママさんは全員鬱になり、地球規模の少子化になってしまう。まあ、人類が減ったら減ったで、環境汚染問題が一気に解決しそうだから、大きな目で言えば一長一短か。

自分は父親だから、母親のワンオペ育児の過酷な労働は経験していない。育児でいちばん過酷な時期は、赤ん坊が生まれての3年間。親はその期間、自分のことなどまったくできなくなってしまう。母親ならば、24時間体制の赤子の奴隷と化す。映画で描かれる育児業務の過酷さは、ちっとも大袈裟とは感じない。まさに戦場。

よく若い母親が、赤ちゃんを殺してしまうというやるせない事件を耳にする。そのニュースを聞くたび、他人事ではないとゾッとする。追い込まれた親が、ふと我が子を死なせてしまうのではないかという恐怖。今日もなんとか生き延びられた、でも明日は? そもそも気がつけば明日が今日になっている。もう何ヶ月もまともに睡眠が取れていない。無限に続く孤独と恐怖。今日も赤ん坊とだけで過ごしてるだけの一日。誰とも会話していない。

ワンオペ育児がずっと続けば、気が狂うのも当然。街を歩けば、見知らぬどこかのおばさんが突然「あなたのその育て方はおかしい」と、説教をたれてくる。その先輩のお節介が最大の迷惑だったりする。母親にとって、渡る世間は鬼ばかり。鬱になれば尚のこと、世界が暗闇に見えてくる。

イクメンもすっかり当たり前の世の中になったけれど、社会はまだまだ父親に育児を許してくれない。夫が育児に参入した途端、職場のハードワークとの両立で、イクメンパパも鬱になってしまうこともある。母親は子どもを産んだ瞬間から、我が子中心の思考にシフトチェンジする。子孫を残そうとする無意識の本能のスイッチが入る。そうするとパートナーのことは目に入らなくなる。相手にされなくなった父親は、悪気もなく育児に無関心になっていく。映画は育児の辛さを、これでもかと見せつけてくる。

産前産後の妊婦の体は、自身の思うように動かない。体型も崩れてしまう。突然障害者になったのと同じ。昨日まで華のようにチヤホヤされてた女性が、急に醜い生き物のように扱われる。その身体的な衝撃を、シャーリーズ・セロンが肉体改造をして演じ切っている。我々観客は、普段の彼女のカッコいい体型を知っている。だからこその絶望感。

先日、日本テレビの『金曜ロードショー』で、『おおかみこどもの雨と雪』を放送していた。この映画は育児ファンタジー。そもそも作品自体が現実逃避色の強い日本のアニメーション。育児をふわふわの甘い感じで描いている。この映画のターゲットは若い人。これから恋愛をし、家庭を築いていきたいなぁと夢を膨らませている世代に、これから地獄のような戦いの日々が待っているとは伝えづらい。実際に育児を経験した人から見れば、このアニメ映画はどこか物足りない。こんなに可愛く育児ができるはずはない。子どもを育て上げた親は、急激に老け込む。心の準備ができて親になる人なんていない。強引に親にされていく。諦めの境地。

『タリーと私の秘密の時間』は、これといって明確な解決策を示してくれない。ただ主人公が周囲にSOSをだせるきっかけを見つけただけ。現実にはそれが精一杯。そして確実な第一歩。一見ジェイソン・ライトマン監督の視点は辛辣に思える。しかし大きな意味で捉えれば、映画の視点は優しく温かい。

人は親になると「親とはこうあるべき」などと、「あるべき地獄」に陥りやすい。他人に迷惑をかけないようにする、自助の重要性と我々は幼い頃から教え込まれてきた。しかしそれはなんら悩みのない人が発する詭弁。困ったとき弱ったときこそ、頼り頼られるのが人間らしい社会。誰だっていつ社会的弱者になるかわからない。強者の理屈で成立している社会は崖っぷち。社会問題を声高に訴えたりしないところが、ジェイソン・ライトマンのセンスの良さ。

世の中にはまだまだ作品として描くべき題材が山積している。身の回りにある問題を一つひとつ整理して、じっくり向き合う必要がある。情報過多の社会で、カオスのまま過ごしてしまっては人生もったいない。誰かが創作する物語が、人生の整理整頓のToDoリスト作りに参考になることもある。

問題が見えてくれば、次にどう行動すればいいか自ずと見えてくる。人生の未来設計に、物語を参考にするのも映画鑑賞の楽しみ方のひとつだ。物語を楽しむ行為は、自分がまだ経験していない他人の人生を知るシミュレーション。物語に触れ視野が広がるからこそ、それをきっかけに知的好奇心が疼いていくのだろう。

関連記事

no image

原作への愛を感じる『ドラえもん のび太の恐竜2006』

  今年は『ドラえもん』映画化の 35周年だそうです。 3歳になる息子のお気

記事を読む

no image

『トンマッコルへようこそ』国は反目してても心は通じるはず

国同士が争うと、個人が見えなくなってしまう。もしかしたら友達になれるかもしれない人とも傷つけ合わなけ

記事を読む

no image

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

もうすぐ桜の季節。桜が出てくる作品で名作はたくさんある。でも桜ってどうしても死のメタファーとして使わ

記事を読む

『沈黙 -サイレンス-』 閉じている世界にて

「♪ひとつ山越しゃホンダラホダラダホ〜イホイ」とは、クレイジー・キャッツの『ホンダラ行進曲』

記事を読む

『ツイン・ピークス』 あの現象はなんだったの?

アメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』が 25年ぶりに続編がつくられるそうです。

記事を読む

no image

『東京物語』実は激しい小津作品

  今年は松竹映画創業120周年とか。松竹映画というと、寅さん(『男はつらいよ』シリ

記事を読む

no image

大人になれない中年男のメタファー『テッド』

  大ヒットした喋るテディベアが主人公の映画『テッド』。 熊のぬいぐるみとマーク・

記事を読む

no image

『帝都物語』混沌とした世にヤツは来る!!

  9月1日といえば防災の日。1923年の同日に関東大震災で、東京でもたいへんな被害

記事を読む

no image

暗い問題を明るく描く『塔の上のラプンツェル』

  大ヒット作『アナと雪の女王』もこの 『塔の上のラプンツェル』の成功なしでは

記事を読む

no image

儀式は人生に大切なもの『ディア・ハンター』

  マイケル・チミノ監督の ベトナム戦争を扱った名作『ディア・ハンター』。

記事を読む

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人か

→もっと見る

PAGE TOP ↑