*

ファンとクリエーターの境目とは?

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画, 未分類

 

自分は若い頃、
映像の専門学校へ通ってました。

学校へ通う目的と言うのは様々です。

こういった資格の無いクリエーターの学校は
漠然と通ったのでは、あまり効果的ではない。

学校に集まるのは
一般的に映像作品のファンが多い。

なんとなく映画監督になりたいという
おぼろげな夢を抱いている。

別段作りたいものがある訳ではない。

そもそも有名になるくらい活躍する人は、
最初から学校で教わろうとは考えない。

好きな作品があるなら、
そこの制作会社や監督に
直に会いに行ったりして、
早々と現場に潜り込んでいる。

自分も含めて、
学校で何かを教わろうという
受け身のスタンスでは、そもそもアウト。

ただ、学校にもプロで活躍している人が
紛れ込んでいることがある。

それは大抵、自分の表現の確認のため。

ファンとクリーエーター。
似て非なるもの。

ファンは好きな作品を
好きすぎて研究してしまう。

頭が固まって、
それ以外はありえないくらい
神格化してしまう。
もうこうなったら怖くて何も作れない。

クリエーターの人は、
理屈より先に手が動いている。
まずカタチにしてみて、
違和感がないかどんどん試行錯誤していく。

頭で考えているものと、
実際カタチになっているもの。
作ってみないと分からないものもある。
しっくりいかなければどんどん破壊していく。

モノ作りとは本来そういったもの。
壊す決断は、創造するときに不可欠。

うまく行かなかったら都度、軌道修正。

決断力がつくので、人間的にも魅力がでてくる。

もっとも重要なのは、
当初の青写真通りに、正確に作ることではない。

多くの人に受け入れられる作品を作ること。

凄くなる人は学校へ行く前に、
すでに始めているのです。

関連記事

no image

はやいことに三代目『いないいないばぁっ!!』『みいつけた!』

  小さい子どもがいる家の 朝の定番番組はNHK Eテレ。 ホントは朝はニュースとかみ

記事を読む

『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書いた映画評集を見つけた。

記事を読む

no image

王道、いや黄金の道『荒木飛呂彦の漫画術』

  荒木飛呂彦さんと言えば『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの漫画家さん。自分は少年ジ

記事を読む

no image

日本人が巨大ロボットや怪獣が好きなワケ

  友人から「日本のサブカルに巨大なものが 多く登場するのはなぜか考えて欲しい」と

記事を読む

no image

『3S政策』というパラノイア

  『3S政策』という言葉をご存知でしょうか? これはネットなどから誕生した陰謀説で

記事を読む

no image

『東京ディズニーランド』お客様第一主義の行方

  自分はディズニーランドは大好きです。 子どもたちも喜ぶし、 自分も子どもみた

記事を読む

no image

『作家主義』の是非はあまり関係ないかも

  NHKでやっていたディズニーの 舞台裏を描いたドキュメンタリー『魔法の映画はこ

記事を読む

no image

自粛もいいけど、それでは天才は生まれない

  NHKのお笑い番組で、 お笑いコンビ「爆笑問題」が政治家ネタを やろうとした

記事を読む

no image

『誰がこれからのアニメをつくるのか?』さらなる大志を抱けたら

  「日本が世界に誇るアニメ」などという手前味噌な恥ずかしいフレーズも、すっかり世の

記事を読む

no image

子どもが怖がる『クレヨンしんちゃん』

  かつて『クレヨンしんちゃん』は 子どもにみせたくないアニメワースト1でした。

記事を読む

『ブラックパンサー』伝統文化とサブカルチャー、そしてハリウッドの限界?

♪ブラックパンサー、ブラックパンサー、ときどきピンクだよ〜♫

『ベニスに死す』美は身を滅ぼす?

今話題の映画『ミッドサマー』に、老人となったビョルン・アンドレ

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人と

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』考えずに依存ばかりしてると

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・

→もっと見る

PAGE TOP ↑