*

『レザボア・ドッグス』チャンスをつかむには、せっかちさんの方がいい

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:ラ行

t02200156_0800056913020672678

新作準備の『ザ・ヘイトフル・エイト』
の脚本流出で制作中止を発表し、
先日それを撤回した
クエンティン・タランティーノ監督。

マニアックなオタクは、研究者に近いので、
なかなかクリエイティブな方向で
開花することは稀なのです。

このタランティーノ監督は例外でしょう。

彼の映画やサブカルチャーに対する愛は深い。
知り尽くしているが故に、
目利きになっているといっていい。

この『レザボア・ドッグス』は最初、
監督本人が主演で自主映画として
作られていたそうです。

それが俳優のハーベイ・カイテルの目にとまり、
プロの役者でリメイクされたのが本作。

ちゃんと劇場にのる映画になると決まった
若きタランティーノは、早く映画をカタチしたくて
イライラしていたそうです。

制作費が集まらないなら、
16ミリでも撮ってやるという意気込み。

ハーベイ・カイテルが
「金なら集めてやるから、
ちゃんと35ミリで撮らなきゃダメだ」
と説得したらしいです。

そしてハーベイが本作の脚本を
紹介したらすぐ人もお金も集まったと聞きます。

「オレの映画の制作費はB級だが、脚本は超A級だぜ!」

タランティーノの言葉。
まったくその通り。

チンピラの世界を描いていながら、
文学的な構成で、
バイオレンス映画なのにも
関わらず知的な趣の彼の作品。

音楽の選択など素材集めのセンス良い。
オシャレ。

彼の名はハリウッドで噂となり、
新作の脚本ができると、
有名な役者がギャラに関わらず
出演したいとラブコールが来るほどに。

これならいけると、
後続する世界中の自主制作映画が
このスタイルをマネした。

でも、ただカタチだけマネしたって仕方がない。

当時のタランティーノ、
自分の才能に手応えを感じていたのでしょう。
それが思い込みでないところも冷静。

この機を逃さないぞという意気込みと、
行動力はもの凄かったと想像できます。

チャンスと才能と努力が重なったとき、
もの凄いパワーが炸裂して動き出す。

こんな奇跡的瞬間は、じつは偶然ではなく、
地道な努力あってのことだと思います。


関連記事

日本映画の時代を先行し、追い抜かれた『踊る大走査線』

『踊る大走査線』はとても流行ったドラマ。 ドラマが映画化されて、国民的作品となった。 観

記事を読む

『ロスト・イン・トランスレーション』幸せなはずなのに……。

日本のアニメ作品『Ghost in the Shell』が スカーレット・ヨハンソン主演で

記事を読む

『ロッキー』ここぞという瞬間はそう度々訪れない

写真:Album/アフロ[/caption] 『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督が

記事を読む

少子化だっていいじゃない!?『40歳の童貞男』

2005年のこの映画『40歳の童貞男』。ふわーっと遠くを見つめるスティーヴ・カレルのポスター

記事を読む

『虹色のトロツキー』男社会だと戦が始まる

アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』を観た後、作者安彦良和氏の作品でずっと気に

記事を読む

『ズートピア』理不尽な社会をすり抜ける術

variety.com[/caption] ずっと観たかったディズニー映画『ズートピア』をや

記事を読む

日本も開けてきた?『終戦のエンペラー』

映画『終戦のエンペラー』を観た。 映画自体の出来映えはともかく、 こういった内容の映

記事を読む

『ジャングル大帝』受け継がれる精神 〜冨田勲さんを偲んで

作曲家の冨田勲さんが亡くなられた。今年は音楽関係の大御所が立て続けに亡くなっている。ご冥福を

記事を読む

『シンドラーのリスト』極端な選択の理由

出典:ajshawler.blogspot.com[/caption] テレビでナチスのホロ

記事を読む

『カメレオンマン』嫌われる勇気とは?

ウッディ・アレンの『カメレオンマン』。人に好かれたいがために、相手に合わせて自分を変化させてしま

記事を読む

『バーフバリ』エンタメは国力の証

http://baahubali-movie.com/[/capti

『スイス・アーミー・マン』笑うに笑えぬトンデモ・コメディ

http://sam-movie.jp/[/caption]

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthe

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑