*

『レザボア・ドッグス』チャンスをつかむには、せっかちさんの方がいい

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:ラ行

t02200156_0800056913020672678

新作準備の『ザ・ヘイトフル・エイト』
の脚本流出で制作中止を発表し、
先日それを撤回した
クエンティン・タランティーノ監督。

マニアックなオタクは、研究者に近いので、
なかなかクリエイティブな方向で
開花することは稀なのです。

このタランティーノ監督は例外でしょう。

彼の映画やサブカルチャーに対する愛は深い。
知り尽くしているが故に、
目利きになっているといっていい。

この『レザボア・ドッグス』は最初、
監督本人が主演で自主映画として
作られていたそうです。

それが俳優のハーベイ・カイテルの目にとまり、
プロの役者でリメイクされたのが本作。

ちゃんと劇場にのる映画になると決まった
若きタランティーノは、早く映画をカタチしたくて
イライラしていたそうです。

制作費が集まらないなら、
16ミリでも撮ってやるという意気込み。

ハーベイ・カイテルが
「金なら集めてやるから、
ちゃんと35ミリで撮らなきゃダメだ」
と説得したらしいです。

そしてハーベイが本作の脚本を
紹介したらすぐ人もお金も集まったと聞きます。

「オレの映画の制作費はB級だが、脚本は超A級だぜ!」

タランティーノの言葉。
まったくその通り。

チンピラの世界を描いていながら、
文学的な構成で、
バイオレンス映画なのにも
関わらず知的な趣の彼の作品。

音楽の選択など素材集めのセンス良い。
オシャレ。

彼の名はハリウッドで噂となり、
新作の脚本ができると、
有名な役者がギャラに関わらず
出演したいとラブコールが来るほどに。

これならいけると、
後続する世界中の自主制作映画が
このスタイルをマネした。

でも、ただカタチだけマネしたって仕方がない。

当時のタランティーノ、
自分の才能に手応えを感じていたのでしょう。
それが思い込みでないところも冷静。

この機を逃さないぞという意気込みと、
行動力はもの凄かったと想像できます。

チャンスと才能と努力が重なったとき、
もの凄いパワーが炸裂して動き出す。

こんな奇跡的瞬間は、じつは偶然ではなく、
地道な努力あってのことだと思います。


関連記事

『フェイクニュース』拮抗する日本メディア

https://www.nhk.or.jp/dodra/fakenews/[/caption]

記事を読む

『グランド・ブダペスト・ホテル』大人のためのオシャレ映画

ウェス・アンダーソン監督作といえば オシャレな大人の映画を作る人というイメージ。 本

記事を読む

『プライベート・ライアン』戦争の残虐性を疑似体験

討論好きなアメリカ人は、 時に加熱し過ぎてしまう事もしばしば。 ホントかウソかわから

記事を読む

『ムヒカ大統領』と『ダライ・ラマ14世』に聞く、経済よりも大事なこと。

http://www.hajimeueno.com/archives/138#.Vh8HHdJRv

記事を読む

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも休館となるそ

記事を読む

夢は必ず叶う!!『THE WINDS OF GOD』

俳優の今井雅之さんが5月28日に亡くなりました。 ご自身の作演出主演のライフワークでも

記事を読む

DT寅次郎がゆく『みうらじゅんのゆるゆる映画劇場 』

雑誌『映画秘宝』に現在も連載中の記事を再編集されたもの。普通の映画評論に飽きたら、このエッセ

記事を読む

『レ・ミゼラブル』ミュージカル映画って流行なの?

今年の当り映画といえば 文句なく『アナと雪の女王』。 昨年といえば『レ・ミゼラブル』。

記事を読む

『エクス・マキナ』萌えの行方

http://exmachina-movie.jp/[/caption] イギリスの独立系S

記事を読む

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長編デビュー作

記事を読む

『誘拐アンナ』高級酒と記憶の美化

知人である佐藤懐智監督の『誘拐アンナ』。60年代のフランス映画

『勝手にふるえてろ』平成最後の腐女子のすゝめ

https://cinema.ne.jp/recommend/fur

『SLAM DUNK』クリエイターもケンカに強くないと

うちの子どもたちがバスケットボールを始めた。自分はバスケ未経験

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

→もっと見る

PAGE TOP ↑