*

『作家主義』の是非はあまり関係ないかも

公開日: : 最終更新日:2019/06/14 アニメ, 映画

 

NHKでやっていたディズニーの
舞台裏を描いたドキュメンタリー『魔法の映画はこうして生まれる』をみた。
『ベイマックス』の日本公開を前にしていた頃だったので、
この新作のメイキングを中心に、取材されたものだった。

ディズニーやピクサーのアニメは、
集団で作られるので、
誰が監督というイメージは低い。
せいぜいジョン・ラセターくらいしか
名前があがってこない。

アメリカのエンターテイメントは
リサーチを充分にして、
大勢で話し合いながら脚本を作っていく。

このドキュメンタリー番組でのシナリオ会議は、
スタッフ全員が自分の人生観や
アイデンティティーを駆使して
どうやったらエモーショナルな脚本になるか
白熱討論していた。

とてもカッコよかった。

日本のエンタメは、
作家主義をメインとしている。
これは宮崎駿監督のような
絶対的な天才を中心に
その監督個人の表現に従って
大勢のスタッフが動くというスタイル。

だからこそ日本の作品は個性的でもある。

ちょっと前のネットの記事で
作家主義がいいのか、
集団で構築するのがいいのか
が問われていた。
『ベイマックス』を見て日本のクリエイティブは完全に死んだと思った
映画『ベイマックス』に見る秀才たちの限界

日本では大友克洋監督の
ライフワーク『AKIRA』のヒットや、
宮崎駿監督の作品は、
新作を発表すれば必ず大ヒットしてしまったがため
この作家主義幻想が定着してしまったのだと思う。

日本は本当に個人の頭の中だけで
莫大な制作費のかかる
映画が作られているのだろうか?

答えはNO!!

ディズニーやピクサー作品では
脚本家が大勢クレジットされている。
日本映画はせいぜい1人か2人。

でも作品の設計図である脚本を
そんな少人数でなんとかすることはない。
日本だってシナリオ会議はある。
数人のライターが集まって、
作品のアイディアを出し合っている。
作品にクレジットされない作家が
何人も存在している。

それではなぜ日本は
作家主義に走っていったのだろう。
ちょっとした推測。

自分が思うに、ベテランの作家先生は
カリスマ性や政治力を持っていると思うのです。
結局その作家先生が、
シナリオ会議では独演会になって
終わってしまうのでしょう。
説得力のあることを彼らは語るので、
他の若手作家は何も言えなくなってしまう。

もともと討論が苦手な日本人。
でも技術は世界標準。
ベテラン先生のイマジネーション実現の
力強い片腕にはこれでもかとなれる。

ただ、まずいのは作家主義になって、
作品がおかしな方向へ行ったとしても
だれも意見や文句を言わなくなってしまうこと。

肩書きのある人に意見を言うなんて
滅相もないという、
日本の縦割り社会が、
悪く作用してしまった場合は悲劇。

作家先生だって人間。
失敗や間違いもするのです。

己の人生論をぶつけながら
作品制作をしているアメリカスタッフの
カッコ良さと比べると、
日本の制作会議はちと地味かもしれない。

作家主義が良いとか悪いとかではなく、
自分で考え、責任もって
発言していくことが出来なければ、
これから何を作っても
良いものは出来ていかないと思います。

日本は自然と作家主義で作るのが
いちばんやりやすかったのでしょう。

でも本来、クリエイティブは
カッコいい仕事のはずだったので、
このままでは……。

関連記事

no image

百年の恋も冷めた。映画版『超時空要塞マクロス』

  1980年代、自分が10代はじめの頃流行った 『超時空要塞マクロス』が ハリ

記事を読む

no image

『東のエデン』事実は小説よりも奇なりか?

  『東のエデン』というテレビアニメ作品は 2009年に発表され、舞台は2011年

記事を読む

『鬼滅の刃』親公認!道徳的な残虐マンガ‼︎

いま、巷の小学生の間で流行っているメディアミックス作品『鬼滅の刃』。我が家では年頃の子どもが

記事を読む

『銀河鉄道999』 永遠の命と拝金主義

『銀河鉄道999』は自分が小学生低学年の頃、 社会現象になるくらいの人気があった。

記事を読む

no image

日本のアニメ、実は海外ではさほど売れてない

  今国策として『クールジャパン』の名のもと、 日本のカウンターカルチャーを 世

記事を読む

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲの女房』。NHKの朝ドラでも有

記事を読む

no image

『クラッシャージョウ』 ガラパゴス前夜にて

  アニメ映画『クラッシャージョウ』。1983年の作品で、公開当時は自分は小学生だっ

記事を読む

no image

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズ

記事を読む

no image

『her』ネットに繋がっている時間、私の人生は停まっている

スパイク・ジョーンズ監督作品『her/世界でひとつの彼女』は、本格的なSF作品としてとても興味深い。

記事を読む

『アオイホノオ』 懐かしの学生時代

自分は早寝早起き派なので 深夜12時過ぎまで起きていることは 殆どないのだけれど、 た

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑