*

『欲望の時代の哲学2020 マルクス・ガブリエル NY思索ドキュメント』流行に乗らない勇気

公開日: :

Eテレで放送していた哲学者マルクス・ガブリエルのドキュメンタリーが面白かった。『欲望の時代の哲学2020 マルクス・ガブリエル NY思索ドキュメント』と題されたこの番組では、新進気鋭の若き天才哲学者マルクス・ガブリエルの言葉を、ニューヨークや東京を舞台に対談や講義形式で伝えている。

哲学というとプラトンやデカルト、なんでもかんでも性衝動と繋げているようなユングなどの古典的なイメージが強い。でも、情報過多な現代だからこそ、生きた哲学の必要性が問われてくる。

マルクス・ガブリエルは、新実在論について語っている。番組の撮影でのニューヨークの高層ビルの一室。ひとつのテディベアを、ガブリエルは手にとって落としてみせる。ニュートンの地球の重力の実験みたい。ガブリエルはスタッフに、「このテディベアが落ちたのは偶然か?」と問う。ガブリエル曰く、これは偶然ではないと言う。

テディベアが、ここに来るまでには、多くの人の手がかかっている。テディベアをデザインする人。製造する人(工程によって、携わる人は数知れず)、それを配送する人、買う人、このスタジオに持ってきた人、ガブリエルの側に置いた人、ガブリエルがそれを手にして、新実在論の実験に使用したこと……。そもそも、このテディベアを製造しようと企画した企業の人々もたくさんいるはず。

それらの偶然が重なり合って、このテディベアがガブリエルの手元に届いている。ここまでの道のりに携わった人々の思惑はそれぞれ違う。ただテディベアがここにある事実。あまたの思惑と思惑が重なり合ってできた偶然なら、それは必然。多くの人が望んだ結果だ。

世の中の欲望は、人工的に作り上げられたものだとガブリエルは語る。ニューヨークの店先に、クリームとシロップたっぷりのパンケーキの映像が流れている。ガブリエルはそれを「気持ち悪い」と言う。これは体に害を与えるしかない食べ物。魅力的だけどおぞましい。我々がメディアによって、いつのまにか刷り込まれてしまった魅力。

もし原始時代の人が、このパンケーキを見たとしても、こんな毒を食べたいとは思わないはずだと。宣伝がなければ、パンケーキの存在など誰も知らぬまま。そもそも本来ならば必要のなかったものを、我々は日常生活の中で欲している。これこそ人工的に作られた欲望。現代の病。

最近のニューヨークの地下鉄の乗客は、スマートフォンを見る人が少ないと言う。人々がネットの危険性を意識しているからだと。ネットで検索すれば、探し物の情報はすぐに見つかるだろう。でもその真意はわからない。ガセネタの可能性も否めない。

残念ながら、ネットでは、信憑性のある情報より、恐怖や怒りの感情を扇動する記事の方がはるかにスピード拡散率が高いらしい。正しい情報よりも、センセーショナルな情報を人々が欲している。それをわかって金儲けに利用する発信者。荒んだ現代人の心情が垣間見られる。

映画やドラマ、小説なのどのエンターテイメントも、純粋に作者の「描きたかったから」とか「人を楽しませたい」というような個人的な動機で発せられていない場合が多い。企業が儲けたいだけのタイアップだらけの作品かも知れない。もっとも怖いのは、エンターテイメントを通して何某かの思想へ導かんとするもの。戦争へ向けての洗脳プロパガンダだったりしたら、たまったものでない。

ガブリエルはGAFA(Google・Amazon・Facebook・Apple)に警鐘を鳴らしている。タダより怖いものはない。それらの無料のサービスを人々が利用して、莫大な個人データを収集されてしまう。人々は、ネットの自由の名の下に自分自身の個人情報を、あらゆるところに開示してしまうことになる。企業にとっては無償で働いてくれる便利な労働力。表向きだけの自由。

かつてAppleのスティーブ・ジョブスは、自社の製品を自分の子どもには持たせなかったと聞く。自社製品の危険性を自ずと知っていたから。自分の子どもはその危険から守って、よその子どもは食い物にする倫理観には問題がある。でもこの危険性は、理性のある人ならば誰でも察知できるもの。情報を言葉通りサーフィンするか、ただただ踊らされるかは各々のセンスによってしまう。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン」とは言うものの、これでは踊らされるどころか、見るだけでも心身を蝕んでしまう。ガブリエルの言葉をそのまま真っ向から受け入れてしまうと、見ざる聞かざるのストイックな生活を強いられなければならなくなる。もちろん人間本来のシンプルな生活を目指す必要性はある。しかし僧侶のような無欲な戒律ばかりの生活が果たしてできるものだろうか?

小説などの、物語がメディアで発表され始めてから、犯罪が減ったともガブリエルは分析している。物語を通して、様々な人生を知る機会が増えた人々の心が、落ち着いていったのではないだろうか?

『ネバーエンディング・ストーリー』や『モモ』の作者ミヒャエル・エンデの言葉が現実となる。「芸術は嘘の中に真実がある。その嘘と現実が分からなくなったときに、芸術は毒となる」

いま、巷にあふれる物語のほとんどは、商業ベースで作られたもの。現実逃避的な娯楽作品が多いのが時代の象徴。現実が生きづらいからこそ、虚構の世界にすがるようになる。企業もそれを知っていて、現実逃避系エンタメを大量生産して金儲けを考える。踊る阿呆と見る阿呆、作る阿呆との攻防戦。そうなるとかなり虚しい。

ストイックでシンプルな生活は理想だが、それも行き過ぎるとめちゃくちゃ尖ってくる。心休まるどころか、ビョーキになりそう。情報過多な世の中で、どう精査していくかがいちばん大切。時にはわかっていても踊らされるのも、適度なガス抜きとして必要。自分で考えて、自分の行動は自分で責任を持つ覚悟ができれば、もっとラフに楽しめる。いい加減さも必要かと。

ガブリエルは、本来哲学は学校でも習うべきだと言う。自分で見定めて考えて判断する力は、この情報氾濫社会ではマストなスキル。現代には哲学が必要らしい。

もしかしたら映画『マトリックス』みたいに、現実だと思っていた自分がいる世界は実は偽物で、バーチャルな世界こそが現実かも知れない。ガブリエルは小さな娘と話し合ったと言う。娘さんは「なら、いま現実だと思っているこの世界が現実ね。だって私たちは考えて生きているもの」

ガブリエルは、自分が研究しているものを、娘はすでに理解していたんだよと笑う。パスカルの言葉のまさにそれ。「人は考える葦である」

もし学校で哲学を教えてしまったら? 人々が自分で考える力を身につけてしまったら? きっと困る人がたくさんいるのだろう。人々が考えないからこそ成立する資本主義社会。ホントの幸せって一体何?

コロナ禍の影響で、世界の経済状況がまさにひっくり返らんとしている。綱渡りのような資本主義社会も、根底が崩れていくかも知れない。最近のガブリエルの発言では、人類の地球への自然破壊に比べたら、コロナ禍は些細なことかも知れないらしい。もしかしたらコロナも、地球規模からしたら人類淘汰の一環かも知れないと。

不要不急の外出は控えなければいけない厳戒態勢になった世界。家に閉じこもって、ストイックな生活を強いられた人々。この与えられた時間で、自分にとって本当に必要なものと不要なものが見えてくるはず。

このコロナ騒動が終わった後、元の生活にただ戻ってしまうのでは意味がない。コロナ禍の後の世界で、生き残った人々がいかに取捨選択できるか。人類のバージョンアップが問われてくる。それは壮大な物語ではなく、個々人の幸せな人生への道。

自分で考える術を学ぶ哲学。マルクス・ガブリエルのような哲学者の登場は、哲学を学問というよりも、よりファッションに近づけた。哲学ってクールでカッコいい!

関連記事

『健康で文化的な最低限度の生活』 貧しさが先か、病が先か?

「なんか該当しそうな給付制度ありました?」 これは最近パパ友との会話で欠かせないトピック。こ

記事を読む

『わたしは、ダニエル・ブレイク』 世の中をより良くするために

ケン・ローチが監督業引退宣言を撤回して発表した『わたしは、ダニエル・ブレイク』。カンヌ映画祭

記事を読む

no image

『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』90年代以降から日本文化は鎖国ガラパゴス化しはじめた!!

  NHKで放送していた 『ニッポン戦後サブカルチャー史』の書籍版。 テレビ

記事を読む

『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から8年後に製作された映画

記事を読む

no image

『メアリと魔女の花』制御できない力なんていらない

スタジオジブリのスタッフが独立して立ち上げたスタジオポノックの第一弾作品『メアリと魔女の花』。先に鑑

記事を読む

no image

『反社会学講座』萌えアニメも日本を救う!?

  まじめなことにユーモアをもって切り込んでいくのは大切なことだ。パオロ・マッツァリ

記事を読む

no image

『リップヴァンウィンクルの花嫁』カワイくて陰惨、もしかしたら幸福も?

  岩井俊二監督の新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。なんともややこしいタイトル。

記事を読む

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる。Netflix独占で新シーズ

記事を読む

no image

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開されて今年が10周年だそうです。いろいろ記念イベントやら関連書籍

記事を読む

『復活の日』 日本が世界をみていたころ

コロナ禍になってから、ウィルス災害を描いた作品が注目され始めた。小松左京さん原作の映画『復活

記事を読む

『君の名前で僕を呼んで』 知性はやさしさにあらわれる

SF超大作『DUNE』の公開も間近なティモシー・シャラメの出世

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 変遷するヒーロー像

コロナ禍の影響で、劇場公開の延期を何度も重ね、当初の公開日から

『アンという名の少女』 戦慄の赤毛のアン

NetflixとカナダCBCで制作されたドラマシリーズ『アンと

『MINAMATA ミナマタ』 柔らかな正義

アメリカとイギリスの合作映画『MINAMATA』が日本で公開さ

『ワンダーウーマン1984』 あの時代を知っている

ガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督のコンビでシリーズ

→もっと見る

PAGE TOP ↑