*

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』お祭り映画の行方

公開日: : 最終更新日:2019/06/10 映画:ア行, 映画館

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』やっと観た!

連綿と続くMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の前作『ブラック・パンサー』を観そびれていたので、なかなかこちらへ進むことができなかった。このシリーズ、どの作品にどんな伏線が仕込んであるかわからないので、なるべくなら順番通りに観ておきたい。

出遅れてしまった『ブラック・パンサー』は、メンバー集合の『アベンジャーズ』以外の単独ヒーロー作品では、MCU最大のヒットだったとか。これから盛り上がりそうな『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の直前作だったので、抑えておかなければと動いた客が多かったのだろう。ディズニーの宣伝では「シリーズ最高傑作!」と謳っていた。自社の自画自賛ほど疑わしいものはない。商売がうまいな。そんな扇動に素直に乗れる人もいれば、自分のようにそのせいでメチャクチャ乗り遅れちゃう人もいるのだから、マーケティングはわからない。

『インフィニティ・ウォー』は、すっかり観るのに出遅れたせいで、あちこちでネタバレ情報が入ってきてしまった。自分の周りの映画好きな人は口のかたい人ばかりだが、話題作はネットや街を歩いているだけでも、誰が何を喋り出すかわからない。意外にも今回は、小学生の自分の子どもからネタバレ情報を聞かされてしまった。なんでもゴールデンウィークに映画館へ観に行った学友に、映画の結末を詳しく聞いてしまったらしい。

自分はそれほどネタバレを恐れないタイプ。百聞は一見にしかず。人から聞いた話でも、自分が実際に観てみたら、印象が全然違うなんてことはよくある。実際、『インフィニティ・ウォー』もそんな感じだった。子どもの伝え聞きという、不確かな情報も幸いした。でもやっぱりこの映画は、事前情報がまったくない方がいい。今回ばかりは、まっさらな状態で、ワクワクしながらこの映画を鑑賞できた人が羨ましい。

今年で10年になるというMCU。シリーズ一作目の『アイアンマン』は、上の子どもが生まれたばかりの頃だった。休日に、赤ん坊を寝かしつけて起こさないように、ヘッドホンでコソコソ観ていたのが懐かしい。今ではその子共々『アベンジャーズ』ファン。10年の月日は長い。

噂では、来年公開作『アベンジャーズ4』で、一応ストーリーを完結させると言われている。過去作でさんざ張り巡らされた伏線の回収が、この『インフィニティ・ウォー』でなされ始めた。いよいよ大団円といったところか。

今思うと、果たして10年前にどれだけの構想でこのアベンジャーズの映画プロジェクトを考えていたのだろう? 不人気だったら未完のまま打ち切りになるだろうし、見切り発車の賭けが大当たりしたのだろう。さも最初からこうなるのはわかっていたと、したり顔で超大作の風情だけど、内情はディズニー幹部しかわからない。そもそもスタートはディズニーじゃなかったし。ただ、のし上がっていくものを見ているのは、客観的にも楽しいものだ。

『アベンジャーズ4』で一応物語の展開に一括りつけるとはいえ、その後のMCU作品もまだまだ続けるつもりらしい。いちばんイヤな展開は、観客に飽きられたり、キャストやスタッフのトラブルで、自然消滅してしまうこと。やっぱり人気があるうちに、惜しまれて有終の美を飾った方が潔くて美しい。

ディズニー・マーベルの上手いところは、アメコミ原作のオタクっぽい題材なのに、オシャレな感じに仕上げていったところ。スーパーヒーローなんて、オッサンしか集まらなそうなジャンルなのに、女子でも観やすくする工夫がなされている。幼稚なはずなのにダサくならなかった。

他社でもこの成功にあやかって、複数の作品で世界観を共にするユニバーススタイルを真似してみてるが、ここまで上手くいった例はない。『アベンジャーズ』は間違いなく2010年代のカルチャーの代名詞になった。「あの頃、あんなのばっかり流行ってたね」と笑う時もやがてくるのだろう。不景気な世の中なのに、能天気に楽しめるエンターテイメントの成功。最近では珍しい華のある事象だ。

自分の『インフィニティ・ウォー』のお気に入りポイントは、やっぱりアイアンマンとスパイダーマン。今回の両者のスーツは、ボディにピッタリフィットのぴちぴちテカテカの全身タイツ。真紅の光沢のあるタイツ姿のおじさんと少年のツーショットが気色悪くてクスクス笑ってた。

そういえば『インフィニティ・ウォー』では、ヒーローたちがワンフレームに一同に会してポーズを決める「ヒーローショット」がなかった。これは次回のお預けなのね。そこで完結編らしいカタルシスを持ってくるのでしょうね。ルッソ兄弟の王道の演出、引っ張るね〜。

とにかく今自分は完全に「アベンジャーズ脳」になってしまった。来年公開予定の続編も、先日クランクアップしたらしい。『アベンジャーズ』は、映画というよりもお祭りイベントに近い。これは旬なときに乗らなきゃ面白くない。踊る阿呆と見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損。ディズニー・マーベルの罠にまんまとハマってやろうじゃないか!

関連記事

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えていることだろう。 自分はどうか

記事を読む

『怒り』 自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画

記事を読む

『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでいるとよく聞く。こちらと

記事を読む

no image

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

  自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余

記事を読む

『映像研には手を出すな!』好きなことだけしてたい夢

NHKの深夜アニメ『映像研には手を出すな!』をなぜか観始めてしまった。 実のところなん

記事を読む

no image

『アイ・アム・サム』ハンディがある人と共に働ける社会

  映画『アイ・アム・サム』は公開当時、びっくりするくらい女性客でいっぱいだった。満

記事を読む

no image

『ウルトラマン』社会性と同人性

  今年はウルトラマンシリーズ誕生の50周年記念とのこと。先日、テレビで特集番組が放

記事を読む

no image

『おさるのジョージ』嗚呼、黄色い帽子のおじさん……。

  もうすぐ3歳になろうとするウチの息子は イヤイヤ期真っ最中。 なにをするにも

記事を読む

『インターステラー』 いつか神仏の存在も科学で証明されるだろう

SF映画『インターステラー』はヒットはしないだろう。 けれども今後数十年語り継がれる作品に

記事を読む

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れていた『機動戦士ガンダム』。いま

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑