*

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』お祭り映画の行方

公開日: : 最終更新日:2019/06/10 映画:ア行, 映画館

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』やっと観た!

連綿と続くMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の前作『ブラック・パンサー』を観そびれていたので、なかなかこちらへ進むことができなかった。このシリーズ、どの作品にどんな伏線が仕込んであるかわからないので、なるべくなら順番通りに観ておきたい。

出遅れてしまった『ブラック・パンサー』は、メンバー集合の『アベンジャーズ』以外の単独ヒーロー作品では、MCU最大のヒットだったとか。これから盛り上がりそうな『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の直前作だったので、抑えておかなければと動いた客が多かったのだろう。ディズニーの宣伝では「シリーズ最高傑作!」と謳っていた。自社の自画自賛ほど疑わしいものはない。商売がうまいな。そんな扇動に素直に乗れる人もいれば、自分のようにそのせいでメチャクチャ乗り遅れちゃう人もいるのだから、マーケティングはわからない。

『インフィニティ・ウォー』は、すっかり観るのに出遅れたせいで、あちこちでネタバレ情報が入ってきてしまった。自分の周りの映画好きな人は口のかたい人ばかりだが、話題作はネットや街を歩いているだけでも、誰が何を喋り出すかわからない。意外にも今回は、小学生の自分の子どもからネタバレ情報を聞かされてしまった。なんでもゴールデンウィークに映画館へ観に行った学友に、映画の結末を詳しく聞いてしまったらしい。

自分はそれほどネタバレを恐れないタイプ。百聞は一見にしかず。人から聞いた話でも、自分が実際に観てみたら、印象が全然違うなんてことはよくある。実際、『インフィニティ・ウォー』もそんな感じだった。子どもの伝え聞きという、不確かな情報も幸いした。でもやっぱりこの映画は、事前情報がまったくない方がいい。今回ばかりは、まっさらな状態で、ワクワクしながらこの映画を鑑賞できた人が羨ましい。

今年で10年になるというMCU。シリーズ一作目の『アイアンマン』は、上の子どもが生まれたばかりの頃だった。休日に、赤ん坊を寝かしつけて起こさないように、ヘッドホンでコソコソ観ていたのが懐かしい。今ではその子共々『アベンジャーズ』ファン。10年の月日は長い。

噂では、来年公開作『アベンジャーズ4』で、一応ストーリーを完結させると言われている。過去作でさんざ張り巡らされた伏線の回収が、この『インフィニティ・ウォー』でなされ始めた。いよいよ大団円といったところか。

今思うと、果たして10年前にどれだけの構想でこのアベンジャーズの映画プロジェクトを考えていたのだろう? 不人気だったら未完のまま打ち切りになるだろうし、見切り発車の賭けが大当たりしたのだろう。さも最初からこうなるのはわかっていたと、したり顔で超大作の風情だけど、内情はディズニー幹部しかわからない。そもそもスタートはディズニーじゃなかったし。ただ、のし上がっていくものを見ているのは、客観的にも楽しいものだ。

『アベンジャーズ4』で一応物語の展開に一括りつけるとはいえ、その後のMCU作品もまだまだ続けるつもりらしい。いちばんイヤな展開は、観客に飽きられたり、キャストやスタッフのトラブルで、自然消滅してしまうこと。やっぱり人気があるうちに、惜しまれて有終の美を飾った方が潔くて美しい。

ディズニー・マーベルの上手いところは、アメコミ原作のオタクっぽい題材なのに、オシャレな感じに仕上げていったところ。スーパーヒーローなんて、オッサンしか集まらなそうなジャンルなのに、女子でも観やすくする工夫がなされている。幼稚なはずなのにダサくならなかった。

他社でもこの成功にあやかって、複数の作品で世界観を共にするユニバーススタイルを真似してみてるが、ここまで上手くいった例はない。『アベンジャーズ』は間違いなく2010年代のカルチャーの代名詞になった。「あの頃、あんなのばっかり流行ってたね」と笑う時もやがてくるのだろう。不景気な世の中なのに、能天気に楽しめるエンターテイメントの成功。最近では珍しい華のある事象だ。

自分の『インフィニティ・ウォー』のお気に入りポイントは、やっぱりアイアンマンとスパイダーマン。今回の両者のスーツは、ボディにピッタリフィットのぴちぴちテカテカの全身タイツ。真紅の光沢のあるタイツ姿のおじさんと少年のツーショットが気色悪くてクスクス笑ってた。

そういえば『インフィニティ・ウォー』では、ヒーローたちがワンフレームに一同に会してポーズを決める「ヒーローショット」がなかった。これは次回のお預けなのね。そこで完結編らしいカタルシスを持ってくるのでしょうね。ルッソ兄弟の王道の演出、引っ張るね〜。

とにかく今自分は完全に「アベンジャーズ脳」になってしまった。来年公開予定の続編も、先日クランクアップしたらしい。『アベンジャーズ』は、映画というよりもお祭りイベントに近い。これは旬なときに乗らなきゃ面白くない。踊る阿呆と見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損。ディズニー・マーベルの罠にまんまとハマってやろうじゃないか!

関連記事

no image

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

  日本とフランスの文化は似てる。 カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドール

記事を読む

no image

『IT(2017年)』それが見えても終わらないために

スティーヴン・キングの有名小説で映像化は2回目になる『IT』。邦題には『“それ”が見えたら、終わり』

記事を読む

no image

『硫黄島からの手紙』日本人もアメリカ人も、昔の人も今の人もみな同じ人間

  クリント・イーストウッド監督による 第二次世界大戦の日本の激戦地 硫黄島を舞

記事を読む

no image

『アベンジャーズ』和を重んじるのと、我慢は別

  マーベルコミックスのヒーローたちが大集合する オタク心を鷲掴みにするお祭り映画

記事を読む

no image

DT寅次郎がゆく『みうらじゅんのゆるゆる映画劇場 』

  雑誌『映画秘宝』に現在も連載中の記事を再編集されたもの。普通の映画評論に飽きたら

記事を読む

no image

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

ピクサー作品にハズレは少ない。新作が出てくるたび、「また面白いんだろうな〜」と期待のハードルをかなり

記事を読む

no image

うつ発生装置『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

  90年代のテレビシリーズから 最近の『新劇場版』まで根強い人気が続く 『エヴ

記事を読む

no image

『イレイザーヘッド』狂気は日常のすぐそばに

  渋谷のシネマライズが閉館した。自分が10代の頃からあしげく通っていた映画館。そう

記事を読む

no image

『オネアミスの翼』くいっっっぱぐれない!!

  先日終了したドラマ『アオイホノオ』の登場人物で ムロツヨシさんが演じる山賀博之

記事を読む

no image

『アナと雪の女王』からみる未来のエンターテイメント

  『アナと雪の女王』は老若男女に受け入れられる 大ヒット作となりました。

記事を読む

no image
『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたら

no image
『さよなら、人類』ショボくれたオジサンの試される映画

友人から勧められたスウェーデン映画『さよなら、人類』。そういえば以前、

no image
『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を

no image
『未来のミライ』真の主役は建物の不思議アニメ

日本のアニメは内省的で重い。「このアニメに人生を救われた」と語る若者が

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

→もっと見る

PAGE TOP ↑