*

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

公開日: : 最終更新日:2019/06/10 アニメ, 映画:ア行, 音楽

ウェス・アンダーソン監督の作品は、必ず興味を惹くのだけれど、鑑賞後は必ず疲労と倦怠感がのしかかってくる。おそらく映画の情報量があまりに多いので、単純に疲れてしまうのだろう。

このストップ・モーション・アニメ作品『犬ヶ島』は日本が舞台。架空の都市ウニ県メガ崎市で行われる犬対人間の確執と戦い。

この映画、アニメーション作品とはいえ、まったく子どもには訴求していない。そもそもキャラクターが可愛くないし、画面作りの配色もモノトーンに近い。ちょっとアーティスティックで、それでもちゃんと興行を意識しているしたたかさ。トンガったサブカル好きが、好んで食いつきそうな要素でいっぱい。

他のウェス・アンダーソン作品と同じく、この『犬ヶ島』も豪華オールスター・キャスト。誰がどのキャラクターの声をあてているか、気になってしょうがない。これもこの監督の作品の楽しみのひとつなんだけど、やっぱり疲れる原因のひとつだ。

『犬ヶ島』にはさまざまな引用やらオマージュやらが、てんこ盛りに織り込まれている。なんだか「君はどこまでわかるかな?」と知的レベルのテストを受けているみたいで焦ってしまう。

嬉しかったのは、『七人の侍』のテーマ曲がさりげなくかかっていたこと。人の記憶とは不確かなもので、オマージュの美化がうまくいっていると、オリジナルの印象も数段アップしてしまう。

映画が持つ作品のテーマや風刺もあるけれど、それらの要素はものすごい量の情報ですっかり煙に巻かれてしまう。どこまでシリアスなのかジョークなのか、意図的に分かりづらくしてる。

一応日本の文化にリスペクトしているのだろうけど、同時におちょくっているのも感じる。日本スゴイだって? ここが変だよ日本人。Why Japanese People? イジワルな視点も、イギリス人らしい。日本の現状をいちばん理解していないのは、当事者の日本人だったりする。

12月1日から4K8K放送が始まるということで、8K放送のこけら落としは『2001年宇宙の旅』らしい。そのあと4Kにレストアされた黒澤・小津・溝口の作品も続々と放送されるとのこと。その告知番組を観ていてふと思った。レストアに携わるスタジオやスタッフには日本人がいないということ。

『2001年宇宙の旅』は、現在ワーナーが権利を持っているから、そのスタジオで製作するのはわかる。たとえ日本のテレビ局で放送されるコンテンツであっても、最終的な権利は自社で確保したいのはアメリカ的。

気になるのは黒澤・小津・溝口作品のレストア作業だ。彼らの作品がヨーロッパで評価が高いとはいえ、4K化の発起人やスタッフは全員が西洋人。やはり日本の価値は日本人がいちばん理解していないのだろう。これらのクラッシック作品をレストアしても、あまり採算は取れない。目先の金儲けしか興味がなければ、自国の価値あるものも、他国にすべて持っていかれてしまう。

黒澤明監督の晩年は、日本で制作費を出してくれるところがなく、海外出資で映画を作っていた。小津安二郎監督が本格的に評価されたのは、彼の没後。しかも国内での評価ではなく、ヨーロッパからの声ばかりだった。日本人からすれば、「なんでいいのかわからない」と言ったところなのだろう。

ウェス・アンダーソンの映画は、鑑賞後に贅沢な気持ちになるのだが、今回はちょっとふさぎこんだ。政治の腐敗や差別など、『犬ヶ島』で描かれている日本は、まったくファンタジーとも言い切れない。でも原因はそれではない。排他的で不寛容な社会は、なにも日本に限ることでもない。

ストップモーションアニメは、日光を遮断したスタジオで、何日も何日もスタッフが閉じこもって人形とにらめっこして作られる。アーティスティックな作品に携わっていると自身に言いきかせて、作っているスタッフたちの姿が想像できる。きっとその情念が、映像からにじみ出ているのだろう。

自分はグラフィック・デザインを生業としている。日頃レイアウトしていると、英語の文字はなんとなく並べるだけでサマになるのだが、どうも日本語は難しい。ひらがなやカタカナに漢字と、文字のキャラクターもさまざま。非常に揃えにくい。

『犬ヶ島』を観ていると、とてもセンス良く、英語と日本語のフォントが並べられている。スマートに日本語をデザインする方法のヒントをもらった。デザインしている人は、きっと日本語が読めないだろう。知らないからこそできるものもある。

日本人が観ても、これといった大きな違和感がないのが、『犬ヶ島』の凄いところ。ウェス・アンダーソンはイヤミなくらいオシャレなんだと、またつくづく思い知らされた。

関連記事

no image

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。ホドロフスキーと言えば、70年

記事を読む

no image

『ファインディング・ドリー』マイノリティへの応援歌

  映画はひととき、現実から逃避させてくれる夢みたいなもの。いつからか映画というエン

記事を読む

no image

『ロッキー』ここぞという瞬間はそう度々訪れない

『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督が亡くなった。人生長く生きていると、かつて自分が影響を受

記事を読む

no image

『アントマン』ちっちゃくなってどう闘うの?

マーベルのスーパーヒーロー集団『アベンジャーズ』が集結する『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が

記事を読む

no image

『カールじいさんの空飛ぶ家』憐憫の情を脱せなければ、ドラマは始まらない。

  ディズニーアニメの最新作『ベイマックス』が 予告編とあまりに内容が違うと話題に

記事を読む

no image

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

  正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作

記事を読む

no image

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

  作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマ

記事を読む

no image

『ダイナミック・ヴィーナス』暴力の中にあるもの

佐藤懐智監督と内田春菊さん[/caption] 今日は友人でもある佐藤懐智監督の『ダイナミッ

記事を読む

no image

うつ発生装置『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

  90年代のテレビシリーズから 最近の『新劇場版』まで根強い人気が続く 『エヴ

記事を読む

no image

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。

記事を読む

no image
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、

no image
『ナイトミュージアム』学びは最強の武器

ベン・ステラー監督主演のコメディ映画『トロピック・サンダー』を観たら、

no image
『トロピック・サンダー』映画稼業はいばらの道よ

  ベン・ステラーが監督主演したハリウッドの裏側をおち

no image
『アベンジャーズ/エンドゲーム』ネタバレは国家を揺るがす

世界中で歴代ヒットの観客数を更新しつつある『アベンジャーズ/エンドゲー

no image
『ボヘミアン・ラプソディ』共感性と流行と

昨年はロックバンド・クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒ

→もっと見る

PAGE TOP ↑