*

『俺の家の話』 普通って何なの?

公開日: : 最終更新日:2021/04/02 ドラマ, 映画:ア行

現在放送中の『俺の家の話』がおもしろい。脚本がクドカンこと宮藤官九郎さんで、主演は長瀬智也さん。自分が若かった頃人気だった『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』をすぐ思い出す。クドカンは自分と同年代。もうみんないいおじさんの年齢だ。

自分はなぜか、小さな頃からおじさんが活躍する話が好きだった。若者の話はなんだかフワフワし過ぎてうるさいし、青臭さが恥ずかしくて観ていて照れてしまう。いま、クドカン作品も中年が主人公になってきたのは、単にこの世代がスライドして年齢を重ねてきたからに過ぎない。それでも中年の悲哀を描いた作品はホッとする。登場人物たちがそれなりに酸いも甘いも噛み分けている。熱情のまま行動しないので安心する。

主人公の観山寿一はプロレスラー。実家は能の宗家。彼は伝統芸能の世襲が辛くて、別の業界に逃げ出した。西田敏行さんが演じる人間国宝の父・寿三郎の認知症をきっかけに自家へ戻ることとなる。寿一はバツイチで、発達障害の息子がいる。要介護の父親と障害のある息子のいる生活。本来なら暗くて重い悲劇になるプロット。クドカン作品はそうはならない。明るいホームコメディになってる。

クドカン作品の魅力は、テーマが深刻なのに、それをそのまま描かないところにある。物語の根底には、父子の確執と死が流れている。それでも笑い飛ばそうとするユーモアのセンス。「暗くても明るくても、介護は介護だから」と本編のセリフにもある。人生で過酷な状況にたたされたとき、どれだけポジティブに受け止められるかによって、のちの生き方は変わってくる。がん患者を扱う医師の本によくあるエピソードで、余命幾ばくかの宣告を受けたとき、「がーん」なんて冗談を言ってのける人は、病気の進行が遅いらしい。笑うことは人間らしさの象徴。笑いはいちばんの良薬。だから人生に笑いがなくなった時は要注意。

伝統芸能の世界では、遊びも芸の肥やしと正当化されがち。寿三郎の女癖の悪さの精算も含めて、この家には問題が多い。でも果たして「問題のない家」なんてこの世に存在するのだろうか。どこの家にだって、なんらかの問題は持っているもの。それはそれぞれの家で異なる問題。表に出ることなく涼しい顔をみんな普通を演じている。たぶん世間で言う「普通の家」の概念は、なにひとつ「問題がない家」のことを言うのだろう。問題がそこにあるのに向き合わないことも「問題がない家」と同義語。それは臭いものにふたをしただけの勘違い。「問題がない家」が「普通の家」ならば、家の問題は家の中だけで留めて他言無用の秘密となる。どの家も「問題がない家」と、「普通の家」を装う。それではとても生きづらい世の中となってしまう。

観山家が明るいのは、そもそも最初から問題をみんなが受け入れているところ。「自分はなんの問題がない」「自分は常識的な人間だ」と言い切れてしまう人ほど怖いものはない。自分の感覚を、ときには疑う勇気も必要。

寿一は「自分はこうあるべき」と無理をして追い込んで生きてきた。中年になって、それなりの失敗を重ねる。自分がなるべきだと思っていた自分と、周囲が望んでいた自分の姿に乖離があったことに気づいていく。人生は失敗の繰り返し。どこかでそれを認めて立て直していくことができなければ、棺桶に片足突っ込んだ時に、後悔ばかりが浮かんでしまう。過去はどうでもいい。未来ももしかしたらどうでもいい。今現在、自分が幸せかどうかを見返る勇気。果たして人生を楽しんでいるかどうか。個々が幸せな人生を送ることが、大きな意味で世界平和へとつながっていく。

認知症で要介護だろうが、障害があろうが、家族は家族。相手を尊重する気持ちが、明るさへとつながってくる。人の尊厳が失われがちな現代社会。唯物主義ではあまりに殺伐としていてつまらない。相手を尊重することは、愛情の現れでもある。愛と言う言葉は、日本人にとっては、ファンタジックな意味合いしかないけど、互いを尊重することが愛ならば、なんだかしっくりしてくる。

コロナ禍で、どこの家も自分の家と向き合う機会が増えてきた。ドラマはコロナ禍をうまく使った演出もたくさん駆使されている。忙しさにかまけて、足元を見て見ぬふりをしていた日本人たち。コロナ禍で、さまざまな放置されっぱなしの膿が可視化されてきた。これらはコロナのせいで悪化したのではなく、いつもそこにあって、燻っていた問題ばかり。ここで見えてきた問題に向き合えるかどうかが、大きな分かれ道。

問題は早い段階で向き合って、受け入れた方が、修復するのが簡単だ。「自分は普通だ」と言い切るのはやめておこう。「自分はこうあるべきだ」と、自分をいじめるのもやめにしよう。ダメでもいいじゃないか。クドカンのドラマは、愛すべきダメ人間の症例図鑑。ドラマのテーマはものすごく地味。クドカン作品は視聴率が低くて有名。そしてそれに反して評価が高いのも毎度のこと。回を重ねるごとに、ドラマ『俺の家の話』が楽しみになってくる。最初はいけ好かなかった登場人物たちも、いつの間にか好きになってしまっている。このドラマの行き着く先は「死」なのだけれど、それでもこの登場人物たちともっと時間を過ごしたくなっている。

誰だっていつかは必ず死ぬ。「死」も生きる上では大問題。でも「死」を意識しているからこそ、人は一生懸命生きることができるのも確か。コロナ禍という未曾有の疫病の時代、家族や人生に向き合うのはとても大事なこと。それもユーモアたっぷりに、笑いの要素を探しながら進んで行けたら、人生はそれも楽しい。

問題があるのが普通でないのなら、普通でなくて結構。いっけん暗いと感じるところへ目を向けていくことは、行為としてはけっして暗くはない。問題を受け入れて、改善していく努力をする。それは建設的で、もっとも明るい行動だ。人生は短い。楽しんでなんぼ。人間らしいユーモアを持って前へ進みたい。

関連記事

no image

『アイ・アム・サム』ハンディがある人と共に働ける社会

  映画『アイ・アム・サム』は公開当時、びっくりするくらい女性客でいっぱいだった。満

記事を読む

no image

『海街diary』男性向け女性映画?

日本映画で人気の若い女優さんを4人も主役に揃えた作品。全然似てないキャスティングの4人姉妹の話を是枝

記事を読む

no image

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

小学生の娘が、学校図書室から借りてきたマンガ『光とともに…』。サブタイトルに『〜自閉症児を抱えて〜』

記事を読む

no image

『ウォーリー』は未来への警笛

映画『ウォーリー』がウチでは再評価UP! 『アナと雪の女王』を観てから我が家では デ

記事を読む

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメント業界はいちばん最初に被害を受

記事を読む

『インセプション』 自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映画館で観たがさっぱり乗れなかっ

記事を読む

no image

『坂の上の雲』呪われたドラマ化

  今なお根強い人気がある司馬遼太郎氏著の『坂の上の雲』。秋山好古と真之兄弟と正岡子

記事を読む

no image

映画づくりの新しいカタチ『この世界の片隅に』

  クラウドファンディング。最近多くのクリエーター達がこのシステムを活用している。ネ

記事を読む

no image

『ヴァンパイア』お耽美キワもの映画

  映画「ヴァンパイア」録画で観ました。岩井俊二がカナダで撮った映画です。ものすごく

記事を読む

『高慢と偏見(1995年)』 婚活100年前、イギリスにて

ジェーン・オースティンの恋愛小説の古典『高慢と偏見』をイギリスのBBCテレビが制作したドラマ

記事を読む

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人か

→もっと見る

PAGE TOP ↑