*

『パイレーツ・オブ・カリビアン』 映画は誰と観るか?

公開日: : 最終更新日:2021/09/11 映画:ハ行, 映画館

2017年のこの夏『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作『最後の海賊』が公開された。映画シリーズ第1作目の『呪われた海賊たち』が2003年公開だから10年以上続く息の長いシリーズだ。

新作公開に先駆けて、フジテレビで過去4作をすべて連続放送してくれた。それを子どもたちと一緒に観たら、ものすごくおもしろかった!

小学生低学年の娘は、なんでも帰国子女の同級生から『パイレーツ・オブ・カリビアン』の存在を教えてもらって、「パパ、この映画知ってる? 観たい!」とご所望。自分も『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、最初の三部作は映画館で観ている。当時も大ブームで、周りの人たちも声をそろえて「おもしろい!」と言っていた。

自分はといえば、このシリーズにはなんだか乗れず、おもしろさが理解できずにいた。毎回2時間半の長尺な映画との睡魔との戦いだった。基本ミーハーなので、流行りものの映画はなんでも観ていた。でももう今後『パイレーツ・オブ・カリビアン』は観ることはないだろうなと思っていた。

地上波放送用の再編集版『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、小ネタが大幅にカットされていた。原作になっているディズニーランドのアトラクション『カリブの海賊』のワンシーンで、牢屋に閉じ込められた海賊たちが、檻の鍵を咥えた犬を呼んでる場面なんかも、さらっと短縮してる。でもそのおかげで、映画の大筋がみえやすくなった。脱線しないのでテンポもいい。そして自分がこのシリーズに乗れなかった理由がハッキリわかってきた。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』の主人公は、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウなんだけど、実は本編ではこのキャラクターはあまり活躍していない。オーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーと、キーラ・ナイトレイ演じるエリザベスの物語なんだということ。ウィルは実は呪われた海賊の子で、その宿命をさらわれた最愛のエリザベスを追う冒険の中で知っていく。ジャック・スパロウは、その冒険で出会った頭のおかしい海賊に過ぎない。ジャック自身には、この冒険に挑む動機はほとんどない。冒険にただただ流されているだけ。イカれた海賊だからなんでもアリと言ってしまえばそれだけだが、観客としてはどうしてもジャック・スパロウの活躍が観たい。存在感ありすぎで、めだつもの。ウィルが大活躍して自身の運命を切り拓いている横で、チョロチョロ走り回っているジャック・スパロウに苛立ちすら感じてしまっていた。でもこれは大人の偏見に満ちた視点だ。

非力な存在の主人公でも許される場合がある。スター的なカリスマ性がその主人公にあれば、活躍しなくとも観客は認めてくれる。自分にとってジョニー・デップの存在は、「きっとなにかしてくれるであろう役者さん」なのだろう。インディペンデントな香りが魅力だと思っているから、メジャーなスター的な扱いをされている本作では、ちと物足りなかったのかも?

でも初見の子どもたちは、一目でジャック・スパロウも、ウィルもエリザベスも好きになっていた。純粋にウィルの活躍に乗っかって楽しんでいる。エリザベスが啖呵を切って海賊たちを従える姿に胸躍らせる。何がしたいのかわからないジャック・スパロウにケラケラ笑ってる。海賊たちがガイコツになったら、きゃあきゃあ言って怖がる。海賊船が海の渦に飲み込まれそうになれば大騒ぎ。自分も一度観ているはずの映画なのに、新鮮な気持ちで子どもたちとはしゃいでいた。『パイレーツ・オブ・カリビアン』おもしろいじゃん!

あまりに楽しかったので、ブルーレイボックスを買ってしまった! 最新作を盛り上げるための過去作の放映やら、ボックス発売なのに、そちらばかり夢中になってしまった。

今回自分が初めて観た第4作目の『生命の泉』は、ウィルもエリザベスも出てこない。やっぱりジャックを活躍させなきゃダメだと制作者側も感じたのか、この回はジャックがメインで物語が進んでいく。しっかりしてるジャック・スパロウ。いままでの作品とは別人。もちろんシリーズ毎に主人公の性格が変わってしまう作品はたくさんある。それはそれで方向性はオッケー。でもまあやっぱり番外編臭は否めない。

最新作の『最後の海賊』は、ウィルもエリザベスも出てくるらしいし、なんでもウィルの息子がメインだとか? 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』は、ジャック・スパロウの冒険譚というよりは、ターナー家の物語といったところだ。最新作のジャック・スパロウのポジションは如何に!

だが重大な問題が発生した。過去作にハマり過ぎて、自分はもう『パイレーツ・オブ・カリビアン』でお腹いっぱい。最新作も観たような気分になってしまった。今はまだ『最後の海賊』を観る気になれないけど、観るならやっぱり子どもたちと観たい。なら吹き替え版か〜。だったらソフト化されるの待つかな? ディズニー作品はDVDやブルーレイの廉価版は出ないしな〜。

……なんだかんだしてる間に、上映も終わってしまいそうだ。果たして自分はいつ『最後の海賊』を観るのだろうか? それもこれも映画館の鑑賞料が高いからに尽きるんだろうけど。映画鑑賞は、すっかり敷居の高い娯楽になってしまった。

関連記事

no image

『ポンヌフの恋人』ボウイを愛した監督・カラックス

  デヴィッド・ボウイの訃報はまったく信じられなかった。1月8日のボウイの誕生日に、

記事を読む

『ブラック・レイン』 松田優作と内田裕也の世界

今日は松田優作さんの命日。 高校生の頃、映画『ブラックレイン』を観た。 大好きな『ブ

記事を読む

『ハイキュー‼︎』 勝ち負けよりも大事なこと

アニメ『ハイキュー‼︎』の存在を初めて意識したのは、くら寿司で食事していたとき。くら寿司と『

記事を読む

『髪結いの亭主』 夢の時間、行間の現実

映画『髪結いの亭主』が日本で公開されたのは1991年。渋谷の道玄坂にある、アートを主に扱う商

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

坂本龍一さんのドキュメンタリー『Ryuichi Sakamoto : CODA』を観た。劇場

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』 映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんがいる方から、いま子どもたちの間

記事を読む

『ゴーストバスターズ アフターライフ』 天才の顛末、天才の未来

コロナ禍真っ只中に『ゴーストバスターズ』シリーズの最新作『アフターライフ』が公開された。ネッ

記事を読む

no image

『リップヴァンウィンクルの花嫁』カワイくて陰惨、もしかしたら幸福も?

  岩井俊二監督の新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。なんともややこしいタイトル。

記事を読む

『Shall we ダンス?』 まじめなだけじゃダメですか?

1996年の周防正行監督の名作コメディ『Shall we ダンス?』。これなら子どもたちとも

記事を読む

『たちあがる女』 ひとりの行動が世界を変えるか?

人から勧められた映画『たちあがる女』。中年女性が平原で微笑むキービジュアルは、どんな映画なの

記事を読む

『ダンジョン飯』 健康第一で虚構の彼方へ

『ダンジョン飯』というタイトルはインパクトがありすぎた。『ダン

『マッドマックス フュリオサ』 深入りしない関係

自分は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が大好きだ。『マッ

『ゴジラ-1.0』 人生はモヤりと共に

ゴジラシリーズの最新作『ゴジラ-1.0』が公開されるとともに、

『かがみの孤城』 自分の世界から離れたら見えるもの

自分は原恵一監督の『河童のクゥと夏休み』が好きだ。児童文学を原

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 冒険の終わり、余生の始まり

ハリソン・フォードは『スター・ウォーズ』のハン・ソロ再演が評判

→もっと見る

PAGE TOP ↑