*

『プライベート・ライアン』戦争の残虐性を疑似体験

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:ハ行

t02200142_0625040413034506111

討論好きなアメリカ人は、
時に加熱し過ぎてしまう事もしばしば。

ホントかウソかわからないが、
そんな様々な意見がおかしな方向へ行かない為、
メディアや映画を通して代弁してあげることで
物事を緩和させているとかいないとか。

その依頼は政府からくるとかこないとか?
最近こっちの思想がキナくさいから、
納得させてあげよう、とか?

とくに表現の自由度の高い媒体として映画は好まれ、
一つのテーマに沿ってじっくり描けます。

スピルバーグ監督といえば、戦争ものやUFOものが多い。
エンターテイメントの中に、
一般人が初めて知る事柄を映画で紹介している。

特殊な組織の組員では?とまで
ネットの世界では意見が交錯されている。

スピルバーグ作品といえば、
社会派作品でも娯楽作品でもすべて共通しているのは
大量虐殺のシーンが見せ場と言う事。

彼の作品には戦争ものが多く、
反戦がテーマで、戦争の残虐性をこれでもかとみせつける。
この『プライベート・ライアン』は残虐描写の極み。

戦場を疑似体験させる程の地獄絵図。
その後の戦争映画の表現に多いに影響を与えた。

戦争体験をずっと口にしなかった出征経験者が、
この映画をきっかけに自らの体験を語りだしたそうです。

戦争とは理性などとっくに通り越した理不尽な世界。
経験してしまうと、たとえ生き残っても、
後の人生はメチャメチャになります。

今日本人も、戦争とはどういうものなのか
想像力を膨らませなければいけない時が来ています。
それこそ最悪の事態になる前にね。

関連記事

『あさが来た』 はるがきた⁉︎

http://www.asahi.com/[/caption] NHK『連続テレビ小説』の『

記事を読む

日本も開けてきた?『終戦のエンペラー』

映画『終戦のエンペラー』を観た。 映画自体の出来映えはともかく、 こういった内容の映

記事を読む

90年代再燃か!?『ONE OK ROCK』

若い子に人気の『ONE OK ROCK』。 映画『るろうに剣心』実写版三部作の主題歌で

記事を読む

『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』天才と呼ばれた普通の父親たち

なんともうまいタイトルの本。本屋さんをブラブラしていたら、水木しげるさんの追悼コーナーにあっ

記事を読む

『スターウォーズ/フォースの覚醒』語らざるべき新女性冒険譚

I have a goood feeling about this!! やっとこさ『ス

記事を読む

『ソーシャル・ネットワーク』ガキのケンカにカネが絡むと

ご存知、巨大SNS・Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグの自伝映画。 アメリ

記事を読む

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

http://shoot-heydrich.com/[/caption] チェコとイギリス、

記事を読む

『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』大人よりも子どもの方が真実を知っている

20代後半の男性保育士さんが、 園児たちの何気ない言葉、 ハッとした言葉を綴った Tw

記事を読む

『ヴァンパイア』お耽美キワもの映画

映画「ヴァンパイア」録画で観ました。岩井俊二がカナダで撮った映画です。ものすごく暗かった。ヴ

記事を読む

『総員玉砕せよ!』と現代社会

夏になると毎年戦争と平和について考えてしまう。いま世の中ではキナくさいニュースばかり。悲観的

記事を読む

PAGE TOP ↑