*

おばさまに好評の『ハウルの動く城』

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 アニメ, 映画:ハ行

 

スタジオジブリ作品『ハウルの動く城』。
公開当時、大勢から「わけがわからない」と声があがった。
とくに若い世代や男性から。

しかしながら、この作品をみた50代以上の
おばさまたちの感想はちょっとちがった。
「わからなかったけど、面白かった」という。

とくに掃除をするところがおもしろいとのこと。

実はこの映画、女性の一生の仕事を描いている作品なのです。

とかく魔法や戦争などの要素にひっぱられがちですが、
掃除、洗濯、料理、子どもの世話、介護、
外でわけの分からないことに夢中になってる夫の面倒……と、
ものすごく女性の日常に密着した内容。

人生を半ば過ぎたおばさまたちの共感を得たのです。

ジブリ作品は結構早くから女性の観客を意識して
映画の企画を進めています。
当初はおじさん目線で少女を主人公にしていたでしょうが、
時代は変わり、男性は映画を殆ど観なくなりました。

観に来ない人に向けて作品を発しても仕方ない。

井原西鶴の一節にある
「とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 いもたこなんきん」
ではないけれど、映画を好むのは圧倒的に女性です。

その女性陣を味方に付けようとした
ジブリの着眼点には、先見の明を感じます。

ジブリは時代をいつも読んで作品を作ります。
そこが他のアニメスタジをとは違い、
映画としても成功している所以なのでしょう。

そしていま、ますます男性は
映画や文化的なものから離れていっています。

文化は心のオアシス。
男性がどんどん女性に負けていくは一目瞭然です。

 

関連記事

no image

『日の名残り』自分で考えないことの悲しみとおかしみ

  『日の名残り』の著者カズオ・イシグロがノーベル文学賞を受賞した。最近、この映画版

記事を読む

no image

『機動戦士ガンダム』とホモソーシャル

  『ガンダム』といえば、我々アラフォー世代男子には、 小学校の義務教育の一環とい

記事を読む

no image

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

自分は『スター・ウォーズ』が大好きだ。小学1年のとき、アメリカで『スター・ウォーズ』という得体の知れ

記事を読む

no image

『ヒックとドラゴン』真の勇気とは?

  ウチの2歳の息子も『ひっくとどらぽん』と 怖がりながらも大好きな 米ドリーム

記事を読む

no image

日本企業がハリウッドに参入!?『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  『怪盗グルー』シリーズは子ども向けでありながら大人も充分に楽しめるアニメ映画。ア

記事を読む

no image

『総員玉砕せよ!』と現代社会

  夏になると毎年戦争と平和について考えてしまう。いま世の中ではキナくさいニュースば

記事を読む

no image

暗い問題を明るく描く『塔の上のラプンツェル』

  大ヒット作『アナと雪の女王』もこの 『塔の上のラプンツェル』の成功なしでは

記事を読む

no image

『藤子・F・不二雄ミュージアム』仕事の奴隷になること

先日、『藤子・F・不二雄ミュージアム』へ子どもたちと一緒に行った。子どもの誕生日記念の我が家のイベン

記事を読む

no image

『耳をすませば』リア充映画?現実的な作品なのに

  ジブリアニメ『耳をすませば』は ネット民たちの間では「リア充映画」と 言われ

記事を読む

no image

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

ウェス・アンダーソン監督の作品は、必ず興味を惹くのだけれど、鑑賞後は必ず疲労と倦怠感がのしかかってく

記事を読む

no image
『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたら

no image
『さよなら、人類』ショボくれたオジサンの試される映画

友人から勧められたスウェーデン映画『さよなら、人類』。そういえば以前、

no image
『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を

no image
『未来のミライ』真の主役は建物の不思議アニメ

日本のアニメは内省的で重い。「このアニメに人生を救われた」と語る若者が

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

→もっと見る

PAGE TOP ↑