*

『星の王子さま』競争社会から逃げたくなったら

公開日: : 最終更新日:2019/06/10 映画:ハ行,

 

テレビでサン=テグジュペリの『星の王子さま』の特集をしていた。子どもたちと一緒にその番組を観た。子どもたちは「悲しい話でイヤな気分になっちゃった」とのこと。

『星の王子さま』は児童文学とされているが、やはりこれは疲れ果てた大人に向けた作品だ。なんとなくオシャレな作品みたいになって、最近ではすっかり鼻に着く感じまでついてしまった。本来は不器用な素朴な作品だったと思う。

『星の王子さま』はさまざまな比喩を用いて、人間関係の難しさを解いている。だから読み手の心理状態や年齢によって感じ方や解釈も変わってくる。自分もこの本を読むのは数十年ぶり。最初に読んだのは10代の頃。この本を紹介していた番組では、映画『グランブルー』のサントラが使われていた。10代の自分がリアルタイムでどハマりした映画だ。『星の王子さま』と『グランブルー』、なにか通ずるものがある。

王子さまは旅をしながら、いろんな人と出会っていく。恋人や妻のメタファーである、わがままな赤い薔薇と喧嘩して、王子さまは自分の小さな星を捨てて旅立つ。旅の途中、消費社会に溺れる大人たちには、「昔は子どもだったこと、みんな忘れちゃったんだ」と、そのまますれ違っていく。やがて地球に降りてキツネと出会う。友だちになれそうになっても、親しくなると別れるのが辛くなるから出会わない方がいいと、また王子さまはそこから去っていく。「大切なものは目には見えないから」と捨てゼリフを残して。

なんだかあらすじを書いている自分の文章が、王子さまに批判的になってきたぞ。これはヘンだ。10代の頃は、『星の王子さま』に共感していたし、サン=テグジュペリは自分と同じタイプの人だと思っていた。

星の王子さまの旅の独白を、聞き手役の遭難した飛行機の操縦士の目を通して物語は語られる。二重話法の語り口で煙に巻こうとしているが、王子さまも操縦士も同一人物。作者のサン=テグジュペリ本人だ。そうなると、自分自身を「王子さま」と呼んでいるのはちょっと痛々しい。

年齢を重ねてくると、サン=テグジュペリがこの『星の王子さま』をどんな気持ちで書いていたか、いままでとは違う視点で洞察できてきる。

自分が10代の頃はこの本の甘ったるいおセンチな雰囲気が好きで、ずっと浸っていたかった。ただ現実逃避ばかりしているとスキがでて、詐欺師に狙われるだけだ。詐欺師は日常の中に、善人の顔をして潜んでいる。弱みを見せたらネギカモだ。

きっとサン=テグジュペリという人は、とても柔和で、優しく親切な人だったのだろう。どこへ行っても人に好かれる。人が集まってくるのはいいが、必ずしも自分の得意なタイプの人ばかり来るとは限らない。心優しいサン=テグジュペリにつけ込んでマウンティングしたくる奴もいるだろう。親切そうな彼の情に訴えて、金銭や自由を狙ってくる輩もいるだろう。相手は自分を好いてくれても、こちらは必ずしもその人を好きどころか、むしろ苦手な人ばかりが集まってきたなら、人間不振になってしまう。

とかく放浪癖、蒸発癖のある人は、優しそうな外観の人が多い。たいてい「ああ、この人と友だちになりたいな〜」と思わせてしまう。でも相手からすると、その好意がとても煩わしかったりするものだ。

人に好かれたいと悩む人もいれば、ほっといて欲しいと常に願っている人もいる。人間はいつもないものねだり。その中間をテキトーにやっていければ、かなり生きやすくなる。

星の王子さまが最後に、自分の場所へ帰ろうとする。それは肉体的には死を意味する。誰も知らないところへ一人きりで行って、そのまま消えてしまいたい。サン=テグジュペリはそう願っていたのだろう。実際パイロットだった彼は、一人で飛行機に乗ったまま、帰って来なかった。機体も死体も見つからなかったらしい。サン=テグジュペリは、夢を叶えたのだ。

そこまで正義を貫くのはしんどい。人は白黒ハッキリしない生き物だ。グレーゾーンの中で、どこまで白に近いグレーでいられるか、ほとんど黒なのに「自分はグレーだ」と割り切ってしまうかは、その人それぞれの判断。自分で選んだ人生ならば、責任持って進んで行けばいい。

ビジネス書や偏った思想本ばかり読んで、自分を勉強家と勘違いしてしまうのも危険だが、現実逃避系の作品ばかり触れているのも盲目的だ。

経済と想像。どちらも背中合わせで、反目し合う。でも考えが偏ってしまうと、苦しむのは自分自身。形のないものを否定しない。形がないことにひるまない。どちらの造詣が浅くとも、いままでならやってこれた。でもこれからの時代は、双方の知識や智慧を磨いていく努力が必要みたいだ。いざというとき、慌てることにならないように。

 

関連記事

no image

ある意味アグレッシブな子ども向け映画『河童のクゥと夏休み』

  アニメ映画『河童のクゥと夏休み』。 良い意味でクレイジーな子ども向けアニメ映画

記事を読む

『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を勧めている。 よ

記事を読む

no image

松田優作と内田裕也にもってかれた『ブラックレイン』

  今日は松田優作さんの命日。 高校生の頃、映画『ブラックレイン』を観た。

記事を読む

no image

『FOOL COOL ROCK!』サムライ魂なんて吹っ飛ばせ!!

  『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY

記事を読む

no image

『高慢と偏見(1995年)』婚活100年前、イギリスにて

  ジェーン・オースティンの恋愛小説の古典『高慢と偏見』をイギリスのBBCテレビが制

記事を読む

no image

『すーちゃん』女性の社会進出、それは良かったのだけれど……。

  益田ミリさん作の4コママンガ 『すーちゃん』シリーズ。 益田ミリさんとも

記事を読む

no image

映画づくりの新しいカタチ『この世界の片隅に』

  クラウドファンディング。最近多くのクリエーター達がこのシステムを活用している。ネ

記事を読む

no image

『沈まぬ太陽』悪を成敗するのは誰?

  よくもまあ日本でここまで実際にあった出来事や企業をモデルにして、作品として成立させたな~と

記事を読む

no image

映画化までの長い道のり『のぼうの城』

  鳥取市のマスコットキャラクター 『かつ江(渇え)さん』が批判を受けて非公開にな

記事を読む

no image

夢物語じゃないリサーチ力『マイノリティ・リポート』

  未来描写でディストピアとも ユートピアともとれる不思議な映画、 スピルバーグ

記事を読む

『ブラックパンサー』伝統文化とサブカルチャー、そしてハリウッドの限界?

♪ブラックパンサー、ブラックパンサー、ときどきピンクだよ〜♫

『ベニスに死す』美は身を滅ぼす?

今話題の映画『ミッドサマー』に、老人となったビョルン・アンドレ

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人と

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』考えずに依存ばかりしてると

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・

→もっと見る

PAGE TOP ↑