*

『オデッセイ』 ラフ & タフ。己が動けば世界も動く⁉︎

公開日: : 最終更新日:2021/02/28 映画:ア行, , 音楽

2016年も押し詰まってきた。今年は世界で予想外のビックリがたくさんあった。イギリスのEU離脱や、アメリカのトランプ大統領誕生。それに日本での新海誠監督作品が国民的な大ヒット。自分が思っているより遥かに世界中の人たちが追い込まれているのかも。

リドリー・スコット監督の『オデッセイ』は、実話を元にしているのではと感じてしまうほどのリアリティのある作品。原題は『The Martian(火星の人)』。邦題がまぎらわしい。リドリー・スコットといえばSFの名作が多い。『エイリアン』を彷彿させるオープニングで、暗く重い作品かと警戒させておきながら、本編が進むにつれ元気がでてくるというニクいつくり。

火星に一人残された宇宙飛行士が、数年後の救出に向けて、いかにサバイブするかという話。

マット・デイモン演じる主人公のマークは、死と隣り合わせの状況に絶望するどころか、愚痴ひとつ言うひまもなく、即座にいかに生き残るか策を考え行動を始める。その姿が地球で観測されて、死んだと思われていたマークが発見される。もしマークのサバイブの行動が遅かったら、誰にも見つけられずひっそりと最期を迎えていたことだろう。マーク自身の、生きようとする意志が地球にいる人たちを動かし、彼の救出は世界中の注目や協力を得る一大計画となっていく。

本編で中国が、マーク救出計画に全面的に協力する。中国の経済力をアメリカや世界が認め、仲良くしたがっている表れだ。ひと昔前ならこのポジションには日本がいたのかもしれない。

この映画はゴールデングローブ賞のコメディ・ミュージカル部門で作品賞を受賞している。日本の宣伝では、悲壮感漂う雰囲気だし、宇宙を舞台にした作品は重苦しい難解なものが多いのが常。でも観てみるとコメディセンスいっぱいで、その受賞の意味がよくわかる。

火星に一人残されたマークには娯楽がない。唯一残された音楽は、船長が残した80年代ディスコミュージック。「ひどい趣味だ!」と文句を言いながら、結局聴いてるマークに笑える。大団円ではデヴィッド・ボウイの『スターマン』がかかる演出にはアツくなる。そういえばボウイが亡くなったのも今年。

音楽の趣味が悪いと、さんざ陰口言われてる船長がどんな人かと思えば、クールな印象の女優ジェシカ・チャスティンなのも予想外で笑える。そういえばこの映画のキャスティングはクリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』とダブってる。姉妹編みたい。『インターステラー』でもマット・デイモンは、一人惑星に残された宇宙飛行士役だったっけ。

いつ死んでもおかしくない状況で、マークは常にジョークやユーモアを欠かさない。この彼の人間らしい、生きる力が周りの人に「何としても彼を助けなければ」と使命感に燃えさせる。一人の人命救助に多勢を危険にさらすのは常識的にはムチャだ。型どおりに計画を反対する上司に、ハッキリ「憶病者」と言える部下の姿もカッコイイ。たった一人を救うという、わかりやすいミッションに、登場人物たち全員が活躍する気持ち良さ。

世の中のおおかたの決めごとは、上の人が決めたい結果が先にありき。それを実行するために、あとづけの理屈をムリクリこねくり回して、けむに巻いて強行してしまう。でも状況は常に変化していて、それに伴い、つどつど作戦を変更していかなければならないもの。方法がひとつしかないのでは、どんどん苦しくなってしまう。

「ラフ & タフ、それがアメリカ‼︎」と言わんとばかりの映画だ。80年代のハリウッド映画もそんな作品が多かったけど、この作品はそこまでノーテンキではない。むしろこの共通のミッションにすがるような必死ささえ感じる。

日本人はまじめで礼儀正しいのは世界的に有名。でもいま、世の中は不真面目が横行している。そんなところで、まじめなだけでやっていたらビョーキになる。不真面目に生きるというわけじゃなく、ちょっといい加減に、距離を保ちつつ冷静な視点をもつことも大切。理想としては、いつでも状況は変えられるけど、とりあえずこのままで良いというものへ持っていきたい。いつでも動ける選択肢が心にゆとりを与える。がけっぷちはマズイ。

なんとなくいまという現実をみると、おセンチに浸っていることに身の危険すら感じる。感傷的な気分は動きを止めたり、後ろ向きにさせるから。もしかしたら危険を感じてるからこそ逃避が必要なのか。まあ少なくともサバイブに備えてはおきたいものだ。

多角的にものごとをみる。助けを待つのではなく自分から行動する。他力本願ではダメ。人生観を見直させる時代性を感じる映画だった。

関連記事

『ノマドランド』 求ム 深入りしない人間関係

アメリカ映画『ノマドランド』が、第93回アカデミー賞を受賞した。日本では3月からこの映画は公

記事を読む

『怒り』 自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画

記事を読む

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人として有名だけど、恥ずかしながら

記事を読む

『エターナルズ』 モヤモヤする啓蒙超大作娯楽映画

『アベンジャーズ エンドゲーム』で、一度物語に区切りをつけたディズニー・マーベルの連作シリー

記事を読む

『映像研には手を出すな!』好きなことだけしてたい夢

NHKの深夜アニメ『映像研には手を出すな!』をなぜか観始めてしまった。 実のところなん

記事を読む

no image

『野火』人が人でなくなるところ

塚本晋也監督の『野火』。自分の周りではとても評判が良く、自分も観たいと思いながらなかなか観れずにいた

記事を読む

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れていた『機動戦士ガンダム』。いま

記事を読む

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』 たどりつけばフェミニズム

先日、日本の政治家が、国際的な会見で女性蔑視的な発言をした。その政治家は以前からも同じような

記事を読む

no image

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』妄想を現実にする夢

  映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、女性向け官能映画として話題になった

記事を読む

no image

『リップヴァンウィンクルの花嫁』カワイくて陰惨、もしかしたら幸福も?

  岩井俊二監督の新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。なんともややこしいタイトル。

記事を読む

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 問題を乗り越えるテクニック

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、日本公開当

『ドゥ・ザ・ライト・シング』 映画の向こうにある現実

自分は『ドゥ・ザ・ライト・シング』をリアルタイムで映画館で観た

『はちどり』 言葉を選んで伝えていく

雑誌に韓国映画『はちどり』が取り上げられていて興味を抱いた。中

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑